amazonプライム加入は損なのか?会員加入で出来る事のメリット

amazonプライム加入は損なのか?会員加入で出来る事のメリット

こんにちは、しょう。さんです。世界的にも大きな通販サイトとされているamazon。配送も早く値段も安い事から利用者が絶えず日常の便利なサービスとしても利用されています。

そんなamazonの有料会員サービスにamazonプライム会員というのがあります。

無料で通販を利用できるamazonに対し、有料プランでamazonを利用するという事もありどのようなサービスが受けられるのか?まだまだ認知されていないと思われます。

そんなamazonプライムとはなんなのか?加入して損するのか得をするのか?紹介していきましょう。

 

 

amazonプライムとは?

 

amazonプライムとはamazonが提供する有料サービスの事を言います。amazon=通販サイトというイメージが強いですが、amazonプライムに加入する事で様々なサービスを受けられる様になります。

 

amazonプライムの月額は?

 

amazonプライムでは二種類のプランがあり、一つは月額400円でamazonプライムに加入するプランと年額3900円でamazonプライムを加入するプランの二つとなります。

年額3900円となると月額換算3900÷12=325円となるので、加入する時に得をするのは年額支払いとなりますね。

 

amazonプライムに加入すると得するポイントは?

 

お急ぎ便、お届け日時指定および送料が無料化

 

通常会員の場合商品を購入した際に発送方法として通常配送にて注文金額が”2000”円以上の場合にのみ送料無料で配送してもらえます。(以下の場合は350円、通常配送なので2~3日はかかる)

仮に通常会員でお急ぎ便を利用する場合は一回のお急ぎ便の利用で”360円”当日お急ぎ便なら”540円”商品金額に+される事になります。

そしてお届け日時指定便の場合は当日”540円”翌日以降で”360円”商品金額に+される事になります。

この通常配送送料無料の条件、お急ぎ便、お届け日時指定便をプライム会員加入で全て無料になる事になります。

年額支払いの場合月額325円、普通会員でお急ぎ便の利用で360円ですから毎月何かの商品を購入してお急ぎ便で配送するだけでプライム会員分の元は取れる計算になり配送面では非常に得する特典と言えるでしょう。

商品は早いに越した事はありませんし趣味や出来事によってはすぐに欲しい!!って時にも対応できるのは大きなメリットですね。

ただ配送無料で注意したいポイントが

商品ページにprimeマークがついている商品ではないとお急ぎ便や送料を無料で利用する事ができません。

このprimeマークはamazon内のマーケットプレイスにて”商品在庫をamazon内で管理している”店舗がamazonに認定されているという意味でprimeマークがついています。

従ってamazonプライム会員はprimeマークの有無に注意してamazonで買い物をする必要があるという事になります。(といっても9割primeマークがついている)

 

amazonパントリーが利用可能になる

 

お急ぎ便が無料で使えるようになる他に、amazonパントリーという機能が使えるようになります。

amazonパントリーはスーパーで買い物する様なスタイルをネット通販でも利用可能としたサービスです。

通常、amazonでは日常品などを大体1箱や1セットといった販売をしていて、一人暮らしの人やあまり需要がないけど1個だけ欲しいんだよな~っていう買い物にはあまり向いていない通販サイトと言われていました。

しかしパントリー機能を使用する事で1個単位で購入可能となります。

パントリー自体は一つの箱にまとめて商品を詰め合わせて配送してくれます。商品によってパントリーの使用率の目安を確認する事も出来、箱の容量の限界がわかりやすくなっています。

パントリーでは専門的でしか購入できないモノから重たい物等をケース買いではなく単品購入が出来るので、一人暮らしの要望を叶えてくれるサービスと言えます。

 

amazonフレッシュが利用可能に

 

生鮮食品や肉、魚、果物に飲料品といった食べ物関連を注文後当日にまとめて配送されるサービスです。

スーパーに行く人ならあまり使わないし、一部地域のみという事もあり地域に入っていなければ利用する事が出来ませんがお年寄りや買い出しに足を運べない方等には嬉しいサービスと言えます。

赤ちゃんがいるならamazonファミリーに参加できる

 

赤ちゃんがいる家庭ならプライム会員はかなりお得に利用できます。

amazonファミリーは赤ちゃんの年齢を入力する事で始められるサービスで、おむつ用品やおしりふきが15%割引されベビー用品がプライム会員より安く購入する事が出来るようになります。

amazonファミリー専用のセールも度々行われているので、育児で買い出しに行けない時等にも便利ですね。

 

amazonのセールに参加できる

 

amazonではタイムセール、クリアランスセール、amazonプライムデー、サイバーマンデーといった様々なセールを開催しています。

その中でamazonプライム会員はタイムセール、amazonプライムデー、サイバーマンデー、クリアランスセールのセール時に通常会員より30分早くセール対象の商品を購入する事が出来ます。

セールの商品の数には限りがあり、無くなり次第終了となる事もありamazonのセールに参加するならプライム会員の加入は必須となります。まあこれで通常会員と一緒の扱いならプライム会員の意味がないですからね。

