Jimdoでアフィリエイトするならどの広告会社が良いのか?

  • 2017年6月1日
  • 2019年5月20日
  • jimdo

Jimdoでサイト運営をして早1年ちょっと

おかげさまで月間100万PVを達成する事が出来、Jimdoには大変お世話になっています。

 

そこでJimdoでマネタイズ収益をしてきた結果

Jimdoでアフィリエイトをするならどこの広告会社がいいのか?

を経験を踏まえ紹介していこうと思います。


結局どの広告会社がJimdoと相性がいい?

 

自分が使用してきた広告会社のみを紹介していくので、ない場合はご愛嬌を。

 

Google Adsense

ブログ、サイト運営する上で誰もが通る道とも言えるのがグーグルアドセンス。

 

好きな所に掲載して、自動的に広告が配信される手間いらずの広告サービスだが

Jimdoでの相性もちょうど良いですね。

 

特にJimdoのヘッダー編集の中にて

<div class=””>のタグ指定で配置しておけば記事を書く際にタグを書くだけで簡単に掲載が可能となります。

 

またJimdoの場合は、記事を完全表示してから閲覧する事となるサイトなので

全てのグーグルアドセンスがロード中にスクロールされて見られなかった

という事は非常に少ないのでJimdoで収益を出していくならグーグルアドセンスは使っておいて損はないでしょう。

 

ちなみに自動広告を使用する事で、jimdoで広告を表示する事が出来なかったヘッダー上(タイトル下)も広告を表示する事が出来ます。

グーグルアドセンス https://www.google.co.jp/adsense/start/

 

Nend(ネンド)

 

ゲームアプリ関連の案件と、グーグルアドセンス同様に

自動的に広告が配信されるアドネットワークです。

 

スマホ、タブレットの閲覧のみ表示されるという事もあり

グーグルアドセンスとの併用、Jimdoとの相性はバッチリです。

 

特にスマホのみという事もあり

Jimdoの既存レイアウトのサイドバーまで閲覧される事は少ない為

そこにグーグルアドセンスではなくNendを代用する事で

グーグルアドセンスのアクティブビュー視認可能率を下げずにNend側で収益を上げる事が出来ます。

 

他のアドネットワーク会社が提供しているオーバーレイ広告に比べて

Nendのオーバーレイ広告は固定で上からゆっくりスクロールされたりしないし

横幅50Pxと少し小さい のでユーザビリティを損なう事が少なく感じます。(5月10日のアップデートで全ての広告会社が固定となりました)

 

Jimdoの使用の際にもヘッダー編集にオーバーレイ広告のタグを挿入

サイドバーにインライン広告の挿入をするだけと手軽感もあります。

 

グーグルアドセンスメインで収益を出す場合にNendも使用する事でより収益をあげられるでしょう。

Nend http://nend.net/

 

3.Fluct(フラクト)

 

グーグルアドセンスに次ぐアドネットワーク会社で

審査の基準の難易度に対して広告単価が高い事で有名なFluct。

 

ブロックされたリソースで引っかかってしまった広告に実はあまり関係がない

(掲載順位が低下したり、ペナルティを食らう事)ものとなるが、

まあブロックされたっていうので気味が悪いってのもありますよ。

 

フラクトさん自体は広告タグの作成に時間がかかったり

収益が出た際の支払いが翌々月なのがデメリットだが

広告単価とグーグルアドセンスの公式認定パートナーという事もあり信頼は高い。

 

他のブログは知らないが、Jimdoではフラクトが出している広告は

ブロックされたリソースとして認知されるので気になる方にはおススメできないですね。(現在は解消されている)

 

後スマホ表示の広告に稀にアダルト広告なんじゃないか?

というギリギリラインの広告やパチンコ広告などが表示される事もあるので

ユーザビリティを大切にしている方はJimdoではフラクトは使わない方がいいでしょう。

Flucthttps://corp.fluct.jp/service/publisher/ssp/

 

アマゾンアソシエイト

 

アマゾンが提供しているアフィリエイトプログラム

記事に対してテキストリンクやHTMLリンク、おまかせリンクとその使い勝手の幅は高いと思います。

 

Jimdoとの相性も良く、サイドバーに適当におまかせリンクを放り込んでおくだけでも

一日何回かのクリック、収益を出すことができます。

 

しかしアマゾンアソシエイトはジャンルが問題で

私が運営しているサイトはゲームアプリメインの為販売する商品が少ないです。

 

またJimdoではhttps対応の広告のみ配信出来るようになっている為

場合によってはアマゾンアソシエイトの広告タグのURLをhttpsにする必要もあります。

 

アマゾンアソシエイト https://affiliate.amazon.co.jp/

 

5.バリューコマース

 

高単価で使いやすい案件の多いアフィリエイトプログラム。

最近ではおまかせ広告を始める等、より使い勝手が良くなってきています。

しかしJimdoとの相性は 無 と言っていいでしょう。

 

案件の広告タグによってはブロックされたリソースに表示されるし

なぜかおまかせ広告のタグをJimdo独自の記事編集では貼り付ける事が出来ません。

 

それでも常にブロックされたリソースに表示され続けるA8 Moba8 Medi8とかよりマシな部類なので

仮におまかせリンクが使用できる方法が見つかればグーグルアドセンス、Nendとの併用も可能でしょう。

バリューコマース


(まとめ)記事のジャンルによっては使い勝手は変わるが….

 

それでもJimdoで広告を表示させようとした際にブロックされたリソースは非常に気になる。

 

現にブロックされたリソースは関係ないと話したが

あまりに多いという事で掲載順位を下げられたこともあるので注意しましょう。

 

現状自分の中でJimdoでブログとして使う場合は

アマゾンアソシエイト

グーグルアドセンス

Nend

バリューコマースがおススメですね。

関連記事

ホームページ作成サービスのJimdo。直感的な操作とブログやネットショップの作り方がわからない人でも簡単に始められるインターフェースは個人のネットショップ運営者にもありがたいサービスになっています。その一方でJimdoはアフ[…]