3年使って分かったJimdoBusinessのメリット、デメリット

3年使って分かったJimdoBusinessのメリット、デメリット

はてなブログ、FC2ブログにライブドアブログ等無料ブログサービスが沢山ある中、誰でも簡単にオシャレなブログサイトを作成する事が出来るブログサービス、Jimdoがあります。

Jimdoでは無料でも使う事が出来、アップグレードする事でJimdo ProやJimdoBusinessで契約して利用する事が出来ます。

しかし巷では、”有料でブログやサイトを始めるならワードプレスで始めた方が良い”と言われているが、私しょう。さんがJimdo Businessを3年使用してどこか便利なのか?どこがデメリットとなるのか?を紹介していこうと思います。

 


スポンサーリンク


 

そもそもJimdoって?

 

Jimdoとは直感的にブログを作成する事が出来るサービスで、よく他のブログサービスでブログを投稿する際はテキストの中から文字の色を変更したりスタイルを使用したり画像を添付する事で一つの記事として投稿する事が出来ます。

それに対してJimdoは投稿した時の記事の画面にブログパーツというキットをクリックして出して、画像の添付や見出しの作成、文章の挿入を行う事が出来ます。

これによりブログを始める人や初心者の方でもわかりやすくブログを投稿する事が出来るようになっています。

また文章、画像等自体が一つのブログパーツとして存在する形になりクリックしてホールドする事でいつでもそのブログパーツを好きな場所に配置する事が出来ます。

直感的、なのがJimdoの特徴です。

 

Jimdo Pro,Jimdo Businessとは?

 

Jimdoでは三つのプランが用意されており、Jimdo Free Jimdo Pro Jimdo Businessの三種類となります。

主なプランの違いは以下となる。

Jimdo Free

・料金無料、サイト名が○○○.jimdo.com、サーバー容量500MB、帯域幅(ページアクセス数に耐えられる容量)2GB、常時SSL対応

Jimdo Pro

・年額11.340円(月額945円)独自ドメイン化、サーバー容量5GB、帯域幅10GB、常時SSL対応、メールアカウント、広告非表示、優先サポート、176書体の日本語フォント、スマホ最適化

Jimdo Business

・年額28.980円(月額2.415円)独自ドメイン化、サーバー容量及び帯域幅無制限、メールアカウント、広告非表示、最優先サポート、176書体の日本語フォント、スマホ最適化、細かいSEO対策対応、ネットショップ完全版

となります。有料プランにする事でJimdo側から好きな独自ドメインを貰う事が出来、サーバー容量等もアップグレードされる為Jimdo Proが一番コスパが高いと考えられます。

Jimdo FreeでJimdoはどんなものなのか?を触れてから本格的にアフィリエイトなどを行う時にPROにアップグレードして使い始めるのがいいでしょう。(尚、PRO契約後にすぐにBusinessにアップグレードしても差額分割引されます)

そして私はこのJimdo Businessに契約してJimdoを利用しています。なぜJimdo Businessにしたのか?等も紹介しましょう。

Jimdo Businessのメリットは?

 

サーバー容量帯域幅が無制限

 

Jimdo Freeでは500MBの2GB,PROで5GBの10GBとバズったりアクセスがついてくると帯域幅制限を受けてアクセス数を落としてしまう事があります。

実際にPro契約時に記事がバズり、一日10万PVきたときに帯域制限を受けてしまいアクセスパンクを起こしてしまいました。

しかしJimdoBusinessではサーバー容量も帯域幅も無制限になるのでバズってもパンクする事が出なくなりました。

よくブログサービスのサーバーは共有サーバーで落ちやすい、と言われていますがJimdoBusinessを初めてから落ちる事がなくなりました。

共有サーバーというより無制限になる事で軽くなるのでしょう。ある意味Jimdo Businessの一番の特徴とも言えます。

 

画像関連サイトの作成に強い

ゲーム攻略サイトや画像を多用するブログを作成したい時に一番気になるのが、画像の添付が早いかどうか?自由度があるかどうか?になると思うんですよ。

ワードプレスで画像の添付する時ですら時間がかかってしまいますしレンタルサーバーの容量上、画像で容量を圧迫したくないのが本音です。

しかしJimdo Businessでは容量無制限の他にブログパーツとして画像、フォトギャラリーで沢山の画像を表示する事が出来るので仮にゲームサイトとかで二枚毎に表示させたい時にもJimdoは使いやすいですね。

 

ネットショップを気軽に始められる

ワードプレス等でもネットショップを始めるのは難しいとこですが、Jimdoはネットショップ機能が搭載しており、必要な設定を記入するだけで簡単にネットショップを始める事が出来ます。

ネットショップの商品の表示に関してもブログパーツから商品欄を作成したり商品カタログも作成出来たりとネットショップにかなり強いブログサービスとも言えます。

 

個別SEOでSEO対策を気軽に

 

jimdo Businessではブログ記事、ナビゲーション、HOMEといったページの概要などを編集してSEO対策を行う事が出来ます。

ワードプレス等でいうdescripyion設定なのだが、JimdoではBusiness契約時に使用可能となります。

むしろJindo ProくらいのレベルでSEO対策をしてもそれなりのアクセスしか獲得できない(帯域幅等)ので、Businessで使用できるのは当たり前の機能と言えます。

