クリスマスの飾り

クリスマスプレゼントは子供に自転車を!渡し方と隠し場所とは?

クリスマスに近づくにつれ、クリスマスプレゼントを子供に何を渡したら喜んでもらえるのか?悩んでいませんか?

子供が「あれが欲しい、これが欲しい」と具体的に欲しいものが決まっているならクリスマスプレゼントを用意するのが簡単ですがそうではないのが現実です。

 

何が欲しい?と聞いても

「自転車」と言われただけなら

  • カラーは?自転車のデザインはどの様なもの?
  • こちらが勝手に決めて気に入ってもらえなかったら困る

と抽象的だと思い浮かぶビジョンが見えてきません。

 

また、自転車をクリスマスプレゼントにする場合

  • クリスマスまでの隠し場所はどこか
  • 渡し方をどうするか

と悩むポイントも多くなります。

ではクリスマスプレゼントに自転車を渡す時の隠し場所と渡し方は。



クリスマスプレゼントに子供に渡す自転車を選ぶには

自転車をクリスマスプレゼントにする為にも子供にプレゼントと思われずに、

自転車のカラーやデザインを定めていく必要があります。

子供の色の感性は独特です。

落ち葉を拾う子供

自転車と言われて勝手に決めてしまうのは気に入らない事が多いですし不機嫌になる原因となります。

具体的に色とデザインを選ぶのがポイントになります。

直接子供に聞いてみる

自転車の色やデザインがわからないなら直接子供に聞いてみるのもアリです。

直接聞いた後に「サンタさんにお願いする為に手紙を書いてみよっか」と気づかれない様に工夫するといいでしょう。

意外と簡単に子供は自転車の色やデザインを言ってくれますよ。

 

自転車売り場で行って選ぶ

自転車が欲しいと言う子供も色やデザインが決まってなくて率直に自転車が欲しいと言う事もあります。

色やデザインが決まっていなかったり直接子供に聞いたけどイメージの中の表現だったなら、自転車売り場に行って選ぶのも良いです。

現物を見た方が具体的に言ってくれますし、その場で気に入った自転車を見つけ出してくれるかもしれません。

 

自転車は値段が安いものではありません。子供にとってクリスマスは特別な日です。

せっかくのクリスマスならプレゼントで喜んでくれている子供の顔を見たいですよね。

好きな色、欲しいデザインの自転車をプレゼントできる様に一工夫入れながら調べておきましょう。

通販で自転車を下調べしておく

自転車売り場に足を運ぶ時間がなく、子供の欲しい自転車が具体的にでてこない場合は通販で下調べしておくのもいいでしょう。

通販だと様々なデザインの自転車が販売されていて、それを子供と一緒に閲覧してどういった色とデザインの自転車が欲しいのか?イメージさせて具体的な自転車を導き出せます。

 

