解約したiPhoneは手放すな?!使わないiPhoneほど持っておいた方が良い5つの理由

NO IMAGE

毎年新機種のiPhoneが発表されている中、新しいiPhoneに機種変更した際に使っていたiPhoneを処理に困る事がある。

しかしこの使わなくなったiPhone、オークションに出して売ったり下取りに出す方が多い中、実際には持っていて損はないと考えられる。

今回そんな使わなくなったiPhoneをなぜ持っていた方がいいのかを紹介していこう。


スポンサーリンク


 

使わなくなったiPhoneは持っておいた方が良い理由

 

使っているiPhoneが壊れた時の代替として使用できる

新しいiPhoneに買い替えると必然的にiPhoneケースに悩まされる事になる。

というのも新しいiPhoneには様々なiPhoneケースが販売されておらず、大体がベーシック系のケースが多い。

そういった中で新しいiPhoneにケースを何もつけずに使用していて、ふとした時に落としてしまい画面が割れてしまったり、ちょっと重めのアプリケーションを連続的に使用して再起動しなくなったりと新しいiPhoneの機能のバグや画面が割れて起動しない、といった問題に当たる事がある。

そういう場合には使わなくなったiPhoneを出して出来るならば新しいiPhoneとテザリングするか、Wifi環境がある場合Wifiに繋いで緊急用に使用する事が出来る。

特に修理となると日時もかかる場合もあるので、使わなくなったiPhoneを用意しておくことで困った時にも柔軟に対応する事が出来る。

実際に私自身、iPhoneの画面を割って操作できなくなった時があり、その時に使わなくなったiPhone4を使用する事で仕事の連絡等にも対応する事が出来たので、使わなくなったiPhoneは保険として置いておこう。

緊急用の連絡手段がなくなる

上記に挙げた内容と似てしまうが、新しいiPhoneの画面が割れたり壊れたりした際に一番に対応してくれるのはApple Storeである。

しかしApple Storeのカスタマーセンターは毎日予約しないと自分の番が回ってこない程に人気があり、即日対応には4時間もかかってしまう、なんてこともある。

ましては仕事の休憩の合間に直接足を運んで運よく自分の番が早ければいいが、行列になっていたら地獄ものだろう。

予約するにしてもわざわざパソコンからインターネット経由で予約を取る必要があり、電話予約の場合にいたっては電話自体がパンク状態で30分待つこともしばしば。

そんな時には使わなくなったiPhoneからWifi経由でインターネットに接続してApple Storeに予約を入れる事が出来る為、緊急連絡のみならずApple Storeのちょっとした面倒な部分を補う事が出来る。

iPhoneを失くした時に探し出せる

旅行に行ったり出先に伺った時に、iPhoneを不注意で無くしてしまう方も少なくないだろう。

そこであらかじめiPhoneを探す機能をオンにしておいて、使わなくなったiPhoneをWifi接続してiPhoneを探す機能を使用する事で、自分のiPhoneが今どこにあるのか?を確認する事が出来る。

また無くした際に他の人が見つけて悪用されない様に、使わなくなったiPhone(Wifi接続)から新しいiPhoneを操作する事も出来るので防犯にも活用できる。

監視カメラとして代用できる

家にWifi環境がある場合に活用できるのがこれで、使わなくなったiPhoneに 監視カメラのアプリをダウンロードして起動しておくことで使わなくなったiPhoneのカメラが起動した状態となり、その映像を新しいiPhoneでリアルタイムで閲覧する事が出来るという便利な活用法である。

例えばペットを飼っていて、自分が出ている時にペットは何をしているのか?を観察する事が出来るし治安が悪い所なら監視カメラとして活用して家の状態と確認できる。

ただしiPhoneのカメラで確認が出来るだけなので、360度動かしたりといった自由度はなく固定カメラとして使用する事が出来るだけなので、お手軽に監視カメラを使いたい方には便利な活用法である。

子機として使用する

仕事の話であんまり好きでもない上司の話を聞いたり、何か調べものをしながら電話したいって時に使わなくなったiPhoneにApple IDを連動させておく事で相手が発信した電話を受け取る事が出来る。(こちらから電話をかける事が出来ないが、Facetime経由でかける事が出来る)

これによりお年寄りがいる家でボケてしまって闇雲に電話するお年寄りや、子供の緊急連絡用等に活用する事ができる。

また携帯契約会社にもよるが、解約した後にSimフリーのiPhoneの場合SIMカードを契約して差し込む事でインターネットや電話等を使える様に出来るので、Simフリーかどうか調べておくのもいいかもしれないな。

まとめ

使わなくなったiPhoneは携帯会社によってはキャッシュバックキャンペーンや、下取りする事で新しく契約するiPhoneの値段が割引される。といった事でついついノってしまう事があるがiPhoneは携帯電話ではなく一つのデバイスとして考える事で、もっと他の事にも使える事に気づいてみよう。

今や電話すらアプリで解決される時代、使わなくなったiPhoneで何が出来るのか?自分の生活と見つめ直して便利な部分に活用してみたり、地震が多い日本、いざとなった時の緊急用に置いておくのもいいかもしれない。



スポンサーリンク