クロスバイクでロングライドして分かった揃えておきたいパーツとカスタム

クロスバイクでロングライドして分かった揃えておきたいパーツとカスタム

クロスバイクを乗り出すと通勤通学のみならず、休みの日に予定を立ててロングライドをしたい!!ってなるくらいにママチャリからクロスバイクに乗り換えた人ならのクロスバイクの爽快感といつまでも走っていたい様な楽しさがある。

私自身もGiantのEscape RX3を購入して以来、その爽快感に取りつかれてロングライドをするのが非常に楽しいと感じる日々を送っている。

そんなクロスバイクでロングライドをする時にあーこれがあれば良かったなぁとかこれを取り付けておけば便利だったな、というロングライドをする時に揃えておきたい便利なパーツと装備を紹介していこう。


スポンサーリンク


クロスバイクのロングライドに必須?!揃えておきたいパーツと装備とは?

そもそもロングライドって言われるラインは?

そもそもロングライドってどれくらいの距離の事をいうのか?分からない人は多いと思われる。

ましてやママチャリでのロングライドとかロードバイクのロングライドとなると基準も変わればどこまでの走行距離がロングライドと言われるのかも変わってくる。

私がクロスバイクで走る時に使用しているアプリケーション、Runstaticのロードバイクの画面となる。

約二か月ほど使用したが大体の走行距離が50kmぐらい(今までのMaxで70km)で一日の走行を終えているので、クロスバイクの中でのロングライドになる走行距離は50km以上と考えていいだろう。

50kmとなるとロードバイクだと中距離に値する距離(ロードバイクの平均速度が30kmとすると1時間半で50kmに到着する)なのでクロスバイクのロングライドがどれだけ大変なのかがうかがえる。

しかしクロスバイクのロングライドにはクロスバイクでしか味わえない悪路にも対応できる所がクロスバイクの面白さでもあり、そんな臨機応変に対応できるからこそクロスバイクのロングライドは楽しく続けられるのだ。

そのロングライドの中で何が便利だったのか、揃えておきたい装備を紹介。(100kmまでのロングライドを想定した装備、パーツを紹介するので仮に100kmクロスバイクで走る時の装備は?となっても参考にしてもらえれば幸いだ。)

ロングライドで揃えて便利だった装備

 

サドルバッグ

 

ロングライドする時にタオルや補給食等、ちょっと大きめの荷物を積載してちょっとでも目的地でタオルで汗を拭いたり補給食でエネルギーを補給できる様な環境を揃えておきたい所。

そこで導入して便利だと感じたのがサドルバッグでトピークのウェッジパックだ。

自分自身はLサイズを使用しているのだが、容量が多くよくあるワイヤーロック、タオル、ウィダーインゼリーをと大きい荷物だがすっぽり入ると、サドルという部分から荷物を気にせずライドを楽しむ事が出来る。

リュックは持つと汗はかくし身体+の重量は疲労度を倍増させる効果があるともされているのでロングライド時にストレスを感じてしまう。

サドルバッグに入るくらいの容量ならばサドルバッグを導入するとライドも楽しく荷物も大きく持ち運べて便利だぞ。

 

トップチューブフレームバック

 

サドルバッグを導入したけど手元で物を触れる部分が欲しいって時に便利だと感じたのがトップチューブに取り付けられるバックである。

私はドイターのエナジーバッグを導入している、このドイターのエナジーバッグはダンシングしても足に当たらないギリギリだけどバッグとしての機能を両立しているバッグで非常に使いやすい。

ダンシングでギリギリ当たらない大きさの為、そこまで荷物を入れる事が出来ないが自分はモバイルバッテリー、小銭入れを入れてまだ容量があるので+コンパクトデジカメを入れても大丈夫なんじゃないだろうか。

特に小銭入れをサドルバッグに入れていると自販機でジュースを飲みたいってなった時に取り出しにくいのでトップチューブバッグの中に入れておく事でササっと出せるのは魅力的。

 

ボトルケージ

 

