リクルートカードのVISA,JCB,MaterCard比較、どれがおすすめ?

リクルートカードを発行する時、VISA,JCB,MasterCardの三種類から一つを選択して申請し審査を終え発行される流れとなります。

発行する時に意外と違いがあり、会社によってサービスも違います。

そこでリクルートカードを発行する時、VISAかJCBかMasterCardを比較、各会社のここがおすすめできる部分を紹介します。

 

JCB,VISA,MasteCardの共通点

違いもあれば共通点もあります。

まずMaterCardは2017年1月23日から発行可能となり、リクルートカードの中では新しめ(珍しい?)のクレジットカードとなります。

以前まではVISA,JCBの二つだけだったのがMasterCardでのリクルートカードの利用も可能となりました。

そしてこの三つの共通点はリクルートカードの内容通り

  • カードご利用でポイント還元率1.2%
  • 年会費無料
  • 貯めたポイントはPntaポイント変換、じゃらん、ホットペッパービューティー、ポンパレモールで使用可能
  • ポンパレモールで全品3%還元、クレジットカード決済で4.2%還元
  • じゃらん予約で2%還元、クレジットカード決済で3.2%還元

となります。

ポイントには有効期限はなく、Pontaポイントに変換するとPonta有効期限1年が適用されます。

リクルートカード1ポイント=Ponta1ポイントに変換できるのでPontaカードを良く使う人にはおすすめ出来ますね。

 

リクルートVISAカード概要

 

VISAと言えば、利用可能店舗が非常に多く世界中で使えるので海外旅行を行く人はVISAを持っていれば困らないとも言われています。

発行元はUFJニコス、UFJニコスというと審査基準が緩いクレジットカード発行会社とも言われていて、僕自身発行する時、フリーランスながら申請後次の日で審査をクリアしました。

フリーランスの僕がクレジットカードを申請したら審査は通るのか

即座にリクルートカードを作成したい場合、JCBよりもVISAの方が圧倒的に早いです。

なおVISAの発行元がUFJニコスなので、中国で使用できるUFJ銀聯(ぎんれん)カードを発行できます。

 

リクルートJCBカード概要

 

JCBが発行元となるリクルートカードです。

JCB=日本の企業となり、審査面ではVISA、MasterCardよりも厳しめです。(だがフリーランスの僕でも審査をクリアしました)

JCBと言えばディズニーとも提携していて、リクルートカードだとあまり関係ないかもしれませんがディズニーランドではJCB関連のキャンペーンや特典を行っている場合もあります。

 

リクルートMaster Card概要

 

発行元はVISAと同じUFJニコスです。という事は『サービス内容はVISAと変わりなし』になるのがMaster Cardです。

しかしVISAに次ぐご利用店舗数シェアがあり、MasterCardは世界210か国、4000万店舗以上でご利用可能です。

VISA同様に海外旅行もするよ!!って方はMasterCardもいいのでないでしょうか。

MasterCardもUFJニコスが発行元なので、VISA同様にUFJ銀聯カードを発行できます。

 


MasterCard,JCB,VISAの違い

 

この三種類は電子マネーや発行手数料等、違いがあります。

あなたに合ったリクルートカードの発行元を選ぶ必要があります。

 

電子マネー

 

  • MasterCard nanaco/楽天edy/モバイルSUICA/SMART ICOCA
  • VISA nanaco/楽天edy/モバイルSUICA/SMART ICOCA
  • JCB nanaco/モバイルSUICA

主な違いはJCBは楽天edy、SMART ICOCAに電子マネーをチャージする事が出来ず、MasterCard、VISA共にチャージ可能となります。

SMART ICOCA=西日本をメインとしているサービスなので、西日本で電車を利用する方はVISA、MasterCardのどちらかを発行した方が無難です。

なお毎月の電子マネーチャージの上限は

VISA,MasterCard=20万円

JCB=人によって変動

となります。

 

ETCカード

 

  • VISA=手数料1000円 年会費無料
  • MasterCard=手数料1000円 年会費無料
  • JCB=手数料無料 年会費無料

JCBのみ手数料無料でETCカードを発行する事が出来、VISA,MasterCardは手数料1000円かかってしまう事になります。

車を良く使う方ならJCBで手数料無料でETCカードを作成した方が良いでしょう。

 

Payment

 

