カーシェアリングとレンタカーの違いを比較!!料金はどちらがお得なのか?

カーシェアリングとレンタカーの違いを比較!!料金はどちらがお得なのか?

自動車を購入するにしても何かと税金がかかって維持費は高くなってしまうし、駐車代や住んでいる場所の環境によってはあまり乗らないのに自動車の所持を迫られる事が多々あると思われる。

しかし最近になって自動車をレンタカーでレンタルしたり、カーシェアリングで自動車を利用するという所有せずとも自動車を利用する考え方が非常に伸びてきた。

でもカーシェアリングとレンタカーって何が違うの?仮にカーシェアリングかレンタカーが自動車を借りる場合どちらの方が料金がお得なのか?割りと不透明な場合がある。

そこでカーシェアリングとレンタカーの違いを比較、どちらがお得に自動車を借りられるのかを紹介していこう。

 


スポンサーリンク


カーシェアリングとレンタカーの違いは?

カーシェアリングとは?

カーシェアリングはタイムズやカレコ(三井のリパーク)といった自動車会社と関連しない会社が行っているサービスで、タイムズならタイムズ駐車場、三井のリパークに用意された自動車をスマホやPCから予約、会員カードを用いていつでも気軽に自動車を借りられるサービスの事を言う。

元々は昨今の環境問題からエコとして欧米やスイス等で取り組みが開始されたサービスで日本ではまだ馴染みの薄いサービスだがスイスでのカーシェアリングの会員数は国民全体の1%以上を記録しているほど一般的なサービスで成功したサービスと言える。

レンタカーとは?

レンタカーは自動車関連会社が主にレンタカー用として用意された自動車をスマホやPCで予約して自動車をレンタルする事が出来るサービスの事を言う。

レンタカーの場合日本ではナンバープレートがレンタカー用のナンバープレートを取り付けられていたりと見分けがつきやすい。

カーシェアリングとレンタカーの大きな違い

レンタル時のスピーディーさ

大きな違いは 利便性 である。レンタカーの場合はスマホやPCで予約を行い予約した日に直接レンタカー事業の店に足を運び、必要な書類を記入後にレンタカーをレンタルする事となる。

それに対しカーシェアリングの場合は会員カードを作成、スマホやPCで予約を行いカーシェアリングを行っている駐車場に足を運び会員カードを用いてそのまま乗車する事が出来る。

カーシェアリングはレンタカーに比べて借りる毎に記入しなければならない書類を会員カードを用いて管理する事でスピーディーなカーシェアリングを実現している(会員カードは月額料金が必要)。

レンタル時の時間設定が違う

レンタカーの場合借りる時間が半日以上からとなっている所が多く、一時間とか30分といった短時間でのレンタルを受け付けてくれないので、仮にレンタカーを借りる場合は友達との旅行とかとある県でドライブ観光等、使用用途が予定ありきでレンタルする事となる。

対してカーシェアリングは会社にもよるが10分単位から自動車がレンタル可能で、子供の送り迎えで雨の日に自転車はやだな~とかちょっと短時間だけ自動車を必要になった場合でもカーシェアリングの予約は基本的に即日でも可能な為、気軽に自動車を借りる事が可能である。

また短時間の利用を考慮して距離料金も用意、その距離以下ならかなり格安で運用する事も可能である。

会員カードで管理をする為月額料金が発生する

 

レンタカーは受付にて書類を記入した後に自動車をレンタルするので、その都度書類を記入するという手間だけで料金が発生する事はない。

しかしカーシェアリングの場合、受付をする必要がなく利用者の情報を管理する為に会員カードを用いて管理、万が一のトラブル(無料で作成出来るようになると悪用する人が出てくる可能性がある)も考えられる為月額料金が発生するシステムとなっている。

月額料金自体は大体1.000円前後なので携帯代+千円加算されたと考えれば安いと思われる。

保険がかかるシステムが違う

 

レンタカーやカーシェアリングで自動車を借りる際に一番気になるのが保険のシステム。レンタル出来るだけなんじゃないの?と思っている人が多いだろう。

レンタカーでは自動車のレンタル料金+別途で保険の料金を支払う必要があるので借りる毎に+で出費が増えてしまう。

カーシェアリングは自動車を借りる時の料金に初めから保険料金も料金に入っている為別途で料金を考える必要がない。

またカーシェアリングは対人対物無制限で用意されているので安心して自動車を借りる事が出来る。(レンタカーの場合保険自体に何種類かのコースが用意されている)

返却の際の対応が違う

 

レンタカーは自動車を返却する際にガソリンを自腹を切って満タン給油を行ってから返却しなければならない為、最後にガソリン代で出費が発生してしまうのでレンタカーは保険代+レンタル料金+ガソリン代となる。

それに対しカーシェアリングは利用料金の中にガソリン代が含まれているので返却する時にガソリンを給油する必要がない。借りる際にも満タンでレンタルできるのでガソリン代を気にする必要がないのでレンタル料金のみとなる。

カーシェアリングは即日レンタルが可能

 

レンタカーの場合は事前に何日も前から予約してレンタル当日に足を運び書類を記入してようやくレンタルとなるが、カーシェアリングの場合は会員カード制という事もありレンタルする自動車が空いているならば数分前、即日予約でそのまま自動車が利用できる。

三井のカーシェア カレコ・カーシェアリングクラブ

カーシェアリングとレンタカー、料金はどちらの方がお得?

 

何時間利用かで料金を考える

カーシェアリングとレンタカーの大きな違いにあげられるのが、どちらも需要の違う体制を行っているという事である。

カーシェアリングはサクッと気軽に利用する反面、利用する時間が増えていけば6時間パックや12時間パックといったパック料金となりレンタカーと比べて料金が高くなってしまう事がある。

対してレンタカーは元々長時間利用の料金設定をメインとしているので使用頻度が少なく利用する時間が長いならばレンタカーの方が安くつくだろう。

 

使用頻度が多くて利用時間が短いならカーシェアリング

使用頻度がが少なくて利用時間が長いならレンタカーが料金をお得にする方法と言える。

利用する環境で料金を考える

レンタカーは利用時間が長いとカーシェアリングと同じ時間で利用するなら安くつくが、レンタカー自体は事業所あってのレンタカー、営業時間外に返却、レンタルする事が出来ない

カーシェアリングは24Hいつでもレンタルが可能なのと夜間割引も用意されているので、夜中に自動車を借りてどこかドライブしたい!!といった方ならカーシェアリングの方が安く利用が出来る。

しかしカーシェアリングは原則禁煙車のみのレンタルでレンタカーは喫煙車、禁煙車どちらでもレンタル可能なので喫煙者ならカーシェアリングが利用しにくいかもしれない。(今後もしかしたら喫煙車が導入される?)

(まとめ)使用用途でどちらの方が料金がお得になるかが決まる

カーシェアリングで料金をお得に利用したいならその人の使用用途にもよるし、レンタカーなら長時間の使用用途で料金がお得にもなる。どちらも料金設定をする時間が違うので自分のライフスタイルに合った自動車レンタル事業を利用していきたい。

 

まあでも日常面では圧倒的にカーシェアリングの方が便利で料金もお得なのは言うまでもないので、カーシェアリングを初めて見るのもいいかもしれない。

三井のカーシェア カレコ・カーシェアリングクラブ



スポンサーリンク