特に日常必需品が周りにあるスーパーや薬局より安く手に入りやすいので主婦の方でもセールに参加する価値は充分にあります。

 

約100万以上の曲が聞き放題になる”prime Music(プライムミュージック)”

 

amazonは昔から通販以外にも音楽を配信するサービスも行っていました。

その中で従量課金ではなくamazonプライム会員に加入する事で100万以上もある曲を好きなだけ聞く事が出来るamazonプライムミュージックが利用できる様になります

iTunesでも聞き放題のプランがあるがamazonではお急ぎ便、タイムセールの早期参加に追加料金なしで聞き放題になるので非常にお得です。

サービス内容もamazonmusicではアーティストの検索での視聴はもちろんの事、人気のプレイリストを流したり、私的に一番一押しなのがラジオ機能ですね。

このラジオ機能は選曲された曲のみのプレイリストに対してジャンルに合わせてジャンルに合っている曲がランダムで流れていく機能です。

ランダムながら好みでない曲の場合はスキップも出来るので、作業用BGMや家で小型スピーカーに適当に流すだけでも気分転換にもなりますね。

曲自体はamazonmusicに+780円で4000万曲以上の視聴が可能になるamazon music unlimitedのサービスにアップグレード出来ます。

しかしamazon musicの曲は随時追加されているに関わらずプライム会員料金で楽しめるので曲にこだわりがないならamazon musicで充分満足できますね。

 

公式サイト:Amazonプライム会員登録、無料体験開始はこちらから

amazon videoで映画、アニメ、ドラマが見放題

 

amazonが提供しているamazon videoをプライム会員では無料で利用する事が出来るようになります。

amazon videoには映画、アニメ、ドラマ等様々な物が見放題になります。

こういった見放題コンテンツとしてはhulu,netflix等がありますが

netflix=月額650円

Hulu=月額933円とどちらも500円以上かかってしまいますが、amazon videoはプライム会員の特典なので実質325円で利用する事が出来ます。

またamazon videoはiPhoneやアンドロイドアプリ、PS4 Xbox oneのアプリ等から視聴できるのでゲーム機を持っている人=テレビで鑑賞可能となります。

内容も新しいアニメの作品からラブライブ、ソードアートオンライン、弱虫ペダル、ガンダム等有名な作品からドキュメンタルといったamazon限定の番組等も楽しめる為、好きな時に好きな映画等を325円で鑑賞できるのは大きな強みです。

Fireスティックでamazon Videoを快適に

 

amazon Videoを快適に使う時にFire TV Stickというamazonが販売している商品をテレビに取り付ける事で、amazon Videoの作品全てをテレビで鑑賞する事が出来るようになります。

リモコンとスティックタイプを差し込むだけのシンプルなデザインという事もあり、例えば友達の家で飲む時とか友達の家に遊びに行くときにFire TV stickを持参するだけでテレビがシアターに早変わりします。

またFire tv Stickはamazon video以外にAbemaTV,dtv,Hulu,Netflix,dazn,youtubeといった他の映像関連コンテンツもこのスティック一本で対応可能となっていて仮にamazon videoを見ない人でも他の動画コンテンツをテレビで楽しめます。

 

amazon prime photo(プライムフォト)の利用が無制限に

amazonが提供しているクラウドサービスのフォトストレージです。iPhoneを使っているとどうしても容量に空きがなくなってしまいがちですが、プライム会員になる事でprime photoのストレージ容量が無制限で利用可能になります。(通常会員の場合は5GB)

無制限となるとPrime Photoで画像の管理、保管が容易に出来るようになりますし20分以下2GB以下の動画も保存する事が可能です。(今後アップデートされる可能性あり)

iPhoneやパソコンの容量にお困りの人でamazonをよく利用される人ならフォトストレージが無制限になるプライム会員は魅力的なのかもしれません。

Fire HDを4000円OFFで購入できる

 

 

 

amazonから販売されているタブレット、Kindle。それのFire HDを4000円OFF、Kindleもモデルによっては2000円OFFで購入する事が出来るようになります。

仮にFire HDを通常会員で購入するのとプライム会員年額で契約してFire HDを購入する時の料金がプライム会員の金額も含まれる事になります。

Fire HDの購入を検討している方ならプライム会員を契約してから購入した方が得する計算となります。

Fire HDでもamazon musicの利用も可能ですし、amazon VideoもFireHDで鑑賞可能です。

 

Fireタブレット、Kindleタブレット購入でkindleオーナーライブラリーが利用可能に

 

prime会員でKindle端末またはFireタブレットを購入した方向けのサービスで毎月amazonが販売しているkindle本を一冊無料で読むことができるようになります。

読書が好きな方ならFireタブレットを購入する事で毎月の楽しみが広がる事になります。無料っていうからにはしょうもない本しかないんでしょ?と思われるが、中には1500円以上超える本屋で大人気のタイトル等も無料で読む事が出来るので、読書好きな方には得するポイントです。

 

amazon Prime Readingが利用可能に

 

プライム会員になるとKindle本の中から対象の本800冊を無料で読み放題になるサービスです。

嫌われる有機といった小説からビジネス本、弱虫ペダル等の漫画に雑誌までもが読み放題になるので本屋に行ってわざわざ本を購入する必要がなくなるほどに大きいポイントです。

上にあげたオーナーライブラリーの本をprime readingでは読む事が出来ませんが、Fire HDを購入して組み合わせる事で読書が好きな方は一層楽しむ事が出来ます。

 

損するポイントは?

