ブログを辞める人の理由は単純かつ深い

ブログのノウハウ




ブログは無料のサービスがあったり敷居も低くて誰でもパッと始める事が出来ます。

しかし、誰でも続けられるわけではありません。

大半の人がブログを辞めてしまいます。

その辞める理由は単純なものから深い理由のものまで様々です。

 



ブログを辞めてしまう理由

ブログを始めたにも関わらず、ブログを辞めてしまう理由….。

思いつく簡単な理由としては

  • アクセスが集まらなくて虚しくなった
  • ブログを更新するのが面倒になった
  • そもそもブログを始めたのが友達がやってるから
  • ブログをしなくても生活できる

が候補として浮かび上がります。

 

 

単純な理由を一括りにすれば「何の為にブログを書いているのかわからない」から続けられなくなると考えられます。

単純なブログを辞める理由はさておき、例えばアクセスが毎日1万Pvあるにも関わらず辞めてしまった人や収益が毎月30万円出てる人が辞めてしまう……

 

辞めるメリットが何一つ見当たらない人がブログを辞める理由を見ていきましょう。

 

1.炎上マーケティングブログではないが炎上した

 

ブログで最も恐れられるのが”炎上”だが、ブロガーによっては炎上を逆手にとってアクセスを伸ばす炎上マーケティングブログが存在します。

で、炎上するのを回避(炎上したくない)するブログが炎上してしまうと辞めるきっかけに繋がります。

 

それが毎日1万PVのブロガーでも辞めちゃいます。

 

なぜなら、ブロガーによってブログの中に個人情報や個性、自分をグッと推し進めてる記事があると個人を特定されやすいからです。

 

定番なのがブログに紐つけする形でSNS、特にツイッターページが表示されているケースです。

ツイッターは基本くだらない事や情報をツイートしているのが大半だが、写真や動画といった個人を特定できそうな背景があるものから特定されやすい。

 

そして炎上の基本はブログ経由でツイッターページに移動→DMで荒らしが多いと感じられます。

そこからツイッターアカウント削除→ブログも辞める流れになると思われます。

 

2.ブログで仲良くなった人達の馴れ合い

 

ブログを続けられない理由の一つに「一人で続けようとするから」なんて事聞いたことありませんか?

一人だとどうしても挫折するからSNSとかで同業者と交流を深めて続けられる様にしましょう。という奴。

 

しかし、ブログを続ける目的で仲間を増やした結果→馴れ合いの方が楽しくなってブログの存在がただのコミュニケーションツールになれ下がる人は後々ブログを辞める事になります。

何のためにブログを始めて、何のためにブログを続けていたのか?方向性を失いブログをする必要がなくなるのです。

馴れ合いの枠に入れてもらえなくなったら終わりですし。

 

ツイッターで言えば出会い厨的な、活用するのはいいがツールでしか考えていないのはツイッターの本質を理解していないのと一緒です。

むしろ、仲間を増やせるが馴れ合いが嫌いな人がブログを続けられる人なんじゃないでしょうか?

 

3.アンチコメント

 

ブログを続ける上で絶対にアンチや批判してくる人は現れます。

100人いて100人共感させる事は不可能です。

 

アクセスが伸びればそれだけブログを読んでくれる人が多くなる→必然的に「これはおかしい」「こうじゃない」「何言ってんのこの人」と批判、アンチコメントが増えるのは当たり前です。

 

批判に慣れていない人はブログを辞めるきっかけになりやすい。

批判に慣れてない人=批判を始めて聞いた、根は優しい人、真に受ける人が多いと思います。

 

言ってしまえばネット慣れしてないと言えます。例で言えばツイッター、ネタにマジレスとかクソリプ等。

ネットは直接面と向かって文句を言ったりしていないので言いたい放題になってる昨今、言われ慣れていない人の割合の方が高いのでしょう。



 

4.他人の意見が気になる

 

批判コメント同様、時間をかけて書いた記事を読んでくれる人の意見が気になる人です。

どう思われたのか?批判的じゃないのか?読者の反応が気になる→ストレスになってブログを辞める理由に繋がります。

 

インターネットは刃物の様なもので、メールとかキツい事を言う人もいるでしょう。

反応が良い人もいれば悪い人もいて、悪い人のメールを開くのが怖くなると自分の記事に読者はどう思っているのか?考えるようになるでしょう。

 

5.良いコンテンツを作り続けるプレッシャーと時間

 

アクセスが伸びる要因に良い記事を濃く作りSEO対策を続ける事が求められます。

記事を濃く作り続ける事は時間も労力も非常にかかりますし、ブログなら悪い記事を書いてしまうと読者の不満になるかもしれません。

 

そのプレッシャーと時間がかかる記事作りが原因でアクセスを伸ばしているブログを辞めるケースもあります。

せっかく時間をかけて書いた記事がアクセスを伸ばさない、全く読まれないのは結構キツいですから。

 

それでもブログを続けられる理由

読者の反応が気になり、記事を書くプレッシャーと時間、アンチや批判、馴れ合いメインになってしまった….

それでもブログを続けられる人もいます。

 

1.単純に記事を書くのが好き

 

ブログを続ける原点にして頂点のポイントは”そもそもブログで記事を書くのが好きだから”です。

趣味は没頭できると言いますが、ブログも没頭出来る人は絶対続けられます。

 

記事を書くプレッシャーは気にしない(好きだから書いてる)ですし、読者の反応よりも記事を書く….。

好きだからブログをやってる。は最強です。

 

2.批判もアクセスを取れている前向きな気持ち

 

批判やアンチとか誹謗中傷といったものにビクビクしているとキリがありません。

むしろブログの記事を見て批判、アンチしている時点でアクセスに貢献していますし、内容をしっかり読んでくれている事になります。

 

ツイッターで批判だけどあなたの記事をシェアしてくれた段階で「勝ち」なんですよ。アクセスが増える要因に繋がりますし、悪口言われてる方が主役でしょう。

それぐらいの前向きな気持ちでブログを続けるとアンチ、批判も気にならなくなります。(慣れる、+の部分しか見なくなる)

 

3.ブログを通じて役に立っていると信じている

 

ブログというと情報発信で、アクセスがあるということは少なからず誰かの役に立っていると考えられます。

影の立役者ではないが、ブログという小さな場所から役に立っていると信じて記事を書き続ければモチベーションにも繋がりますし、実際役立っているんじゃないか?とも思います。

 

当ブログで言うならクロスバイクのGiant Escape RX3関連の記事でしょうか。

実際に購入して悪い点良い点を購入しようか悩んでる人向けに記事として発信….。

役に立っているのではないでしょうか。

 

4.参考になった、面白かった等のコメが嬉しい

 

単純な話で褒められたり、記事が参考になったり人を楽しませたり….称賛コメントが得られるのは非常に嬉しいですしモチベーションに繋がります。

ブログを続けできてよかったと思える瞬間と言えます。

 

(まとめ)ブログの本質を失うな

 

ブログを辞める理由を書いてきましたが、一括りに本質を失ってしまったばっかりにブログを辞めてしまう理由になったのだと思います。

あなたはブログが好きですか?僕は好きで堪らないし記事を書くのが楽しいしそこから稼げる事は素晴らしい事だと思います。

 

友達が始めたが辞めたから、アンチが怖いから….あなたにとってブログとは?