JimdoとWordPress比較、実際に使って分かった良い点と悪い点

  • 2018年9月9日
  • 2019年5月25日
  • jimdo

クラウド式ホームページ作成サービスのJimdoとWordpress。

JimdoはFree,Pro,Businessと触り、Wordpressもガッツリと使ってきました。

そこでJimdoの良い部分と悪い部分、Wordpressの良い部分と悪い部分、それぞれの違いを比較してみました。

 

 


Jimdoの良い点、メリット

 

まずはドイツのホームページ作成サービス、Jimdoから見ていきます。

僕はJimdoをFreeをはじめ、Jimdo Pro,Jimdo Businessを通算2年(2018年9月)使用してきました。

 

HTML,CSSを知らなくてもWebデザイナー顔負けのサイトが作れる

 

ウェブサイトを作成する時、背景の設定や見出しの装飾、文字色等運営し始める前にHTMLやCSSでホームページの編集を行う必要があります。

編集しなくてもホームページは作れますが、地味だしありきたりなウェブデザインのまま運営する事になります。

 

かといってHTML,CSSの編集方法を知らない…..そんな知識のない人でも簡単にホームページデザインを編集できるのがJimdoの強みです。

ドラッグ&クリックだけのシンプルな編集で簡単に背景や見出しの色などを変える事が出来ます。

 

WordPressでも場合によってはHTML,CSSを編集しないといけない場合もあるので、Jimdoなら難しい顔せずに編集できます。

 

全てのデバイスに自動的に最適化されるレイアウト

 

スマホやPC,タブレット…..デバイスによって表示する画面の大きさや表示される方法が異なります。

稀にブログやホームページでもスマホの表示が最適化されていないのがあり、横にスワイプ出来たり文字がはみ出てしまっていたり、縦横比がおかしいホームページがあります。

 

これだとユーザーは記事を読む事ができませんしアクセスしてもすぐブラウザバックされてしまいます。

しかしJimdoが提供するレイアウトは全て最適化が行われていて、スマホでもPcでも見やすくなるようになっています。

という事はJimdoを利用する人が最適化する為にコーディングする必要がなく、ユーザーもホームページに訪問した時に『見にくい』という理由で直帰される事がなくなります。

 

有料プランならメールアドレスが取得できる

 

JimdoFreeは言ってしまえばどのホームページ作成サービスでもありがちなお試し系のホームページ作成だが、有料プラン(ProorBusiness)に変更すれば独自ドメインのみならず専用のメールアドレスを取得する事が出来るようになります。

 

これ、意外と重要で例えばGmailやヤフーメールを取得してホームページのお問い合わせに連絡できる方法として設置したとします。

 

お問い合わせが返信された側はGmailとかだと認知性がなければ『スパムかな?』と思っちゃったりするんですよ。

もしも個人事業主や企業の方のお問い合わせ先がGmailだったらどう思います?信用がないなぁと思いませんか?正直僕はJimdoの専用のメールアドレスで助かっている部分もありますよ。

 

WordPressで取得する時は別途月額がかかります。

 

専用のメールアドレスの他にメールサーバーもプラン内容に入っているのでよりプロフェッショナルなホームページが作成できます。

 

ネットショップをパパっと開店できる

 

無料プランでもネットショップを始められる様になっているのはJimdoだけです。

ネットショップを始める!!となるとWordpressだとネットショップの支払い方法やカートなどのソフトをインストールしたりHTML,CSSを編集して使える様にします。

 

始めるとなると手間や時間がかかってしまいます。しかしJimdoなら簡単にネットショップが始められました。

Jimdoには元々ネットショップ関連の機能が標準で搭載されており、難しい操作なしでネットショップをすぐ始められます。

 


Jimdoの悪い点、デメリット

 

WordPressに出来て、Jimdoには出来ない悪い点もあります。

気にならない所もあれば『Jimdoはずっと使えないのか?』と思う部分もあります。

 

用意されたレイアウト以外使えない

 

WordPressだとテーマをダウンロードしてインストールする事でそのレイアウトに変更して+aでレイアウトを編集する事が出来ます。

JimdoだとJimdoが開発、用意したレイアウト以外をインストールして使う事や用意されているレイアウトを根本的に編集する事が出来ません。

 

サイドバーを左から右に変更やコンテナの大きさなどはJimdoなら専用のタグをヘッダー編集に挿入する事で変えられるが、レイアウトのデザインは変更できません。

 