 

Jimdo最優先サポートが受けられる

 

JimdoFreeでは問い合わせ等が最短で1週間、Jindo Proでは1日後と時間がかかるのに対し、Jimdo Businessでは即日で問い合わせサポートを受けられるようになります。

しかしこの最優先サポートは最近の話で、私が2016年までJimdo Businessで問い合わせをしても、次の日に返信が当たり前のサポート体制でした。(どこが最優先だよ)

2017年~はJimdo Businessのサポートがより強化されて、最近ではお問い合わせをした数分後に返信が返ってくる恋人レベルの返信スピードになったので、わからない事等が手軽に問い合わせ出来るようになりました。

 

モリサワフォントが使用可能

 

Jimdo Proでもそうですが176書体の日本語フォントの中にモリサワフォントが含まれています。

モリサワフォントというと単体で契約しても1万円以上はかかってしまうサービスです。

そんなレアなフォントをJimdo有料プランでは使用可能となるのは非常に大きなメリットと言えます。

フォント変更もスタイルから気軽に変更できる為、サクサクっとモリサワフォントが楽しめます。

 

メールアカウントが作成できる

 

サイトの問い合わせフォーラムを作成する時に仮にネットショップなどで展開するのにGmailやヤフーメールだと信用性に欠けてしまいますし、売り上げにも響いてしまいます。

JimdoではPRO以上からメールアカウントを作成する事が出来るようになり、独自のメールアドレスを使う事が出来るようになります。

このメールアカウント機能、意外と使いやすくGメールなどに登録する手間もいりません有料プランに契約している事もあり管理しやすいです。



 

Jimdo Businessのデメリットは?

 

ドメイン移管、サーバー移管が出来ない(バックアップが出来ない)

 

Jimdoで投稿してきた記事やBusinessで手に入れた独自ドメインを、仮にワードプレスに移行したりする時出来ない様になっています。

つまりBusinessを解約したら全てのデータが消えてしまう事になります。当然バックアップシステムがない為自分自身でブログのテキスト、画像等を保存していく必要があります。

この問題は今後Jimdoで改善される可能性がある(お問い合わせをしたらそのような解答を頂いた)ので移行が出来るようになればより使いやすいブログサービスとなる事でしょう。

 

使えないASPが存在する

 

Jimdoのブログパーツの中にHTMLがあり、それをクリックしてASPのHTMLを挿入する事で広告等が表示できる様になるが、一部使えないASPがあります。

実際に私が使用して使えなかったASPは現在バリューコマースのみだけですが、バリューコマースを使ってアフィリエイトなどを展開していきたい方は注意しましょう。

 

値段が割高

 

ドメイン、サーバー容量無制限、モリサワフォントを合わせて年額28980円なので、仮にモリサワフォントを使わない人がJimdo Businessを契約しても割高になってしまいます。

ドメイン、サーバー容量無制限なら格安レンタルサーバー、独自ドメインを個別で用意した方が安くなります。(ワードプレスになってしまうが)

Jimdoのシステムが気に入っているならBusinessでも損はしませんが、Jimdoでやっていかない、モリサワフォントを使わない人なら個別で用意した方が維持費は安いです。

 

月額支払いが出来ない

 

Jimdoホームページには月額○○!!と書かれているが、実際PRO,Business共に年額支払い(12か月、24か月支払い)のみしか出来ません。

月額支払いが出来ない為、一年に一度大きな金額が動くという事なので月額で支払って維持したい人には難しいと考えられます。

 

サポートはメールのみ

 

Jimdo Businessで最優先サポートが受けられるようになるが、どのプランもサポート自体はメールのみの対応で電話での対応が出来ないようになっています。

その為細かな問い合わせを煮詰めたり、具体的な内容をメールで片づける為電話対応が必要な人には使いにくいサポートとなります。

 

サーバースピードは普通

 

サーバー容量、帯域幅無制限となるがサイトを表示するサーバースピード自体は普通レベルでサーバースピードだけで言うならワードプレスの方が圧倒的に早いです。

恐らくJimdo独自のフォルダの表示に時間がかかってしまっているので、仕方ないといえば仕方ないポイントです。

 

まとめ

 

JimdoBusinessを実際に使ってみてメリットやデメリットを書きましたが、実際問題ゲームサイトでJimdoを使っている事もあり、画像を大量に乗せる効率的な部分をみるとBusinessは全然ありだと思いました。

ゲームサイトのみならずブログ初心者が有料プランに手を出す時とか、ワードプレスがややこしいって方にはJimdoはおすすめ出来ます。直感的な操作は使いやすいです。

後Jimdoはアプリも出していて、ワードプレスのアプリと比べてワードプレスは重すぎるのに対しJimdoはサクサク&バグの修正スピードが早いので仮にスマホからブログを投稿したい方にもJimdoはおすすめですね。

公式サイト:ホームページ作成ソフト【Jimdo】



スポンサーリンク