5万円台で買えるコスパ重視のおすすめロードバイク

クロスバイク、ロードバイク




クロスバイクの5万円台=有名メーカーも購入できる、エントリーモデルに手を出せる等クロスバイクでは一種の基準とされています。

ロードバイクではどうなのか?むしろ5万円以下で購入できるロードバイクはコスパ的にも良いと思います。

なぜ5万円以下のロードバイクがいいのか?おすすめのロードバイクは?ザっと紹介していきましょう。

 

 

5万円台のロードバイク=ドロハンの自転車

 

5万円台のロードバイクとなるとよく言われるのが”ロードバイクではない””5万円ならクロスバイクを購入した方がいい”等、風当たりが強い値段帯を言えます。

というのもロードバイク自体のエントリーモデルは15万円からが標準になっていて、コストを落とした有名メーカーのロードバイクでも10万円からとなっています。

ロードバイク自体値段が高い事から、5万円台のロードバイクを見て安物とかロードバイクじゃない、といった批判になるのでしょう。

 

なぜ5万円のロードバイクはダメなのか?

 

クロスバイクでもそうですが、5万円以下の場合はシティーサイクル、ママチャリに使われている様なパーツを使用してコストを落としている場合が多いのです。

ロードバイクというとロード用のコンポーネントとしてターニー、クラリス、ソラ、ティアグラ、105、アルテグラ、デュラエースといったコンポーネントが使われています。(MTBの場合はDEORE等)

こういったコンポーネントが使われておらず、無名メーカーのであったりママチャリ用のコンポーネントが使われている事が多い=ロードバイクではないと言われる理由とも言えます。

逆に言えば5万円台のロードバイクでも、ロード用のコンポーネントが使われていれば、今後アップデートする事も出来ますしそのままエントリーモデルのロードバイクを購入しても違和感なく乗りこなすことができます。

 

5万円台のロードバイクには様々な理由がある

 

5万円台のロードバイクはイメージ的に言えば”コストカットされた側だけのロードバイクチック””安物買いの銭失い”といったマイナスイメージが先についてしまいがちです。

しかし5万円台のロードバイクには様々な理由があり、逆に言えばなぜ有名メーカーが高い金額で勝負しているのか?

有名になる事で信頼性やどのような製品を使用しているのか?認知度が上がる為に”宣伝広告”を多く使用している事になります。

話が変わりますがゲームソフトの予算が5億円だったとします。その5億円が開発や技術関連に回される費用が大体1億ちょっとと言われていて、残りの4億を宣伝広告費に使用されると言われています。

それぐらい認知度を上げる事が重要視されているのです。となると5万円台のロードバイクの中に”宣伝広告費を削って原価に出来るだけ費用をかけたロードバイクと言われても問題のないもの”が市場に出回っている事になります。

実際に低価格のロードバイクが自転車屋に出回る事が少なく、ほとんどを通販サイトで販売しています。

これは自転車屋に持ち込む際の運送費、置いてもらう時の維持費、そして自転車屋側の売り上げ等を考えると5万円台のロードバイクを自転車屋で販売しても大した売り上げにならないのと通販サイトで販売する事でユーザーの手軽さとか中抜き屋のコストカットが実現して5万円台として販売が成立しているわけなんですよ。

つまり5万円台のロードバイクの中でもイメージを一蹴りする様なロードバイクはあるんですよ。それが今回おすすめのロードバイクになってきます。

 

5万円台のロードバイクの選び方は?

 

上記の問題を踏まえ、5万円台のロードバイクを選ぶ際のポイントが

ロード用コンポーネントが使われているか?(5万円ならクラリスグレードが望ましい)

宣伝広告費に費用が使われていない『走れる』ロードバイクの選定

重量(この価格帯なら10km前後が望ましい)

フレーム素材

となります。

特にフレーム素材については5万円なら

アルミ、クロモリ、鉄

が主に使われるフレーム素材と言えます。各特徴は

アルミ:軽量なロードバイクを作りやすい、振動吸収性がなく乗り心地が硬い反面ペダリングの反応が良い

クロモリ:重たくなりやすいがシャープなロードバイクを作りやすい、振動吸収性が良く乗り心地が良い

鉄:重たい、錆びるが低コストで組み立てられていて他のコストをコンポーネントに回されている可能性がある

です。

正直この価格帯でアルミだろうがクロモリだろうがあまり変わらないと思います。ロングライド(100km以上)走行するのであれば変化がわかる事でしょう。

この価格帯ならフレーム素材よりコンポーネントを先に見る方がいいかもしれません。

先ほども言いましたが有名メーカーじゃない=ロードバイクではない安物というイメージがありますが、5万円のロードバイクの中に宣伝広告費が使われずに素材に費用が回っている『走れる』ロードバイクは必ず存在します。



 

おすすめのロードバイクは?