 

通販をあまり利用しない人

 

amazon自体をあまり利用しない人がプライム会員になってしまうと、通販以外で差し引くと映画鑑賞、ミュージック、フォトストレージくらいしか利用しない事になります。

プライム会員の特典を理解していないと、気づかないに近い形のサービスばかりなのでamazonをあまり利用しないけど数回利用する、って人は損するだけだと思われます。

 

退会時に3900円損する

 

退会する時期にもよりますが年額3900円をクレジットなどで先払いで契約する為、仮に使わないな~で退会してしまうと3900円損してしまいます。

退会する場合は必ず更新日の付きに退会した方がお得です。

 

仕事が忙しすぎる人

 

私は前の仕事が飲食業という事もあり拘束時間は長いし仕事は毎日疲労困憊になるほど忙しい(忙しいかありえない程のヒマしかない、程よいがない)ので家に帰ってきたら深夜1時、ご飯を食べて風呂に入ったら2時半でそのまま就寝….朝6時起床とamazonを利用する部分が全くなかったんですよ。

こういった状況の人がamazonプライム会員になってもプライム会員の特典を確認するのも面倒だし結局使い切らずに損してしまいます。

 

amazon prime自体はお得でしかない

 

アマゾンビデオにミュージック、送料無料に本も読み放題で月額換算325円ですから非常にお得でしかありません。

特に送料無料はえげつないなと思いますね。自分でなにか配送してもらうだけで1000円以上はかかる運輸事業なのに商品すべてが無料で配送されるのはかなりお得だと感じられます。

amazonプライム会員自体は一度も登録したことがない人は”1か月無料トライアル”が受けられるので一度プライム会員のトライアルを受けてみるのもいいかもしれません。

 

amazonプライム会員の入会の仕方

amazonにリンクした時に、じゃあプライム会員の登録はどうすんの?って人が意外と多いと思われるので入会方法をザっと紹介しておきます。

 


アマゾンの公式サイトのページに飛びます→画像右のプライムの部分をポップアップのプライム無料体験でお買い得の”次に進む”をタップする。

進むとこのページが現れるので右の30日間の無料体験を始める をタップする。→お支払方法と住所を登録し”無料体験に登録する”をタップするだけです。

1分もかからずプライム会員の無料トライアルを始める事が出来ます。

注意として”クレジットカードじゃないと支払いできないんじゃないの?”と思われますが

デビットカード

Softbankカード(softbank支払いのカード)

au walletカード

Vプリカ(インターネット上のプリペイドカード)

等でも支払う事が出来ます。

逆に現金払い、コンビニ支払いが出来ないので注意しましょう。

 

amazonプライムの退会の仕方

 

30日の無料体験のみで楽しめた、無料体験で気に入らなかった、って方向けに紹介しておきます。

 

アカウントサービスに飛び、プライムという爛をタップします。

次の画面の左下にある”会員資格を終了する(特典を終了)”をタップします。

中央の会員資格を終了する、をタップします。

 

これでプライム会員の退会が終了となります。かなり簡単です。

ちなみにプライム無料体験時に忘れてそのままプライム会員の支払いをしてしまっても”問い合わせれば返金”してもらえます。

なので忘れた時にもamazonは柔軟に対応してくれます。

 

まとめ

 

amazonプライム会員の特典を簡単にまとめると

  1. お急ぎ便、時間指定便が無料
  2. amazonパントリーが使用可能になる
  3. amazonファミリーで赤ちゃん用品がより安く
  4. 一部の地域のみamazonフレッシュが利用可能に
  5. amazonセールの早期購入が可能になる
  6. 100万曲以上を聞き放題、amazon musicが利用可能
  7. アニメ、映画、ドラマを見放題、amazon videoが利用可能
  8. Prime photoの容量が無制限になる
  9. FireHD kindleの割引が適用される
  10. マンガ、雑誌、小説の本が読み放題、prime readingが利用可能に

これが年額3900円、月額換算325円で利用可能になります。

かなり得するサービスと思われます。元を取ろうとすると

  1. 毎月一回のお急ぎ便の利用
  2. FireタブレットまたはKindleタブレットの購入で年額分が実質無料
  3. タブレット購入+プライム会員特典のオーナーライブラリーにて毎月325円以上の本を読む
  4. 映画に音楽の視聴

これだけで充分元が取れるので非常にコスパの良いサービスと感じさせられます。30日無料体験後に退会しても良いわけですし、無料体験中にセールの参加や商品を購入すれば得した気分で商品を購入できます。

損する部分といっても、日常的に超忙しい人やネットに疎い人くらい=そもそもamazonを利用していない事にもなるので、満足度の高いサービスなので無料体験から始めてみてはいかがでしょうか?