後悔の意味を考察、後悔先に立たずは面白い

ブログ




後悔先に立たずということわざをご存知でしょうか?

すでに終わってしまった事を何回悔やんでも取り返しがつかない事を指しますが、後悔先に立たずということわざは『その人のマインドセット』が上手く描かれていると考えられます。

そこで後悔先に立たずの意味を考察していきます。



後悔先に立たずの意味

 

細かく言うと既に終わった過去を後から悔やんでも何かが変わる、取り返しがつく事がない様で『後悔』という字=後から悔やむという意味のまま、後悔が先に立たない事を言います。

例で言うと

  • あの時こうすればよかった
  • なぜこうしたのか
  • もっと上手くできたはず

といった過去の自分と今の自分の思考力を比較、もっと上手い方法があったと結果論を自分で述べて後悔しているパターンが多いでしょう。

上手くできたからこそ後悔出来るし、過去の自分の未熟さが後悔先に立たずを表しているとも取れます。

しかし、後悔先に立たずとなる理由はその人のマインドセットに大きくかかわると思います。

 

後悔はネガティブ思考?!

 

 

後悔先に立たず自体は『その人が前向きに物事を見れない』人が後悔先に立たずになりやすいと考えられます。

といっても人によってはまだ許せない事があってその物事が後悔として捉えている人もいますし、ネガティブにずるずると後悔として捉えている人もいます。

 

しかし、後悔先に立たずという言葉で捉えること自体はネガティブ思考に繋がります。

 

後悔/経験=学習のサイクル

 

人は取り組んだ物事に対して結果として後悔や経験、そして学習する様になります。

このサイクルのうちポジティブに物事を捉えられる人が経験し学習出来、ネガティヴに物事を捉える人が後悔という方向に繋がります。

 

例えば仕事、慣れない仕事をしているうちは失敗やミスが多くなる事でしょう。

そこで失敗やミスに対し「失敗したから次は気をつけよう」とすると学習した事になります。

それを続けて成功したなら「失敗してきたからこそ成功した」経験となります。

しかし、失敗やミスに対し「なぜこうなったのか、やらなければ良かった」とすると後悔してる事になります。

 

物事の向き合い方に、ポジティブかネガティヴによって経験にも学習にも、後悔にもなるんですね。

 

物事に期待しているか?

 

ネガティヴになりがちなのは物事に対して期待しているからと考えられます。

 

例えば通販で他の通販よりも安い金額で欲しい商品があったとします。

それを注文するも送料が無料じゃなくて他の通販より結果高くなってしまったり、安い金額だからという理由で中々発送されなくて「欲しい商品が欲しい時期までに来ない」事からここで買わなければ良かった、と後悔する事です。

 

言ってしまえば後悔する人の共通点は期待なのです。

恋愛でもモヤッとした失恋をしたら「付き合った時間が無駄だったなぁ」なんて後悔を起こすでしょう。

 

期待や見返り等の感情を持つことで結果が悪ければ後悔になりやすいと考えられます。

 

後悔自体は避ける事が出来ない

 

前向き、ポジティブじゃないから後悔してしまう、と考察してきましたがポジティブだろうがネガティヴだろうが後悔自体は避ける事が出来ません。

これには人間だから仕方ない部分でもあり、そう言った部分で後悔先に立たずは面白いことわざと言えます。

何かをチャレンジした時の結果を後悔として取るか経験として取るか結果次第になります。

 

後悔が先に立つ事は絶対にない

 

後悔という文字通り後から悔やむ事を指しますが、その逆の事である先に悔やむ事は絶対にありません。

なぜなら人は「やってみないとわからない」事に関して経験や後悔が働く為、先に悔やんで何かを取り組む事がありません。

むしろ「やってみないとわからない」のと「やらないと後悔する」なんて物事もあるので後悔が先に立つ事はないでしょう。

 

後悔先に立たず、後悔しないには?

 

 

後悔先に立たず、先に立たないからこそ後悔したくありませんよね。

上記にて簡単に後悔しない方法をマインドセットなやり方で紹介しましたが、後悔しない対策と見ていきましょう。



 

後悔するぐらいならベストを尽くす

 

生きていく内は後悔する事は必ずあります。それが前向きであってもポジティブであっても幼い頃から大人になるまで後悔を感じる事はあるでしょう。

 

理不尽な事だってあります。そこで後悔するぐらいなら物事に対して”前向きに諦める”事を心掛けてベストを尽くす事です。

言ってしまえば理不尽な事や仕事で『これ終わらないでしょ』という事に対してダラダラ仕事をこなすのではなく『じゃあこの仕事を自分はどれだけベストを出せるのか?』挑戦する事です。

 

テスト勉強みたいなもので、100点を目指すためにベストを尽くします。点数がどうあれ勉強をしてテストに備える事は当たり前の事ですし、点数が悪くても『自分は頑張った』と褒めてあげられます。

 

前向きなら後悔する事は少ない

 

経験した事に対して前向きに捉えられる人は後悔する事は少なくなります。

後悔する暇もありませんし、気にする事も少なく後悔する事があっても「そういう事もある」と納得する事が出来ます。

 

(まとめ)

 

後悔の意味の考察、いかがだったでしょうか。

後悔=ネガティブ面の結果として考察してきましたが、笑い話に出来ない事も後悔している事とも言い切れます。

物事を前向きに捉える事でポジティブに経験や学習として物事を捉えてみましょう。