アドセンスの新しい広告「インフィード広告」「記事内広告」の効果は?収益性は?

アドセンスの新しい広告「インフィード広告」「記事内広告」の効果は?収益性は?

あのグーグル神であるグーグルアドセンスは満を持してネイティブ広告「インフィード広告」「記事内広告」を実装。

早速使ってみた結果、収益性と効果、掲載位置、ネイティブ広告とは?等を紹介していこう。


スポンサーリンク


ネイティブ広告とは?

従来のバナー広告やオーバーレイ広告、全画面広告といった広告です!!と大々的に表示されているスタイルは時代を駆け巡り、今ではネット慣れしている人には全然目を当ててくれない、クリックされない、邪魔なだけといった事になってしまっている。

その中、ネイティブ広告は広告としての印象を無くすために記事の中に溶け込む様な広告デザインとしている広告なのだ。

つまりネイティブ広告は、広告としてユーザーが認知してもらうのではなく、記事コンテンツの一部として認知してもらう事で広告特有の鬱陶しさや不自然さを無くした広告モデルと言えるだろう。

最近代表的なのが関連コンテンツ広告である。

インフィード広告とは?

そんなネイティブ広告の中でも関連リンクやキュレーションアプリ等に使用されているのがインフィード広告である。

コンテンツとコンテンツの間に入れ込む事でコンテンツに溶け込んでいるのが特徴で、グーグルアドセンスも導入しはじめたわけ。

グーグルアドセンスのインフィード広告は全部の四つのスタイルから選択(上部に画像下に文章、左に画像右に文章、上部にタイトル、文章)して広告を作成する事で出来る為、自分のサイトのコンテンツ爛に合わせたインフィード広告が作成可能である。

従来のレクタングル広告やレスポンシブ広告よりコンテンツに溶け込んでいる為、広告広告しているサイトが嫌な人にはインフィード広告の導入が望ましい。

私のサイトでも導入したわけだが…..。

インフィード広告の収益性は?単価は?

 

掲載位置は記事一覧の中と関連コンテンツ内の二か所。

画像の公開はできないが、現状まだインフィード広告を開始している広告主が少ない?のか私が導入したサイトがゲームサイトであり、元々収益性が低いのもあるからかまだレクタングル広告を貼っていた方が良いという結果となった。

これは恐らくゲームサイトという事もあり、ユーザーが欲しい情報以外はスワイプしてスキップする為、インフィード広告はコンテンツに溶け込み過ぎて逆効果(コンテンツとして認識されすぎて通り過ぎてしまう)となってしまった。

またインフィード広告はサイドバーの掲載禁止という事もあり、記事一覧、関連コンテンツにユーザーが足を運ぶ前に直帰している可能性がある為、rpmも激減、インフィード広告自体のクリック単価も1桁台と収益性は悪い。

ゲームサイトを運営している方にはインフィード広告は敷居が高いかもしれない。今後広告主がネイティブ広告メインとなってくる時代が来た際に導入したい所。

記事内広告とは?

 

よくアドセンスの効率的な掲載位置として記事上リード文、記事中、記事下といった掲載位置が挙げられるがSEO的に記事中は掲載順位を下げる原因になる可能性がある事も考えられていた。

記事内広告は掲載位置の記事中をよりコンテンツに溶け込む様なデザインとして掲載する事で、アドセンス公認という安心感と記事内広告でのユーザーがコンテンツの一部として認知してクリック率を上げる要因となる広告である。

これのメリットは3000文字近くあるブログ等に、途中H2,H3タグの文字にて直帰されるであろう所に記事内広告を挿入する事でユーザーの次のアクションの選択肢として記事内広告も選択させるように出来るのがグッド

今までレクタングル広告等を記事内に表示しているとかえって鬱陶しいと感じたり邪魔だな~と思われたりするところが、ブログの記事内コンテンツと同じデザインで広告が表示される事で自然にコンテンツに溶け込ませれるのである。

実際に記事内広告ははてなブログ等に使用されているコンテンツの紹介記事の様なデザインとなっているので非常に使いやすい。

レクタングル広告だと広告感が出ていて嫌だな~って方にはおススメの広告となっているようだ。

記事内広告の収益性は?単価は?

 

記事内広告もゲームサイトにて掲載位置はH2上やH3上等1記事2500文字の際に二つ導入を行った。

収益性は相性もあってかあまり良くない結果に。ゲームサイトで使用するにはネイティブ広告よりバナー広告の方が広告として認知させている方が良いのかクリック率は0.1を下回る程に。

また記事内広告のインプレッション収益が低い??ので表示されてもクリックされなければ意味がないのかな?と感じた。

単価は大体だが1クリック14~20円、ゲームサイトとしては単価は高い方と言える。

広告主自体は少なくないが、ゲームサイトというジャンルにはネイティブ広告は合わないと感じさせる。(ユーザーがコンテンツとして認識しているのが逆効果)

逆に言えばコンテンツにしっかり目を通してくれるサイト、特にブロガーさんには導入した方がいい広告ユニットだと思う。通常のメディアサイトだと記事内広告より関連リンクから色々と回遊すると思うし。

ジャンルによっては今後導入しなくても良い?!

 

今回はゲームサイトで実験を行ったが、サイトのジャンルによってはネイティブ広告は収益性が悪い事を感じさせられた。

まだゲームサイトでもゲームのレビュー数が多かったりするとどのようなゲームがあるのか?でクリックされるかもしれないが、メインが攻略という事もありその作品の攻略にしか目がないユーザーにネイティブ広告で次のアクションの選択肢を作ってあげても意味はないようだ。

他のサイトでも使用してみないとわからないが、今後導入するかどうかは考えてからとなるだろう。



スポンサーリンク