また、Jimdoでは独自レイアウトといった完全にHTML,CSSをいじって自分の好きな様にデザインを編集するレイアウト方式も出来ますが、ここでも一定以上の編集が出来なくなっている為、根本的にHTML,CSSでコーディングしたり納得いくまでレイアウトをこだわりたい人は不満が出る可能性があります。

 

レイアウト以上の機能を追加できない

 

Jimdoの既存レイアウトに含まれる機能の他の機能の追加をする事が出来ません。

例えば”パンくずリスト”Wordpressならテーマの中に必ずといって良い程搭載される機能だが、Jimdoには標準でついているレイアウトとついていないレイアウトがあります。

そしてパンくずリストがついていても項目としては”ブログテーマ”の項目のみです。

 

その他にもカテゴリーやタグを表示する事が出来なければ、サイト内検索はBusiness利用者のみ(グーグル検索設置可能)、新着記事一覧を表示しようとするならRSSフィードで表示させないといけません。

 

痒い所に手が届かない、気にならないけど気になる機能が追加できません。

 

データのバックアップ機能がない

 

Jimdoはクラウド式ホームページ作成サービスとして運営しています。

サーバーはあるもののバックアップ機能がありません。よってバックアップを行う場合オフラインバックアップやJimdoが推奨しているバックアップ方法を行わないとデータをバックアップできません。

 

例えばサーバー移管を行う際に、バックアップ機能がない為に手間も時間もかかる移管作業を余儀なくさせられる事になります。

 


こんな人はJimdoと相性が良い

 

簡単手軽にプロフェッショナルなホームページを作成できるJimdo。

こんな人ならJimdoと相性が良く、上手く利用が出来ると思いました。

 

個人事業主、法人向けの企業サイト

 

企業の概要やどういった企業なのか?企業サイトおよび個人事業主の方が事業サイトを作成する時にJimdoと相性が良いです。

 

Jimdo Proプランを利用すれば専用のメールアドレス、レイアウトも事業、企業向けのレイアウトも用意されているのでサクサクっとホームページが作成可能です。

 

個人のネットショップ

 

最近度々見かける個人のネットショップ、例えば個人ブランドのお酒を販売しているサイトとかその地域の特産物を販売する個人系のサイトを作成する時にJimdoが便利です。

 

Jimdo Proで専用のメールアドレス、ネットショップ標準搭載でカートに入れるや支払い方法等をドラッグ&クリックだけでネットショップサイトを作成可能です。

 

画像を多く使うサイト

 

画像を沢山使うサイトを運営する時にJimdoが相性が良いです。僕もJimdo Businessで契約してJimdoを利用していますが、ゲーム攻略サイトを運営しています。

 

ゲーム攻略サイトは画像がどうしても多くなりがち、もちろんサーバー容量が心配になります。

しかしJimdo Businessはサーバー容量無制限なのと専用のメールアドレスでお問い合わせにも信頼性のある対応が可能なのでゲーム攻略サイトと言えど”ワンランク上”のサイトの運営が出来ています。

 

 

WordPressの良い点、メリット

 

 

続いてJimdoと比較してWordpressの良い点を見ていきましょう。

 

テーマ、プラグインで自由にカスタマイズ

 

WordPressはテーマというファイルをインストールする事でそのテーマのウェブデザインに変更したり、プラグインというシステムをダウンロードする事で欲しい機能を追加する事が出来ます。

 

テーマのレイアウトにした後も各項目を編集して自分だけのホームページを作り上げられる柔軟性があり、プラグインも欲しい機能を追加するだけで余計な物はついてきません。

 

中には有料テーマや有料プラグインといったものがあるが、無料でもお洒落なウェブサイトを作成可能。

インストールする場所はパソコンではなくサーバーなのでパソコンの容量を圧迫する事もなくサイトを運営する事が出来ます。

 

予約投稿が出来る

 

Jimdoでは何日にこの記事を自動的に投稿する機能がなく、例えば触れない時に投稿したくても手動で投稿するしか方法がありません。

 

WordPressなら何日に予約投稿を行う事が出来、毎日投稿に励むブロガーや一気にサイトを構築したい人にも快適に記事を投稿する事が出来ます。

 

基本自動化の部分が強め

 

WordPressはプラグインによって、ほぼほぼ自動化を行う事が可能となります。

例えばアドセンスを表示する事に対してもJimdoならヘッダー編集で自動広告を放り込むか手動でHTML挿入するしかありません。CSSでカスタマイズ出来るが難易度は高めです。

 

