ブログをやっててよかったと実感した8つの出来事

こんにちは、しょう。です。当ブログを運営して早1年8か月が経とうとしています。

正直モチベーションを保つのはブログを運営する上で一つの課題であり、続ける理由を探すのは会社員の方や稼ぎたいだけで始めてしまった方には難しいと考えれます。

 

僕はブログを運営し続けて『やってよかったなぁ』と感じる様な出来事がありました。この出来事は誰にでも当てはまると思いますしあなた自身も必ず起きる出来事です。

そこで『やっててよかった』と感じた出来事をお伝えしたいと思います。これを見てモチベーションアップに繋がれば幸いです。

 

 

文章力の向上は偉大

 

ブログとなると慣れてくれば3000文字以上はもちろんの事、ガッツリ書く人でも1万文字は書いちゃいます。

でもブログを始めた頃はそこまで書く事は出来ないし、時間もかかってしまいます。

1000文字1時間かかっていた自分が2000文字1時間、3000文字1時間…..と成長している事を実感出来ます。

 

また、ただダラダラ3000文字書いているわけではなく、書いている内にどういったキーワードで自分のブログにアクセスしてくれているのか?キーワードを選定して記事を書いたり、文章の構成も最初は意味不明だったとしても慣れてくれば向上します。

 

とりあえずブログは様々な成長を見せてくれます。

 


日常に幅が広がる

 

会社員として働いていた時、休みの日でも日常というものは退屈で、僕自身は自然が好きなので自然を見に行くドライブ(病んでません笑)が好きでした。

ただ見るだけなら誰でも出来るし何も思わずに楽しめます。

 

しかしブログを始めてから景色が変わりました。

  • 山にいく=山のスポットのレビューやどのようなコンテンツがあるのか?
  • ブログのアイキャッチ画像が欲しい=自分が欲しい画像を自分で撮影する様になった
  • このスポットを伝えたい=良い記事をより深く画像付きで解説

等、ブログを始めたから日常に潜むものがブログネタになるかどうか?アイキャッチ画像として使えるかどうか?違う目線で見る様になりました。

 

ただ買う、ただもらう、ただ食べる、だけではなくその物に対して+aで活用できるのもブログをやっててよかった点です。

 

広告に関しても街中にある広告を『ここに表示する事で自然に見せる事が出来ているのか?』なんて考える様になりました。ブログでも広告が多いとウザイですが自然なら目に毒ではないと思います。

 

認知されるようになる

 

ブログでは僕は顔を晒していませんがブログにアクセスが増える事でブログの中にあるスポットで『もしかしてしょう。さんですか?』と声を掛けられる様になりました。

 

正直めちゃくちゃ嬉しいですし、『ブログを通じて認知されているんだな』と実感できます。

初めましてでも僕の事を知っているから声をかけてくれるので、自己紹介は要りませんし一期一会の出会いは面白いので認知される事はブログをやってきてよかったな、と感じさせる場面です。

 

地域密着型ブログに似たような現象でしょうか。地域密着型で顔をさらしてブログをすると確実に地元で認知されますよ。

 

滝畑ダムのサイクリングロードを自転車(クロスバイク)で走ってきた

 

稼げる様になった時

 

ブログという何気ないものから、マネタイズをして稼ぎ始めた時は嬉しい物です。

最初のスタートは1円からかもしれませんが、ブログを続けていくと10円、100円、1.000円とどんどん稼げる様になります。

このブログではないが、ゲームサイトでは毎月生活出来る程稼ぐレベルで稼いでいます。

 

特にブログは、365日24時間稼働しているものです。会社で働くとなると休みも入るので毎月20~24日ほどしか給料が発生しない労働をします。

しかしブログは書いたら後は放置でもアクセスを集められるので、毎日書けば毎日作業してますが休みにしたい時は好きに休みに出来ますしある程度アクセスが安定し始めれば不労所得にもなってくれるので自分の人生に+で小遣い稼ぎなんてのも可能です。

 

