クロスバイクのサイコン代わりにruntasticのロードバイクが使いやすい

ロードバイクにクロスバイクを購入後、どれぐらいスピードが出ているのか?距離を図りたいとか色々出てきます。

通常ならサイクルコンピューターを購入してサイコンから距離やスピードを確認するのが定番ですが、クロスバイクならruntasticのロードバイクの方が使いやすいと思います。

runtasticのロードバイクとは?Escape RX3を購入して実際にそれをサイコン代わりに使用している僕が紹介していきます。

 

 

サイコンいらずのruntastic Road Bike

 

このruntasticのroad bikeというのはスマホで配信されているアプリケーションです。

ロードバイクなら出来るだけハンドルにごちゃごちゃと物を取り付けたくない人がいるのでスラっとしたサイコンで見た目を綺麗にしますが、クロスバイクの場合”どこに向かうか?距離はどれぐらいなのか?”の方が気になる人が多いのが事実です。

そこでサイコンにはない機能もruntasticのroad bikeで解決してしまおうというのがクロスバイクで使用する上での目的と言えます。

アプリを起動するとGPS機能が起動し、マップと各情報が表示されるようになります。

ここで仮に走りだそうとするとGPS機能でしっかり追跡してくれるので、”セッションを開始”をタップする事で自分がどこに走っているのか?だけではなく、セッション開始後の時間やスピード、平均スピード、消費カロリー、ペース等様々な情報をこのアプリ一つで管理する事が出来ます。

これが非常に便利なのと表示させる情報は自身で編集する事が出来、例えばダイエット目的としてクロスバイクを始めた人なら消費カロリーの情報を表示させて、何キロのスピードで何キロ走行したらどれぐらいカロリーが消費されたのか?目安として確認する事が出来ます。

スピードに関してもGPS機能で実際のスピードも確認できるので、ペースを乱す事なくクロスバイク、ロードバイクの走行が出来ます。

またケイデンス、心拍数等センサー関連をフレームに搭載させて同期させる事でセンサー関連の情報も簡単に表示させることができるようになります。

サイコンだと画面が小さいので表示に限界がありますが、スマホ画面なので大きく表示されてわかりやすいですね。

セッションを終了させると走った日にちに合わせて履歴が作られていきます。

履歴から詳細を表示する事も出来、統計も勝手に計算してくれるので非常に便利。

仮に目的地が初めての場合でもruntasticのロードバイクのマップが表示されているので、信号待ちでルートを確認したりとサイコン+aの位置づけで使用できます。

 

有料版で更に+

runtasticのロードバイクアプリは無料版と有料版があり、有料版にする事でセンサー関連の解除、パワーソングの選択、オフライン地図が使えるようになります。

そして有料版の一番の特徴がルートをタップする事で、他のユーザーが作ったサイクリングルートを検索してルート設定をする事が出来ます。

仮に”目的地がないなぁ~”となっても他のユーザーのルートにチャレンジできるので、知らない場所でも気軽にサイクリングを楽しむ事が出来ます。

マップから自動的にユーザーが作成したルートが表示されるので、地名などを覚えてなくても直感的にルートを検索する事が出来ます。

また音声フィードバックも解除されます。何キロ毎に情報を音声で案内してくれるので画面を見なくても必要な情報を耳でキャッチできます。

意外と便利なのでルート検索のおまけと考えていてもいいかもしれませんね。

 

Runtastic ロードバイク記録サイコンアプリ

Runtastic ロードバイク記録サイコンアプリ
開発元:runtastic
無料
posted withアプリーチ

 


実際に使ってみるとサイコンいらずで便利

 

runtasticのロードバイクアプリを使って8か月となりますが、便利なのがGPSだけで様々な情報が表示されることですね。

センサー関連はめんどくさいので搭載してませんが、サイコンを購入しなくてもサイコン代わりになってしまっているのが面白いポイント。

地図に関してはサイクリングする上で大事なポイントなので、便利でしかないです。

注意としては、スマホ側に問題があってGPSを受け取れなかった時、セッション時間以外の情報が手に入らなくなることですね。

実際に数回その現象が起きて、時間だけが履歴に残ってしまう(地図も使えない)事になるので、GPSがなくなってしまうと使い物にならないアプリだと感じましたね。

それでもクロスバイク乗りならマップもかねてこのサイコンアプリはおすすめですね。無料版から始めてみてはいかがでしょうか?

また、スマホをハンドルに固定する為におすすめなのがミノウラのスマホホルダーですね。

 

実際にESCAPE RX3で使用していますが、今までスマホががたついたり落ちたりする様な事はなかったですね。

ハンドル取り付け部がアルミで作られているのとスマホを固定するアームが非常に強力なので、長い目で見れば使いやすいと言えるでしょう。

スマホホルダーを用意してruntasticのロードバイクデビューしてみましょう。

 

Runtastic ロードバイク記録サイコンアプリ

Runtastic ロードバイク記録サイコンアプリ
開発元:runtastic
無料
posted withアプリーチ