WordPressならプラグインで自動的にこの位置に表示させられる様な機能を追加したり、スパム防止プラグインから記事の中にキーワードがどれぐらい入れられているか確認できるプラグイン等、基本自動的に何かを行ってくれる部分が強めです。

 

WordPressの悪い点、デメリット

 

Jimdoと比べてWordpressの悪い点もあります。ここは不便、悪いなぁと感じた部分を見ていきましょう。

 

初心者が始める時の敷居が地味に高め

 

初心者がWordpressでホームページ、ブログを作成しようとすると敷居が高くなります。

自前でレンタルサーバーを用意し独自ドメインを繋げて、DNS等を設定してWordpressをレンタルサーバーにインストール….ここからようやくWordpressでのホームページ運営が始まります。

 

正直めちゃくちゃ苦労しました、お名前ドットコムで独自ドメインを取ったばかりにDNS設定が意味不明でホームページが表示されなかったりサーバーがありませんが表示されたり…..ブログを本格的に開設するのに半年かかりました。(それまでJUGEMで運用)

 

まあただ、ムームードメイン経由でやると”Wordpressでの作成”敷居がグッと落ちましたが。

 

初心者が実際にワードプレス導入にロリポップサーバーが使いやすいと感じた理由

 

アクセスを集めるのに時間がかかる

 

Jimdoに比べてWordpressはアクセスを集めるのに大変時間がかかりました。

というのもJimdoの場合、有料プランから初めてもjimdoからの評価が一部取得されている+グーグルサーチコンソールのサイトマップ登録がめちゃくちゃ簡単なので素早くインデックスされて数日たてば検索エンジンに表示される様になります。

 

しかしWordpressはWordpress自体の評価はないですし、レンタルサーバー、独自ドメインの歴も初めましてになります。

サイトマップもプラグイン経由から作らないといけない為、まずサイトマップの設定を作ってグーグルサーチコンソールに登録、WAF設定でサイトマップがブロックされていないか確認しつつちゃんと送信されているか確認が必要です。

 

で、インデックスが遅いんです。Wordpressで始めた最初の頃の記事のインデックススピードは半年後にようやく検索エンジンに引っかかるレベルです。(今でも数か月はかかる)

運営しているジャンルにもよると思うが、始めたては茨の道です。

 

サポートがない

 

Jimdoなら有料プランのみメールでのサポート窓口が用意されていて、困った事を専用のオペレーターが対応してくれます。

 

WordPressは契約しているレンタルサーバー、独自ドメインにサポート窓口がない場合サポートを受ける事が出来ません。

というより基本独自ドメインもレンタルサーバーの会社も放置です。Wordpressを導入するのは自己責任でもあります。

 

こんな人はWordpressと相性がいい

 

WordPressにも相性がいい人はいます。

というよりほとんどの人がWordpressを利用しているという程”定番”のホームページ作成ツールなのです。

 

本格的なブログを運営したい人

 

Jimdoやホームページ作成サービスの場合自分でサーバーを用意して運営するのではなく、Jimdo側が用意したサーバーで運営する為、問題が起きても対応できません。

 

しかしWordpressなら自分でレンタルサーバーと独自ドメインを用意して導入するので、レンタルサーバーに問題や不満があればまた違うレンタルサーバーに移管すれば良いわけです。

また予約投稿や記事の作成がWordpressではjimdoよりも使いやすく、ブロガーさんやこれからブログを始める人にも相性が良いです。

 

(まとめ)

 

JimdoとWordpress、お互いの良さと悪さを比較してきましたが、

ブロガー系=Wordpress

企業、個人事業主向け=Jimdoだと僕は考えています。といっても逆でも良いです。

間違っていけないのがWordpressにも料金プランがあり、無料からパーソナル、プレミアム、ビジネス、そして自分でレンタルサーバーを持ってきてレンタルサーバーにWordpressをインストールする方法です。

 

間違えてWordpress経由でプレミアム等に契約すると月額料金も全然違ってくるので注意が必要です。

WordPressは基本自分でレンタルサーバーを借りてインストールする方がメリットが沢山あるので、Wordpressを利用したい方は注意しましょう。

 

JimdoならJimdo Proがダントツ使いやすく、モリサワフォントも使えますよ。

関連記事

ホームページ作成サービス、Jimdoには無料版と有料版があります。無料版と有料版にはそれぞれ機能に大きな違いがあり、プランに合った仕様が用意されています。そこでJimdoFree、JimdoPro、JimdoBusiness[…]