ブログ自体は楽しくて記事を書く事で続けられるビジネスモデルとも言えます。

 

誰かの役に立っている

 

クロスバイクのクランクの交換方法、交換する時の工具を確認出来てスムーズに交換出来ました。とかブルホーンハンドルのバーテープの向きがわかってよかったです、等インターネットに恐らく確実にあるであろう情報の中でも深堀、細かく掲載する事で『痒い所に手が届かなかった記事しかなかったけど、しろくろらいどを通じてわかるようになった』とお声を頂く事がありました。

 

もうね、すっごい嬉しいし何よりブログをやっててよかったな..と思いました。

結局人って誰かの為に役に立つ事に嬉しい感情を持っているので、ブログを通じて嬉しいお声を頂く事は嬉しいです。

 

ブログから仕事を請けた

 

ブログでアクセスや専門的な事を取り扱った結果、『この商品一度使ってみてもらえませんか?』とか『レビューしてもらえないでしょうか?』と言ったブログから仕事を請ける事が増えます。

当ブログだと滅多にありませんが、ゲームサイトだとほぼ毎日何か仕事のご依頼が来るほどです。

ゲームサイトだと提供してもらったのはVRゴーグルとか有料のゲームアプリ、一番良い物でPS4本体をもらった事もあります。

 

しかしこういった物は本気でレビューしたり使用したりするので結構辛口になりますが、かえって依頼してきた人から『辛口で言ってくれる人が少ないので有益』と言われるほどでした。

 

ブログを通じて商品の提供を受けたり、無料で貰えたりと面白いし、それぐらいアクセスを見込めると思ってもらっているのでブログをやっててよかったなと思う出来事です。

 

ウェブ上の一つのコンテンツ

 

街中には服屋やカフェ、居酒屋等様々な店があります。

現実的ですし、すっと入る様なものですがインターネットはどうでしょうか?

まずグーグルで検索した記事をアクセスしたら、知り合いのブログだった!!ってめちゃくちゃ非現実じゃないですか?

 

そもそも一般の人がグーグルという大規模な検索エンジンで検索して知り合いないし友達とか知っている人のブログやページが検索上位に表示される、なんて思っていません。

 

そしてブログを運営している事は”一つのインターネット上の店”みたいなもので、検索からアクセスしてくれる=現実的と思ってくれているので自分のコンテンツが評価されている事は嬉しい出来事と言えます。

 

時間の自由度が上がる

 

ブログで稼げるようになり始めると時間の自由度がグッと上がります。

これは会社員でも同様で、例えば給料以外にブログだけで毎月3万円の収入があると金銭的に少し余裕になって飲みにいったりできます。

 

僕みたいな完全にブログだけで生活しているものからすれば最初は圧倒的に時間の自由度がありません、記事数も少ないですしアクセスを集める事は難しいのです。

しかし諦めずに続ける事でアクセスが伸びはじめ、一定以上になると稼げる様になり、必死こいて記事を書く必要がなくなり時間の自由が上がる様になります。

今ここでこの話をしているという事は、話が出来る程時間に余裕があるというわけです。

 

時間に追われない…..そういった物を解消してくれるのもブログをやっててよかったと感じた出来事です。

 

まとめ

 

ブログをやっててよかったと感じた出来事をつらつらと書いてきましたが、この出来事が発生し始めれば『ブログを辞める理由』がなくなる程ブログを続けるメリットの方が多くなります。

 

言ってしまえば会社員で毎月3万円稼いでくれるブログをパッと辞めたいと思う理由よりも3万円稼いでくれている現状の方がメリット高めだと感じられるからです。

ブログは始めてみて合わなかったら辞めてしまってもいいですし、続けられるなら続けた方が良いですよ。

特に大学生、高校生から始めると数年で記事数も三桁になりますし卒業するまでに10万円稼げちゃうかもしれませんよ。

大学生がブログを始めるのはマジでおすすめだぞ

アルバイトせず高校生からブログを始めて稼ぐのがマジおすすめだぞ

広告
error: Content is protected !!