jimdoは損をする!?jimdoでブログを始める上で気を付けたい4つのポイント

2018年4月10日

ブログを開設したり、サイトを運営する上ではてなブログやFC2ブログ等、無料で始められるブログから始める人も少なくないだろう。

その中でもサイトのレイアウトをプリセットから選択するだけでウェブデザイナーの様なオシャレなブログを始める事が出来るブログサービス、Jimdo。
そのJimdoを使用し続けた中で、あれ?Jimdoでは使えないの?という様な機能が意外なところから出てきたので、注意すべきポイントを紹介していく。


スポンサーリンク


こんなJimdoの使い方は損をする?!Jimdoを使用する上で確認しておきたいポイント

Jimdoで使えない?!既存レイアウトで注意するポイント

最初に説明しておくとJimdoのサイトレイアウトをする方法は二種類ある。

一つはJimdoが用意してある既存のレイアウトから選択してサイトのデザインに設定、その中からある程度の設定変更を行う事でおしゃれなレイアウトでブログ記事を書いたりする事が出来る。

既存レイアウトの特徴といえば、ウェブサイトを作成するときにわからないHTMLやCSSでのレイアウトの設定を行う事なく、オシャレなサイトを作り上げる事が出来るという所である。

ワンタッチで選択して変更が出来る為、レイアウトに時間をかける事がなく便利な機能と言えるだろう。

そしてもう一つが既存のレイアウトを使用せず、自分で一からHTML,CSSをコーディングして自分だけのサイトデザインを作り上げる、独自レイアウト。

自分でサイトコーディングが出来る方ならJimdoの既存レイアウトを使用せず、独自レイアウトを使用して作り上げる方が使い勝手の良いレイアウトが作成できる。

しかし、コーディング出来る方がわざわざJimdoを使用する必要はないと思うのだが、これは好き好きか。

その中で既存レイアウトを使用する中で、どこに注意するポイントが出てきたか。

記事までのパンくずリストを設定できない

100記事以上書いてた時に、良くブログなので見かけるホーム>○○>○○ といったリスト表示がJimdoにはできないのかな~と思い、調べたり色々いじった結果、出来ない事に気づいた。

パンくずリスト自体はあってもなかっても記事を書くジャンルによって要らない要素なので、あっても便利だなぁくらいにしかならないが、僕がJimdoに作成しているジャンルはゲーム系サイトなのでパンくずリストがないと1記事のみでユーザーには一度ホームに戻ってもらい、そこからゲームネームでジャンル分けしたアーカイブから見たい記事を閲覧してもらう事になってしまうので、非常に不便だと思われてしまう。

そこでパンくずリストの実装を行えないのか、Jimdoに直接お問い合わせしてみるものの、現状記事までパンくずリストを表示させることが出来ず、パンくずリストが機能するのはナビゲーションメニュー内のページのみとなっている。

そしてこのパンくずリスト、既存レイアウトの他独自レイアウトでも記事までパンくずリストをひく事が出来なくなっているので注意しておきたい。

そもそもパンくずリスト自体はSEOに関係する要素でもあるので、しっかりパンくずリストも表示したい場合はJimdoのアップデートを待つか他のブログサービスで始めた方が良いだろう。

独自レイアウト版のスマホ表示が簡素

スマートフォン表示で、画像を多用する際に3枚縦にしっかり収まるレイアウトがあるがその既存レイアウトが気に食わなくやきもきしていた時、独自レイアウトのスマホ表示はどうだろうと考えた時のことである。

独自レイアウトでのスマホ表示は僕の要望に応える形で画像が三枚に並んで表示される事がわかったが、スマホ表示、簡素過ぎじゃない?と感じた。

まずサイドバーが表示できず、記事のみの表示となっていてサイドバーに関連リンク等を貼っている場合PCの閲覧者は他の記事にリンクしやすいがスマホの方はその記事のみになりやすくなってしまう。

また独自レイアウト自体Jimdoは管轄外となっていて、全て自分でやってねっていう潔い対応なのでコーディング知識がない方にはスマホ表示のページをオシャレに作成する事が出来ないだろう。(最近では独自レイアウトのプリセットが増えたのとCSSを変更出出来る様になったため、扱いやすくはなっている)

既存レイアウトによって画像付き文章が使い物にならない

Jimdoのブログパーツとして記事を書く際に、一つのパーツで画像と文章を書きこむ事が出来る画像付き文章というのがある。

これは左か右に画像を表示させて文章を記述する事で、画像の説明だと認識しやすい、ユーザビリティの高い記事の作り方と言える。

しかし、この画像付き文章が発揮するのはPC表示のみで、スマホ表示は従来と変わらない上に画像が表示され、下に文章がしてしまう形になってしまう。(既存レイアウトによってはスマホでもPC表示同様にできるレイアウトが存在するが、忘れた)

スマホのアクセスが多い昨今、スマホで出来ない場合画像は画像のブログパーツ、文章は文章のブログパーツで作成した方が後から編集もしやすいので、PC表示で出来ているからスマホでもできていると思ってると出来ていない場合があるので気を付けておきたい。

既存レイアウトの細かい設定を変更できない

既存のレイアウトに一味入れたいと思い、サイドバーを右から左に変更したりコンテナの大きさを変更したりする場合、ヘッダー編集を行ってJimdo独自タグで変更する事が出来るが、スマホでは反映されるどころか悪化する場合がある。

例えばHelsinkiというレイアウトがあるがコンテナを少し大きくしたい場合、コンテナの表示を80%に指定したりすることで広げる事が出来るが、スマホ表示で確認するとコンテンツの横幅が狭くなってしまい記事の文章が長くなってしまう場合が出てくる。

これに対してスマホ表示に合わせるとPC表示のコンテナが最初と変わらない場合があるので、コンテナの大きさやサイドバーの左右の有無等を変更する時は気を付けておきたい。(スマホ表示のみでCSSをいじったら出来る?)

(まとめ)Jimdoで気をつけたいポイントは後から気づく

意外とこういう所が自由度ないのか~と感じる所もあってJimdoを使い慣れてから気づくポイントが非常に多い。

始めから自由にサイトをコーディングしたい方は初めからワードプレス等を使用した方がいいかもしれない。

逆にサイトのコーディングの知識がない方は、Jimdoの使い勝手に慣れてくると一風変わったサイト作りが出来るので楽しくブログやサイトを続けていく事が出来るだろう。



スポンサーリンク