フリーランスの僕がリクルートカードを作った理由

クレジットカードの発行する時に、色々な会社からクレジットカードが発行できますよ!!ってサービスを行っていますよね。

最近ならスーパーのクレジットカードまで登場し、クレジットカードの存在はより身近なものとなってきました。

で、フリーランスの僕が今回リクルートカードを作成しました。なぜリクルートカードなのか?フリーランスからみたリクルートカードが得する部分などを紹介します。

 

 


フリーランスの強い味方?!リクルートカード

リクルートが発行しているクレジットカードがリクルートカードです。

発行できる会社はVisa Jcb MasterCardの三種類あります。

まあなぜフリーランスの僕がリクルートカードを発行したのか?

 

フリーランスの僕がリクルートカードを発行した経緯

 

最初に言いたいのがリクルートカードを発行する前にクレジットカード自体は持っていたんですよ。

それは『プレミアムバンダイ三井住友VISAカード』、ポイント還元率は1%でプレミアムバンダイで使用すると2%つくという『スタンダード』なクレジットカードです。

このプレミアムバンダイVISAカードですが、当時僕自身はアイドルマスターにハマっていてどうにもライブ関連の商品を購入する時に少しでもポイント還元したい!!という想いからクレジットカードの発行に進んだわけです。

 

アイドルマスターにハマって3年後の今、正直飽きた….というかプレミアムバンダイでアイドルマスターの商品数が著しく悪くなった…..という事で携帯電話の料金等をクレジットカードで支払っていたので他の代替が出来るクレジットカードを探していたんですよ。

そこでリクルートカードに出会いました。

 

PBVISAカードとリクルートカードを比較

 

経緯の続きですが、リクルートカードに出会い『じゃあプレミアムバンダイVISAカードとリクルートカードどちらが得出来るのか?』比較する様になりました。

まずプレミアムバンダイカード

  • 通常の買い物 1%
  • プレミアムバンダイでの買い物 2%
  • ポイントは全てプレミアムバンダイで使用可能

プレミアムバンダイの商品に魅力があって使用するなら問題ないですが、通常で使用する分には物足りないですね。

特にプレミアムバンダイ以外で使えないのはデメリットそのもの。アイドルマスターに飽きてしまった僕からしたら蛇足になります。

そしてリクルートカード

  • 通常の買い物 1.2%
  • じゃらん、ポンパレモール、ホットペッパービューティー 4.2%
  • じゃらん予約 2%(リクルートカード決済で3.2%)
  • リクルートが運営しているじゃらん、ポンパレモール、ホットペッパービューティーでポイント使用可能
  • ポイントをPontaに交換可能

ポイント還元率も高く、あえていうならアイドルマスターではなくクロスバイクにハマり始めた僕としてはじゃらんをポイントで支払う事が出来るのが最もなメリットと感じられます。

最悪じゃらん等に使わなくてもPontaポイントにかえられるので、プレミアムバンダイの様にポイントを渋る事もなさそうです。

またプレミアムバンダイは年会費がかかるが、リクルートカードは年会費無料な部分も発行する理由になりますね。

 

フリーランス目線から見るリクルートカードの魅力

 

ポイント還元率は良いがフリーランスの方々が口をそろえて『リクルートカードにしとけ!!』という理由にはならない。

ではフリーランスの僕がリクルートカードが魅力的と感じた部分はどこにあるのか?

 

魅力に感じたのは、ナナコとの連携を行う事でフリーランスで得するカードの出来上がりになると思います。

 

ナナコとの連携でお得にポイントゲット

 

セブンイレブン、イトーヨーカドー等で使えるナナコ。

ナナコの一番の魅力は『税金関連が支払える』事です。これ未だに知らない人も多く、通常なら年金、住民税、健康保険料とかをフリーランスの方なら現金で支払ったり口座振替で支払っていると思います。

 

しかしナナコで支払えるとなるとナナコ=チャージ式のカードでインターネットからなら対応する”クレジットカード”で現金をチャージする事が出来ます。

しかし問題があり、リクルートカードでナナコにチャージする場合、3万円以上はポイントが付きません。

という事は3万円分はリクルートポイントが付く事になります。

仮に3万円チャージすると、30000円×1.2%=360Pのポイント還元となります

 

これを言わば毎月活用するとして、12か月×30000円=360.000円×1.2%=4320ポイントの還元となります。

ただただ税金を支払うだけで年間4320ポイントなので、非常にお得ですね。

フリーランスなら自分自身で休みを予定出来るので、貯まったリクルートポイントを使用してじゃらんで温泉旅行を計画してゆったりくつろぐ事も可能です。

 

ナナコ以外でも活用の場を設ければ更にポイント還元

 

税金を支払いたいがために発行したリクルートカードですが、税金以外にも携帯電話料金、水道光熱費、AMAZON等の買い物等に使用する事で更にポイントを還元となります。

 

大体ですが、一年通してリクルートカードを使うと僕の場合はポイントが1万弱ポイント貯まる計算です。

1万ポイントあれば、じゃらんで余裕のある温泉旅行だって行けますし、残ったポイントをPontaポイントに変換して旅行先でPontaポイントで買い物をしたりと様々な用途に使えます。

フリーランスならリクルートカードを持っていて損はないんじゃないでしょうか。

 


(まとめ)

 

フリーランスの僕がリクルートカードを作った理由、いかがだったでしょうか。

最終的な発行理由が既存のクレジットカードのポイント体制の不満と、旅行サイトで使用できる、税金を支払える、が大きなキーマンとなりました。

クレジットカードの発行は普通に考えればガンガン発行する様なものではないですが、旅行好きな方、フリーランスでお得に税金を支払いたい方等にはちょうどいいクレジットカードではないでしょうか。

年会費無料なので、とりあえず発行だけでも検討してみてはいかがでしょうか?

なおフリーランスが審査に通るのか?も検証しているので、よかったら見て行ってください。

フリーランスの僕がクレジットカードを申請したら審査は通るのか