 

1.アートサイクルスタジオ S550

 

 

大阪に販売店を構えているメイドインジャパンを売りにしているアートサイクルスタジオのS550です。

フレーム素材はクロモリ、メインのコンポーネントがフルクラリス(ブレーキはテクトロ)、ホイールはシマノのハブを使用しながらギリギリ5万円以下を実現していて非常にコスパの高いロードバイクと言えます。

クロモリなのでそこまでガチ感もないのもグッド。アートサイクルスタジオはフレームはそこそこ良いグレードにしてコンポは必ずフルで固めるというこだわりを持っていて、フレームが販売店に届くと一度ばらしてから再組立て、90%の状態でお客様の家に郵送する丁寧な対応で信頼性も高いです。

素材:クロモリフレーム、クロモリフォーク

コンポーネント:クラリス2×8(ブレーキのみテクトロR312)

タイヤ:700×28C

重量:11.9kg

 

2.アートサイクルスタジオ a670

 

上記のアートサイクルスタジオS550より値段が5000円程アップしたモデルa670。

フレーム素材がアルミになり、ブレーキもクラリスにアップグレード、フルクラリスとアルミ素材で入門用にもちょうどいい走れるロードバイクへと変貌をとげました。

アルミの素材も6061アルミとエントリーモデルのアルミ素材と同じアルミを採用、メイドインジャパンで信頼性も確立。

クロモリのロードバイクじゃなくアルミのロードバイクでとりあえずカスタマイズせずフルでシマノ製のコンポーネントが乗っているアルミロードバイクが欲しい人はこの一台がおすすめです。

素材:6061アルミフレーム、アルミフォーク

コンポーネント:フルクラリス 2×8

タイヤ:700×23C

重量:10.3kg

 

3.TOTEM GW-16B410

 

TOTEM(トーテム)は1987年に創業された中国ゴールデンホイールグループの自転車ブランドで、中国自体は自転車大国、中国ゴールデンホイールグループは世界の1/3の自転車のOEMを請け負っている程実績と歴史があります。TOTEMのアルミ技術は無名メーカーの中でも飛びぬけていて、日本工業標準調査のJISに規格をクリアしている程です。

そのTOTEMから出ているロードバイクは価格が4万6千円ちょっととコスパが良く、コンポーネントがクラリス(ブレーキはプロマックス)のフレームがアルミ素材で重量が10.3kgとなっています。

フレームの形もどこかMERIDA,GIANT系のアルミフレームに似ている様な気もしますね。

アートサイクルスタジオのA670との値段差が約一万円あるので、アルミロードバイクが欲しいけどA670の様なクラリスコンポが良いという方におすすめではないでしょか?

素材:アルミフレーム、アルミフォーク

コンポーネント:クラリス(ブレーキはプロマックス)2×8

重量:10.3kg

タイヤ:700×23C

 

4.ANIMATO(アニマート) CRESCENDO

 

値段が45000円程、フレームがアルミでコンポがクラリス(プロマックス)のロードバイクです。

これまでの5万円台のロードバイクとの違いは『走れる』ロードバイクではなく『日常的にも使える』ロードバイクとして設定されていることです。

STIレバーの他にもストレートハンドル部分にサブブレーキが取り付けられていたり、サイドスタンドが標準装備されている等、通勤通学等の日常的に部分からロングライドでもオールラウンドに対応する姿勢が伺えるロードバイクです。

アートサイクルスタジオ同様大阪に販売店があり、アマゾンからの注文なら1年保証もついているのも嬉しいポイント。

Giantのコンデント1にもサブブレーキが使われているように、ロードバイク入門機としてちょうどいい一台となっています。

素材:アルミフレーム、アルミフォーク

コンポーネント:クラリス(ブレーキはプロマックス)2×8

重量:11.2kg(サブブレーキ、サイドスタンド付)

タイヤ:700×25C

 

5.Trinx(トリンクス) DVE1.0

 

トリンクスは中国で販売を展開している中国メーカーで、そのロードバイクのDVE1.0はびっくりするほどのコスパロードバイクです。

フレームは6061アルミでフォークがなんとカーボンフォークとなります。

カーボンフォークというとロードバイクなら15万円くらいから装備されている様なフォークをトリンクスのDVE1.0は5万5千円ちょっとで装備しています。

コンポーネントもクラリスを装備(ブレーキがテクトロ、フロントクランクがBB一体型)とカーボンフォークとクラリスだけみてもコスパの高さがうかがえます。

そして重量は圧巻の9.9kg、ケーブルはフレーム内装式でもあり今までで一番軽量です。

素材:6061アルミフレーム(ケーブル内臓式)、カーボンフォーク

コンポーネント:クラリス(ブレーキはテクトロ、フロントクランクBB一体型)

重量:9.9kg

タイヤ:700×25C

 

6.TRINX(トリンクス) SWIFT1.0

 

上記のトリンクスのDVE1.0のダウングレード版のSWIFT1.0です。

フレームは6061アルミにアルミフォークとなり、コンポーネントがターニーにダウングレード(ブレーキはWinZip、フロントクランクがプロマックス)された代わりにディープホイールを使用して値段が42000円程で販売されています。

フレームのケーブル内臓式なのが魅力的ですが、トリンクス=カーボンフォークのコスパとして考えるとSWIFT1.0よりもう少しお金を出してアニマートかTOTEMを購入した方が良いでしょう。

素材:6061アルミフレーム(ケーブル内臓式)、アルミフォーク

コンポーネント:ターニー(ブレーキはWinZip,フロントクランクはプロマックス)

重量:10.8kg

タイヤ:700×25C、ディープホイール

 

意外と『走れる』ロードバイクはある

 

5万円台のおすすめロードバイク、いかがだったでしょうか?宣伝広告費などを省いて商品にコストをかけている5万円台のロードバイクは『走れる』ロードバイクといっても良いでしょう。

もちろん通販となる為、点検調整は必須になりますが、コスパを考えれば気軽に使えますしロングライドも楽しめるんじゃないでしょうか?

5万円台のロードバイクから初めて、最終的にはエントリーモデルのロードバイクを買うのも良いですし、5万円台のロードバイク=手軽さ、雑に使えるのが魅力的でもあるので、購入を検討してみてはいかがでしょうか?もちろん調整は必須ですよ!!