通販で具体的なデザインが決まったら自転車売り場で実際に見てみましょう。



クリスマスプレゼントの自転車の隠し場所はどこ

具体的にどの様な自転車が欲しいのか決まったら、買った自転車をどこに隠すかが重要となります。

疑いはじめる子供

学年が上がればサンタさんの存在に疑いはじめて家の中にクリスマスプレゼントがあるんじゃないか?と探す事もあります。

偶然見つけられてしまう事も避けておきたいです。

子供には見えない上の方に隠す

子供がサンタクロースの存在に疑って家の中を探すことになっても身長という限界があります。

身長よりも高いところの上にクリスマスプレゼントの自転車を隠しておくと良いでしょう。

  • 冷蔵庫の上
  • 台所の上の棚
  • 靴箱の上の段
  • クローゼットの上の段

等、日常的に子供が手が届かない場所に隠す事で見つけられない様にできます。

プレゼント包装の色は目立ちます。できれば地味な色のシーツなどを被しておくのもポイントです。

子供が入れない、開けれない場所に隠す

子供が勝手に入る事ができない場所を利用してクリスマスプレゼントである自転車を隠す事です。

  • 車のトランクや車の中
  • 床下収納
  • 物置小屋
  • 屋根裏
  • 倉庫

等、普段子供が開けない、入れない場所に隠す事で仮に子供がサンタさんに疑いをかけて探しても見つけ出す事ができません。

倉庫や物置小屋なら奥の方に入れておくだけでもわかりません。

近隣の施設やサービスを利用して隠す

家の近所にある施設やサービスを利用する事で安心してクリスマスプレゼントを隠す事ができます。

  • コインロッカー
  • 職場や近いなら実家
  • 宅配便

等、完全に自宅に隠さない事で探しても見つけられる事がありません。

宅配便ならクリスマス当日に配送してもらって「サンタさんがきてくれたよ」と渡してあげる事もできます。



クリスマスプレゼントの自転車の渡し方

隠す事ができれば、いよいよクリスマスプレゼントの渡し方です。

渡し方は学年が上がれば上がるほど疑って待っている事があるので難易度が上がります。

そして隠す場所が近隣の施設を使っているなら他の人の迷惑にならない様にいずれ玄関やその近くに隠しておくことになります。

バレない為にも渡し方に工夫が必要です。

学年が低いうちは枕元でもOK

オーソドックスに子供が寝ている間に枕元やベッド近くにクリスマスプレゼントを置いておくのが良いでしょう。

ポイントは自転車本体を置くのではなく、自転車の鍵をプレゼントとして置いておく事です。

自転車をベッドまで持ち運ぶのは難しいです。

 

鍵なら軽いですし簡単です。自転車の鍵がない自転車の場合は画用紙で作った大きな自転車の鍵とメッセージカードを置いておくと良いでしょう。

朝起きて自転車の鍵に気づいて玄関に置いてある自転車を見て喜んでくれます。

注意したいのが学年が上がった子供に枕元で渡す方法はバレてしまいます。サンタさんの存在を疑って寝ているフリをする事もあるので学年が低いうちなら大丈夫です。

知人や宅配を利用する

知人に協力してもらってクリスマスにチャイムを鳴らしてもらい、見に行ってみるとプレゼントが置いてあったり1階のリビングの窓に知人がきて窓を叩いて行ってみるとプレゼントを置いてあったり知人に協力してもらうのもいいでしょう。

外にプレゼントを置いて知人に電話をしてもらうのもアリです。

ポイントは子供と面識のない知人に頼む事で怪しまれる事がありません。

宅配便を利用するのもいいでしょう。クリスマス当日に持ってきてもらいプレゼントを外に置いたまま子供を呼んでプレゼントが置いてある演出をして渡すのもいいですよ。

最近ならチャリティーサンタというサービスがあり、寄付をする事でサンタクロースを呼ぶ事ができます。

チャリティーサンタは全国30支部で活動されているので家の地域に支部があるなら検討してみるのもいいでしょう。

自転車を購入した場所でギフトサービスを利用するのもいいでしょう。

演出でプレゼントを渡す

サンタが来た痕跡を演出としてプレゼントを渡します。

例えば寝る時間になり寝室に行ったら窓が開いていてサンタクロースが来た様に演出してプレゼントを置いておくのがいいでしょう。

電気が急に消えて点灯したらプレゼントが置いてある、といった子供が見ていない部分でプレゼントを置いて渡す方法はサンタクロースを疑わずに済むのでいいですよ。

(まとめ)一年に一度のクリスマスを演出しよう

子供にとって特別なクリスマス。

1年に一度のクリスマスを子供が思い出に残る様な楽しいクリスマスを演出しましょう。

  • 自転車の色やデザインを具体的に
  • バレない様に隠し場所を
  • 渡し方に一工夫

自転車本体で渡したいならチャリティーサンタを利用すると手っ取り早くクリスマスを充実させる事ができます。

子供が満喫して笑顔で寝ている姿が見れる様なクリスマスにしましょう。