定番中の定番でロングライドのみならずクロスバイクを始めたならとりあえず取り付けておきたいのがボトルケージ。

私のEscape RX3にはボトルケージを二個取り付けているが、50km以上のロングライドをした経験上ボトルケージが1個で充分である。

二つある事に越したことはないが、二つもあるとボトルが邪魔になるので一つで充分である。

逆に二つあればロングライドの帰りにペットボトルのジュースを買った時にそのままボトルケージに入れて帰れるので手荷物にならないので便利。

ロングライドじゃなくてもボトルケージは必ず導入しよう。

 

スマホホルダー

 

ロングライドする時にスマホの地図アプリとかRunstaticのアプリを起動してサイコン代わりにする時にわざわざポケットやトップチューブバッグにスマホを入れておくと非常に不便だし、何より私が乗っているクロスバイクがEscape RX3でフレームがアルミフレームなのでトップチューブバッグにスマホを入れておくと段差の振動で壊れるんじゃないか?って不安になった。

そこでナビも兼ねてスマホホルダーを導入したのだ。けどスマホホルダーによって固定具がプラスチックだったりゴムだけで固定しているからスマホが落ちるんじゃないのか?スマホホルダー自体の寿命が短いのも存在するので検討した結果ミノウラのスマホホルダーを導入した。

ミノウラのスマホホルダーは固定部がアルミでスマホ部分を四点の爪とシリコンゴムで固定する為、かれこれ1500km、最高速度50キロで走行したが一度もスマホが落ちる事もなくホルダー部分も緩くなる事もなかったので安心してスマホホルダーを使用したいならミノウラのスマホホルダーがおすすめ。

 

ロングライドでカスタム、揃えて便利だったパーツ

 

バーエンドバー

 

クロスバイク=ストレートハンドルという事もあり、ロードバイクと違って持ち方を変えられないのでロングライドをしている内に足より先に手が疲れ始めてしまう。

そこでストレートハンドルの先端およびハンドル内側に取り付ける事で持ち方の選択肢を増やして疲労軽減させるバーエンドバーを取り付けた。

結果としては今まで乗っていたクロスバイクがどれだけ疲れるのか?ハッキリするくらいに疲労の軽減が出来るようになったのでロングライドをするならバーエンドバーの導入は外せないパーツだろう。

また私の場合バーエンドバーでは飽き足らずストレートハンドルからブルホーンハンドルに交換して、スピードも出せる様になりながら疲労軽減にも役立っているので、バーエンドバーはいいけど見た目がちょっと…って方はブルホーンハンドル化してちょっとひと味違うクロスバイクにするのもアリ。

 

クロスバイクの場合シフトレバーとブレーキレバーによってそのままブルホーンハンドルに流用も出来るので、流用してクロスバイクの様に乗る事が可能だ。

 

タイヤ

 

私のクロスバイク、Giant Escape RX3の元々のタイヤは28Cとクロスバイクでは標準的なタイヤを使用しているが、重量が重くかつ耐久性もそこまで良くはなく、フロントタイヤの繊維が破損してゴム部が歪んだ際にどうせならタイヤを細くしてどれぐらいの効果があるのか?を試したかったのでコンチネンタルのウルトラスピード2(23C)に交換したのだ。

交換後のロングライドで明らかにタイヤの転がる量が増えて少ないペダリングで前に進む様になったのでロングライド時の疲労を軽減してくれる事となった。

よく28Cと23Cで23Cに交換したら段差とか気を使うなんてことが言われているが23Cに交換してからかなり高い段差や砂利道とガシガシ追い込んで走ってきたが今のところノントラブルなのでそこまで気にする事はないだろう。

それよりもロングライドが明らかに楽になったのでタイヤ交換はおすすめできる。

 

(まとめ)クロスバイクのロングライドは疲労軽減を心掛けよう

ただでさえストレートハンドルでロードバイクより重量があるので、ロングライドが思っているより疲れてしまいがち。

でもクロスバイクのロングライドはクロスバイクでしか味わえない気軽さとゆったり落ち着いて楽しめるのでクロスバイクでロングライドを行う際はどれが疲労を溜めてしまう原因?考えた結果その原因に対策出来るようにパーツや装備を揃えていく事がクロスバイクのロングライドをより楽しくするポイントになるだろう。



スポンサーリンク