フリーランスの僕がリクルートカードを二枚持ちを始めた理由

新しいクレジットカードを発行したいなぁ…..と思いリクルートカードを申請して発行したわけだが、二枚持ちになってしまいました。

フリーランスの僕がなぜクレジットカードの審査をクリアしてリクルートカードを二枚持ちを始めたのか?その経緯と二枚持ちを行う上でのメリットやデメリット等を紹介します。

リクルートカードを二枚持ちした経緯

最初に言いたいのが、リクルートカードを二枚持ちする気はなかった という事です。

リクルートカードを発行する前から持っているプレミアムバンダイVISAカードの代わりとして発行する目的として行いました。

というのもプレミアムバンダイVISAカードのポイント還元はプレミアムバンダイサイトでしか使えないのと、欲しい物がなくなった(アイマスに飽きた….)のでリクルートカードを発行する事となりました。

しかし、なぜかリクルートカードの二枚持ちとなりました。

 

JCBに申請するも…..

 

リクルートカードを発行する時、JCBカードで発行しようと思いました。

JCBカードはETC発行手数料、クイックペイ発行手数料が無料、日本の企業という事もありJCBカードで申請したんですよ。

 

しかし、審査が長い…..というより長い=審査に落とされたんじゃないのか?と妄想すら始める程でした。

インターネット経由で確認できる審査結果のパスワードを忘れてしまったのと、長期間の審査だった事もあり『落ちたのだろう』と確信。

 

ここでVISA側のリクルートカードを申請。すぐに審査は通りリクルートカードVISAが到着。

 

その次の日にJCBから電話で本人確認、審査をクリア。僕の落ちたと思っていた事が裏目に出て二枚持ちとなってしまいました。

逆に言えば、二枚持ちで良かったんですよ。二枚持ちになった経緯は微妙だが、二枚持ちをする上でのメリット、デメリットをフリーランス目線で見ていきましょう。

なお審査についてはこちら。

フリーランスの僕がクレジットカードを申請したら審査は通るのか

 


リクルートカード二枚持ちのメリット

 

まずはメリットから。紹介するメリットはあくまでフリーランス目線で、社会人はメリットの一部しか得られないと思います。

 

ナナコの連携で6万円分ポイント還元する事が出来る

電子マネーにチャージする際、クレジットカードを使用する事でクレジットカードのポイントを獲得する事が出来ます。

この方法を使用してナナコにリクルートカード経由でチャージをする方法だが、リクルートカードの規定上

  • リクルートカード一枚=電子マネーに3万円までポイント付与される

事になっています。言い換えれば3万円以上のチャージはポイント付与されない事になります。

これは毎月合算3万円までという意味で、例えばナナコに2万円チャージ、楽天edy等の電子マネー2万円チャージしても合計4万円となるので1万円分のポイントは還元されない様になります。

 

このポイント還元の無駄を解消する方法が二枚持ちです。

二枚持ちをする事で毎月6万円まで電子マネーにチャージでポイント還元する事が出来ます。

リクルートカードのポイント還元率は1.2%。

つまり毎月6万円入れておけば毎月720ポイント獲得する計算です。

 

一枚だけだと毎月360ポイントですが、二枚持ちならその倍ポイントを獲得する事が出来ます。

ナナコというと自動車税、健康保険料、国民年金、住民税等、税金関連をナナコ支払いする事が出来ます。

もう言いたい事はわかりますね?ナナコ経由で税金関連を支払う=リクルートカードでチャージ=ポイントウハウハとなります。

 

出張用、プライベート用等切り替えが行える

VISA,JCBの大きな違いは

  • ETC発行手数料、クイックペイ発行手数料

です。VISAの場合はクイックペイが発行できず、ETC発行手数料1000円かかってしまいます。

JCBは逆にクイックペイの発行、ETC発行手数料が無料です。

 

となると社会人でもそうですが、車で出張に行ったり旅行に行ったりクイックペイが利用できるスーパーやコンビニを利用する=JCBカードを利用。

通販の買い物、高級な料理店の外食費等=VISAのリクルートカードを利用。

プライベート用、仕事用、出張用等々様々な用途に合わせて切り替えてリクルートカードが使える様になります。

 

用途の切り替えをしてもポイント自体は一つに集約されるので、知らない内にポイントを貯める事が可能です。

 

獲得したポイントは様々なサービスに活用

 

フリーランスなら人生楽しみたいし、社会人ならガス抜きが大事。

リクルートカードならポイント分を宿、ホテル予約サイト、じゃらんで利用する事が出来ます。

じゃらんで利用する=温泉旅行や観光がお得にできる事になります。これが二枚持ちなら税金関連、水道光熱費、携帯電話料金等を支払えば毎年一度は温泉旅行や観光が楽しめる程ポイントが貯まる事になります。

 

じゃらんのみならず、通販サイトポンパレモール、ホットペッパービューティーにもポイントが利用できるので、ポンパレモールを利用している人や散髪代を浮かしたい人にもおすすめ出来ますね。

 

リクルートカード二枚持ちのデメリット

 

メリットがあれば、二枚持ちにもデメリットはあります。あなたの生活に合わせて参考にしてください。

 

管理が面倒すぎ

 

例えばプライベート用と仕事用で切り替えて使っていても、リクルートカード自体の見分けはVISA、JCBが描かれているだけなので自然に使用していると確実にどこかで間違えて支払っているパターンが出てきます。

二枚持ち特有の悩みとも言えます。管理が面倒です。VISAのサイトのパスワード、JCBのサイトのパスワードで同じにできませんし。

セキュリティ面でも甘くなる傾向にあります。盗難、紛失しても気づきにくいと思います。

 

ナナコ利用にはナナコ二枚持ちも考えるべき

 

ナナコで税金関連を支払う為に、リクルートカードでチャージしてポイント還元…..するのは良いですが、ナナコの二枚持ちも考えていかないといけません。

 

ナナコにクレジットカードでチャージする時、登録できるクレジットカードは一枚だけになります。

裏技的に一枚目のリクルートカードを登録=チャージ、クレジットカード情報を変更して二枚目のクレジットカードを登録=チャージを行えば一枚のナナコに6万円チャージする事が出来ます。

 

しかし、この方法だと登録したクレジットカードでチャージする為に24時間後に反映されるので待たないといけないし、どちらでチャージしたのか確認しておかないと間違えてチャージ=ポイント付与されず、といった問題も出てきます。

いちいち切り替えが面倒なので、リクルートカード二枚持ち=ナナコの二枚持ちも考えておかなければなりません。

 

(まとめ)

 

フリーランスの僕がリクルートカード二枚持ちにした理由、いかがだったでしょうか。

正直な話、たまたま二枚持ちになったが税金関連の事を考えると良かったのかな?と考えています。

実際税金は住民税、年金、健康保険料だけでも3万円超えてしまうので、二枚持ちにしてナナコに6万円分チャージすればポイントを漏れなく獲得する事が出来ます。

フリーランスの方なら二枚持ちを考えてみてもいいんじゃないでしょうか?



error: Content is protected !!