グーグルアドセンスと成果報酬型アフィリエイト、稼ぐならどっちが良いのか?

2018年4月10日

サイト運営やブロガー等、ウェブサイトを運営する際に用いる収益方法に悩む方が多いと思われる。

特に世界のグーグルが提供しているアフィリエイトサービス、グーグルアドセンスと他のASPアフィリエイトサービスの利用によって今後大きく収益が変わってくるともされているだろう。
そんな二つのサービスから、どちらの方が収益が高いのか?使いやすいのか?実体験を元に記述していこうと思う。


スポンサーリンク


グーグルアドセンスとアフィリエイトの違い

まず違いについて語ると、アフィリエイト自体の報酬型が大きく分けて二種類存在する。

一つはクリック報酬型、これは書いて字のごとく広告に対してユーザーがクリックしてもらうだけで報酬が発生するという物。

主にグーグルアドセンスが提供しているサービスで、クリックしてもらうだけなのでアフィリエイト初心者でも簡単に収益を出す事が出来る方法とも言える。

次に成果報酬型、こちらは広告をクリックした後のサイトにて買い物を行ったり、サービスの契約等サイトに誘導した後にユーザーがそこでアクション(商品の購入、成約等)を起こしてもらう事で収益を上げる方法である。

クリック報酬型と違い、クリック後にユーザーが商品を購入したりしてもらう必要がある為、クリックだけでは収益を上げる事が出来なくなっている。

この二つの収益方法からどちらを選択してアフィリエイトを行うのか?をサイトとマッチさせて行っていく事となる。

クリック報酬型の特徴

クリックするだけで報酬が出るので、アフィリエイトを始めて行う方から玄人の方まで幅広く活用する事が出来る他、雑記ブログから専門的なブログ、サイトの運営まで対応する事が出来る。

グーグルアドセンスの場合、サイトマッチングタイプの広告を採用している為、自動的に適切な広告を表示してくれるのでこまめに広告の差し替えを行う必要がない。

報酬発生条件がクリックの為、一回当たりの単価は低い。

グーグルアドセンス以外にもクリック報酬型を採用している会社はいるが、単価は成果報酬型に比べて非常に低い。

成果報酬型の特徴

成約や購入等、ユーザーがクリックの次のアクションを起こしてもらう必要がある為、報酬達成までの道のりが難しい傾向がある。

その分一回当たりの報酬金額が非常に高いジャンルが多く、一回1万円という報酬もある?

グーグルアドセンスの様なサイトマッチング広告ではない為こまめに広告を差し替える必要がある。

グーグルアドセンスはどのジャンルのサイトでも稼げる?

グーグルアドセンスの場合、クリック報酬単価が平均30円と言われていて、仮に月に10万円収益を獲得する場合、一日約110クリック必要となる。(110×30=3300 30日間=99000円となる。)

そしてグーグルアドセンスではrpmというの基準が表示されていて、rpmは1000PVに対していくら収益を上げているのかを平均化される。

このrpmが300の場合、1000PVで300円の収益が出ているという計算となる。

基本的に100PVで1クリックと言われていて、1クリック30円の場合、1000PVで300円となる計算なのだ。

なので10万円を目指す場合、最低1万PV、月間にして30万PVを稼ぐ必要がある。

この事からグーグルアドセンスではいかにページビューを稼ぐ事が出来るのか?が重要になっている事だろう。なぜならPVに応じてインプレッション収益なども変化する可能性があるからだ。

その為セールスを高めたサイト作りではなく、雑記ブログでも30万Pvもあればrpmによっては5万円ほどの収益を上げる事も出来るし、何より自分の好きな事を書いて収益が少しでる事は嬉しい事だろう。

専門的なサイトでもジャンルによっては広告単価が高いジャンルがあり、rpmが500で1万PVで5.000円収益を出しているサイトも存在するので、グーグルアドセンス自体は非常に使いやすい広告サービスだと言えるだろう。

しかし実際に僕が運営しているサイトはクリック単価が低く、rpmが100を右往左往している状態。

50万PVを達成しながらも、グーグルアドセンスでの収益は5諭吉程となっている。

専門的なサイトでもrpmが低いと収益を上げる事は難しい。

専門ジャンルで狙うなら成果報酬型アフィリエイト?

クリック報酬型のグーグルアドセンスに対して、セールス的な文章を記述してユーザーがこの商品の良さや特徴等を理解してもらい商品を購入する事で報酬を得る事が出来る成果報酬型アフィリエイト、雑記ブログ等で使用する場合中々ご成約になる事が難しいとされている。

というのも、例えば美容の商品を売りたい場合にその美容商品がどういった方に得となるのか?どういった効果があるのか?を細かく記述しそれに対して何に悩んでいる方に向いているのか、といったターゲットを絞る、専門的に扱う場合に成果報酬型のアフィリエイトプログラムは非常に相性がいいとも思われる。

この場合、PVで成果報酬を得るのでなく、よりニッチに専門的にターゲットを絞っているので100PVでも10人が購入しているケースも少なくないだろう。

なので成果報酬型ではPVではなく、記事の質、商品とのマッチ性等で報酬が変わるといっても良いだろう。

例え30万PVがあってもマッチが悪い場合、広告をクリックしてもらえない場合もあるので商品と記事のマッチ性を優先する事がいいだろう。

実際に僕の運営しているサイトでは、月間1000PVながらも1万程収益を出しているサイトがあり、少ないPV数でも稼げる事を実感している昨今である。

グーグルアドセンスと成果報酬型アフィリエイト、どちらが良いのか?

実際に使用した場合どちらが良いのかというと素早く稼ぐなら成果報酬型アフィリエイトだと感じた。

というのもグーグルアドセンスは少ないPVで収益を出す事は非常に難しい。

サイトをマッチ性の高い記事にした所で、クリック単価が高いだけで1000PVだと収益を上げるのは難しいと思う。

逆に言えばそういった記事を持続的に投稿し、PVを増やす事でかなりの収益を上げる事が可能だが、それだとグーグルアドセンスを設置するより成果報酬型アフィリエイトの広告を設置していた方が収益を上げやすいだろう。

高単価で稼ぐなら成果報酬型、PVで稼ぐならアドセンス

サイトで収益を上げる際に、面倒だったりただただサイトを運営したりと大雑把に運営してPVだけ稼いでいくなら選定等に困らないグーグルアドセンスが最適と思われる。

逆にしっかりアフィリエイトサイトとして構築していき、例えばキーワードプランナーなどでキーワードを調べてタイトルを決めていたり、商品を売りたい場合はアフィリエイトプログラムのアフィリエイトを紹介して購入までたどり着ける様な記事を書くのがいいだろう。

最終的、本末転倒な事を言うが両方使うのが良いよ(笑)



スポンサーリンク