  • MasterCard ApplePay/AU WALLET
  • VISA ApplePay/AU WALLET
  • JCB Quicpay

JCBはau Wallet、Applepay共にチャージする事が出来ませんが、手数料無料でQUICPAYの発行を行う事が出来ます。

QuicPayに関してはVISA,Mastercard共に発行する事が出来ません。JCBにとって大きなメリットと言えます。

そしてVISA,MastercardでApplePay、Au Wallet共にチャージ可能ですが、VISA,Mastercardで内容が異なります。

AU WALLETへのチャージの場合どちらもクレジット・チャージ可能(ポイントは対象外)でauかんたん決済でのチャージの場合ポイントが付与されます。

 

注意したいのがApplePay、MasterCardの場合ネットやアプリ決済、WalletアプリでのSUICAチャージを行う事が出来ます。

しかしVISAはApplePayにチャージ出来るが、ネットやアプリ決済、Walletアプリでのチャージを行う事が出来ません。

使いやすさで言うとMasterCardに軍配あり、JCBのみのクイックペイも魅力的です。逆にVISAは内容全てMasterCardにかぶるので旨味はあまりないと考えていいでしょう。

 

VISA,MasterCard,JCBどれがおススメ?

 

電子マネーの取り扱いやPaymentの違い等、特にVISA,MasterCard/JCBの二つに分かれているといっても良い程違いが現れています。

ではどれがおススメとなるのでしょうか?

 

西日本住みならVISA,MasterCardが無難

 

SMART ICOCA,楽天Edyにもチャージ可能なVISA,MasterCardのリクルートカード。

西日本=JR西日本=SMART ICOCAの利用が多くなるのと、ApplePayのチャージも行えるので、西日本住みの方ならVISAかMasterCardが無難じゃないでしょうか。

 

余談ですが、一応JR西日本でもモバイルSUICAは利用可能です。

しかしチャージ方法が親切ではありません。実際にJR西日本でモバイルSUICAのチャージを行おうとすると『セブンイレブンでお願いします』と言われます。

つまり駅でチャージできません。仮にクレジットでチャージし忘れてしまった日にクレジットカードを持ち合わせてない時にモバイルSUICAだと対応に困ると思います。

 

東日本ならJCBでもOK

 

楽天Edy,SMART ICOCAのチャージが出来ない代わりにクイックペイが利用できるJCB。

東日本=JR東日本がメインとなるのでモバイルSUICAにチャージ可能、クイックペイの手軽さがあるJCBでもOKでしょう。

Apple Payにはチャージ出来ないので、その辺はあなたの生活スタイルでVISAにするかMasterCardにするか決めても良いでしょう。

 

ApplePayを利用するならMasterCard一択

 

ApplePayで公共交通機関や買い物を済ましている人はMasterCard一択です。

MasterCardのみネットやアプリの決済、Walletアプリでのチャージが可能なので、ApplePayがほぼメインとなっている人はMasterCardで決まり。

 

車を多く使うなら…..

 

車での移動が多い人だとETCの発行手数料が無料のJCBをすすめたいが、手数料1000円払えばVISAもMasterCardもETCカードを発行する事が出来る為、電子マネーやPayment関連を参考にして1000円支払う価値があるかどうかで決めた方が良いでしょう。

 

JCBでETCカードを無料発行しても、SMART ICOCAも良く使うとなるとチャージできないので、電子マネー、ApplePayは必ずチェック。

 

(まとめ)

 

電子マネー

  • MasterCard nanaco/楽天edy/モバイルSUICA/SMART ICOCA
  • VISA nanaco/楽天edy/モバイルSUICA/SMART ICOCA
  • JCB nanaco/モバイルSUICA

Payment

  • MasterCard ApplePay/AU WALLET
  • VISA ApplePay/AU WALLET
  • JCB Quicpay

ETC

  • VISA=手数料1000円 年会費無料
  • MasterCard=手数料1000円 年会費無料
  • JCB=手数料無料 年会費無料

という結果となりました。簡単に言えばMasterCardにするかJCBにするかで選ぶ事になると思います。

リクルートカード自体どの発行元でも年会費無料なので、あえて二枚持ちして使い分けするのもおすすめです。

ポイント還元が美味しいリクルートカード、検討してみてはいかがでしょうか?

フリーランスの僕がリクルートカードを二枚持ちを始めた理由



広告
error: Content is protected !!