ブラックじゃない飲食店に就職する方法はあなたのスキルにあった?!

業界のほとんどの企業がブラック企業と呼ばれる飲食業界。

その中でブラックじゃない飲食店を見つけ出すのは非常に難しいし、一度入社してしまうと中々辞めさせてもらえない過酷な仕事と言えます。

 

ブラックじゃない飲食店、存在するのかどうかがありますがブラックじゃない飲食店に就職する方法とは。

 

 

ブラックじゃない飲食店はあるの?

 

結論から言うと、ブラックじゃない飲食店はありません。

こちらでもブラックじゃない飲食店がない事を紹介しています。

 

しかし、あくまでブラックじゃない飲食店はないと断言した理由は

  • 有給休暇消化率
  • 残業時間
  • 待遇の満足度

であって、福利厚生やその他諸々には触れていません。

いわゆる一般受けする部分(残業、有給休暇)に基づいてブラックじゃない飲食店はない。と断言しているだけです。

 

となると福利厚生などを考えたブラックじゃない飲食店はあると思います。

てか、なぜそもそも飲食業界はブラックになるかご存知でしょうか?

 

なぜ飲食業界はブラックと呼ばれるのか

 

凄くシンプルな話です。

  1. 技能を持たない人でも入社できるハードルの低さ
  2. 重労働、休みが少ない=どんな人でも仕事をやり遂げるわけではない
  3. 残った根性のある人が残り、優秀な人材及び何も出来ない人材が姿を消す
  4. 残った人材で組織化、重労働、休みが少ない、サービス残業が当たり前、デフォルトになる
  5. 人材が少なくなる=1に戻る

このスパイラルを繰り返しているからです。

残った人材が労働環境を変えようとしない&変えようとしなかった結果消費者もそれが当たり前+更に要求が大きくなるからです。

 

誰でも入社出来るハードルの低さに対し、入社した後が大変なら当然そこで何も文句を言わない、それが当たり前だと考える人しか残らないでしょう。

 


ブラックじゃない飲食店に就職するには

 

ブラックじゃない飲食店に就職するにはいくつかの条件があると僕は考えております。

主な条件としては

  • 専門性を高める
  • 入社ハードルの高い飲食業を選定
  • 労働環境整理と面接で聞く事

です。

入社ハードルが低い飲食業界の中でも選定するからこそ、ブラックじゃない飲食店に巡り合う可能性もあります。

 

専門性を高める

 

飲食店の入社ハードルが低い理由は

人手不足

技能を持たない人でも入社できる

事です。

つまり、資格やスキルを持っていない人でも入社する事ができるという事です。

といっても飲食店の店長クラスになると調理師免許を持っていたり、衛生管理者の資格を取得している人もいます。

 

しかし、こういった資格は入社後、なるべくしてなった取得方法であり、必要になって会社の命令で取得した資格になり入社ハードルが変わるわけではありません。

 

となると、初めから資格及びスキルを要する飲食店に入社する事=ブラックじゃない飲食店につながる要因となりますし、入社ハードルが高い=使えない人材が少なくなります。

 

資格及びスキルを要する飲食店がなぜブラックじゃないかもしれないかと言うと、

資格分の手当てが付与されている

入社ハードルが高い=人材が貴重なので一人当たりの給料が通常の飲食業界よりも高い

となります。

例えばドラッグストアのアルバイト、薬剤師の免許を持っているアルバイトと何もスキルを持っていないアルバイトの二種類の労働がありますよね。

 

当然薬剤師の免許を持っている人の方が存在価値、取り扱える薬品が違うので時給も給料も高くなります。

逆にスキルを持っていないアルバイトは薬剤師と比べると時給は安いですし、どちらかというと体を動かして働く様な労働が多くなります。

 

こういった資格の価値が飲食店にもあり、取得していないと入社出来ない会社も存在します。

 

どういった資格を取得すればいいのか

 

どういったジャンルの飲食業で働きたいのか?で変わってきます。

個性を出せる資格及び国家資格を取得する事でブラックじゃない飲食店に入社できる可能性が高まります。

  • 管理栄養士
  • ワインソムリエ
  • バリスタ

等です。

 

管理栄養士なら国家資格として存在価値があり、飲食店のみならず給食、病院の食堂や介護施設での献立等々、自ら手を出す必要も無くなる場所も出てきますし定時で帰られる場所に働き始める事も可能です。

