クロスバイクをカーボンフォークに交換後の効果と感想

クロスバイクをカーボンフォークに交換後の効果と感想

前回エスケープRX3のアルミフォークをカーボンフォークに交換する方法を取り上げたが、カーボンフォークに交換後に約150kmサイクリングを楽しんだのでカーボンフォークによる効果やメリット等を紹介していこう。 


スポンサーリンク


クロスバイクをカーボンフォークに交換!!サイクリングでの効果やメリット

 

カーボンフォークの効果

 

エスケープRX3のアルミフォークは硬い、アルミそのものに柔軟性がないのでちょっとした段差でガタガタと振動を吸収する事なくダイレクトにハンドルに伝わってくる。まるで僕が昔180SXを乗っていた時にTeinのカッチカチの車高調を取り付けていたかのように硬い。

ロングライドメイン(50km以上)でエスケープRX3を使用している為か、アルミのダイレクト感は漕いですぐに反応してくれるので加速感が良いが乗っていて疲れる。

そこでカーボンフォークに交換、150km乗った感想はカーボンフォークとアルミフォーク、エスケープRX3クラスのアルミの場合明らかにカーボンの方がメリットが高いという事だ。

よく言われる段差での振動吸収性、これはエスケープRX3クラスのアルミとカーボンで月とスッポンの差くらいに段差での衝撃がガツンガツン、ではなく コツコツとなった。

言ってみれば軽自動車からクラウンに乗り換えるくらい違いがある。アルミフォークは硬い減衰力しかなくカーボンフォークは柔らかい減衰力となる。

一番驚くのがアルミフォークのいい所とも思っていた加速感だが、なぜかカーボンフォークに交換してからスピードが上がったのだ。

カーボンフォーク自体の軽量化もあるがこれはアルミフォークの場合ゴリ押しによってスピードを出しているのに対して、カーボンフォークはちょっとした段差も運転手には心地いい、気づかないくらいの振動しか来ない為、少ない力でも段差等でパワーロスが減った事が考えられる。

逆に言えばアルミフォークの場合は段差で一瞬タイヤが浮いたり、ダイレクトな振動による運転手のパワーロスがある為、結果的にカーボンフォークの方が乗りやすい、スピードが出せたと思う。

カーボンフォークのメリット

 

上の結果から、振動吸収性、軽量化、パワーロスの減少によるスピードアップが挙げられる。

特に振動吸収性は違う自転車に乗っているのか?というくらいに違いが現れるし、カーボン柄が好きな人ならカーボンを装備しているだけでも満足感を得る事が出来る。

貧脚だけどロングライドは楽しみたい、って方にはアルミフォークよりカーボンフォークの方が乗っていて楽だし楽しいと感じられるだろう。

アルミフォークの場合手の疲れや段差のストレスである程度気合いとノリが必要になる時が来るし。

カーボンフォークのデメリット

 

クロスバイクに純正で取り付けられている分には良いが、カーボンフォークに交換したいと思って交換する際の金額が高い。

ロングライドしない人(大体10~20km)にはカーボンフォークの効果を体感するより体を鍛えた方がよっぽどコスパが良い。

エスケープRX3、カーボンフォークを新品で買おうとすると約10万円なので、軽いロードバイクが購入できる。

特にロングライドしない人がカーボンフォークに交換しようかな~と思ってネットで購入して交換しても値段が値段だけに損をする場合がある。

それだったらエスケープRX3を購入するよりもう一万円出してエスケープRX2を購入している方がカーボンフォークとカーボンシートポストが純正で取り付けられているので損をする事が少ない。

またカーボンフォークといえど通勤通学ぐらいに使うだけならまず要らないと思う。

まとめ

 

クロスバイクでポタリング、ロングライドしたいなって方にはカーボンフォークがおススメ。通勤通学ではアルミフォークがおススメという感じにコストパフォーマンスを選択するとアルミフォークもアリだしカーボンフォークもアリになる。

僕みたいな一度安い物やデメリットを味わってから良いものに手を出すタイプの人ならアルミフォークのクロスバイクに乗ってからカーボンフォークに手を出すことだろう。

勿論乗り心地だけで言うと明らかにカーボンフォークの方が良いに決まっているのでクロスバイクに何を求めるか?でカーボンフォークの方が良いって場合もある。

コスパで選ぶか?素材で選ぶか?使用目的も踏まえてカーボンフォークにするかどうか考えてみてはいかがだろうか?

 

 



スポンサーリンク