スタイルワンの第三のビール「シャインモルト」美味い?飲んでみた

こんにちは。しょう。さんです。格安ビールがドンドン増えていき、どれが美味いのか?探している所ですね。

前回はスーパーのライフで販売されているぐい麦を飲んでみましたが、思っているより飲みやすくて好印象でした。

今回はスタイルワンの第三のビール、シャインモルトが美味いのか?実際に飲んでみましょう。

 

 

Style Oneのビール、シャインモルト

 

まずはパッケージ、シンプルにビールの黄金色と泡の白さを演出しています。キャッチフレーズはFINE AND CLEAR TASTE、パッケージから察するに苦みの少ない飲みやすさ重視のビールでしょうか。

ラベルにはしっかり 生 と書いているが、生ではなく第三のビールでしょう。

原材料はコーンスターチ、麦芽、大麦、ホップと発泡酒あるあるのセット。

原材料の表示は原則多い順から表示する事になっているので、シャインモルトはコーンスターチメインのビールとなります。

原産国は韓国と表記されているが製造は有名なハイトジンロ(眞露)なので安心はできます。

ぐい麦の時も原産国が韓国でしたが、やはり格安の第三のビール関連は韓国製品が多い印象を受けますね。格安ビールによって製造場所が明記されていなかったり、韓国のみしか表記されていない事もあり眞露と書かれている事で信頼のある第三のビールとなっています。

パッケージのシンプルさといい、外見は好印象。

 

飲んでみた

グラスに注いでみましょう。泡立ちはグラスを傾けていれても泡が多くなるぐらい良いですがすぐに泡がしぼんでしまいます。

ぐい麦の時はビールの薄さに驚いたが、シャインモルトはどちらかというとちょい濃い目です、炭酸が多いかも。

香りは弱く、ホップの癖も弱そうな印象。どちらかというとビール初心者向け。

飲んでみるとスッと喉を通る爽やかさに後からくる苦みのある甘みがちょっと癖があり。シャインモルトの系統で言えば”金麦”系の系統に近い。

缶のまま飲んでみるとガツンとくる炭酸に後味の苦みが増し合成アルコールっぽさが姿を現して飲みにくい印象を受けます。飲むならグラスに注いだ方が楽しめるビールですね。

 

シャインモルトは金麦系の格安ビール

 

シャインモルトを飲んでみた印象だと金麦の様な後味に甘みや癖が感じ取れるビールに近い印象を受けました。

僕はどちらかというとクリアアサヒ系統ののどごし路線が好きなのでシャインモルトは好きでない第三のビールでした。

のどごし派ではない人ならぐい麦を購入して飲むより楽しめると思います。値段も100円切る勢いの格安ビール、シャインモルトを一度購入してみてはいかがでしょうか?