 

管理栄養士は介護施設等では『管理栄養士を雇い、おくこと』が必須条件となっているので一定の需要があります。

一括りしてしまうと飲食に関連するものだが、飲食店よりワンランク上の職場で働けます。

 

ワインソムリエは専門家資格で、お洒落なバーやセレブしか相手にしない飲食店等、客単価の高い店で『ソムリエ募集』をしている事があり、あなたの個性とソムリエの技術を高く評価される事になります。

 

羽根を広げればホテルの高級レストランでも働く事が出来るようになるので、スキルを持っていない人の入社する飲食店よりも客単価の高い、丁寧で気品のある職場で働けます。

 

どちらも資格となるので、例えば今ブラックな飲食店で働いていたとしてもコツコツ勉強すれば取得できる可能性は充分あります。(管理栄養士は国家資格で難易度が非常に高い)

 

その他にも沢山の資格が必要とされる、需要があり飲食店で働く上で『○○募集』という職場もあります。

まずは資格を取ることから始めるのも良いでしょう。

入社ハードルの高い飲食業を選定

 

資格を取らなくても『入社ハードルが高い飲食業』があります。

それは実技何年経験等を記載している企業です。

 

飲食業の大半が中途採用でも経験不問の場合が多く、スキルを必要としません。

入社ハードルが高い飲食業は何年経験者募集という”本当に必要な人材”を募集している会社も多いのです。

 

あなたがもし飲食業で働いているなら大きなチャンスですし、さらなるスキルアップにもなります。

 

しかし転職サイトで採用条件を逐一確認していくのは非常に大変な作業ですし、何より探している自分自身が『めんどくさいから見つけた良い条件の会社からかけていこう』って妥協しかねません。

そこで、こちら側が探すのではなく『あなたにあった優良企業』を探してくれる飲食店専門転職サイト、エフジョブを利用する事で

転職を考えているけど、とりあえず仕事しながら探してあったらいいな

就職活動中で、企業からアプローチしてもらって企業からではなくこちらから質問して優良企業を探したい

検索するという手間を省けるので非常に便利です。

労働環境整理と面接に聞く事

 

資格をとらず、実務経験がいるハードルの高い職場を選ばないとなるとあなた自身が努力して”徹底的に労働環境が良い会社”を条件として探していくしかブラックじゃない飲食店にたどり着く事が出来ません。

 

ここで知っておきたいのが『必ず妥協点を探す』事です。ある程度自分にあった労働環境が洗い出し出来ると似たような条件を出している企業は必ずいます。

 

その中で『妥協点』を探さないとブラックじゃない飲食店に転職、就職どころか面接にすらたどり着けません。

 

ポイントとしては

  • 完全週休二日制
  • 有給休暇はいくらあるか
  • 年間休日はいくらあるか
  • 転職サイトの実労働時間は当てにしない(絶対守らないので)

です。

年間休日、週休二日制以上は必ず確認しましょう。特に年間休日=転職サイトでも嘘を公表できないので目安に。

有給休暇はあまり期待できませんが、一応目安として確認しましょう。

実労働時間は転職サイトだと非常に盛った内容(労働基準法に合わせる為)なのでこれに関しては面接をしてみないとわかりません。

後は福利厚生の記載は必ずチェック。

 

離職率、継続勤続年数は”面接”の時に必ず聞く事にしましょう。

飲食業界=1年勤続出来る人は稀です。僕が8年働いていた場所でも同期の新入社員15人の内1年以内に退職した数は10人、つまり僕合わせて5人しか同期がいない状況でした。

 

なので1年以内に退職者がどのぐらいいたのか?面接で聞くと良いでしょう。

飲食業界にのみ特化したサービスを使わないと損します。より良い労働条件の飲食店が見つけてみましょう。

まだ損する転職活動で消耗してるの?

非公開案件800件以上、年収500万円以上の求人可能!

入社お祝い金最大30万円/内定お祝い金最大3万円制度実施!!

賢い人はもう使っている、東京でお得に飲食店の転職ならH Agentで決まり!



全国対応!!飲食店でキャリアアップを目指したい!

好条件の転職活動ならエフジョブでワンランク上の実績を



 

error: Content is protected !!