引きこもりだった僕が『引きこもりを脱出』するきっかけになった出来事

僕は会社を辞めて実家という事を理由に引きこもっていました。

いわゆるニートだったわけだが、会社で起きた出来事から軽いうつ病を発症して仕事が出来ない様な状態になっていました。

そんな僕が引きこもりから脱出するきっかけとなった事は『太陽』がキーマンとなりました。

その太陽から行動を起こしてみる事が大事だと思いました。

 

実際に僕は引きこもりから脱出する事が出来ました、そこできっかけを基づいて脱出までに行った事をお伝えしたいと思います。

 

 

窓を開け太陽を当たり暗い引きこもりから脱出する

 

 

引きこもりになると朝起きても窓を開けずシャッターを閉めがちです。

今朝か夜かわかりにくくなりますし、太陽に当たらない為気分も上がる事なく引きこもりがちになります。

シャッターを開けて太陽を取り込み太陽に当たることで、自律神経を安定させるセロトニンが分泌されます。

 

セロトニンは引きこもりになると不足しがちな成分で、不足するとうつ病や昼夜逆転現象、自律神経が整わなくなってしまう事もあります。

自律神経を整える事で体内時計を整えてくれる効果が期待できます。

引きこもり=昼夜逆転現象が起きている人が多く、まずは朝シャッターを開けて太陽が部屋に入るように促し自律神経を整えましょう。

 

初めからシャッターを開けておくとより効果的に

 

きっかけを作ろうとして毎日朝起きてシャッターを開けていると引きこもっている方なら『面倒』になってしまいがちです。

 

それなら初めからシャッターを開けておく事で、晴れたら勝手に窓から太陽光が入ってきますし、それが寝ていても体に当たればセロトニンが分泌されて自律神経が調整され体が起きられる体になりやすくなります。

 

引きこもりは昼夜逆転現象になりがち、まずは自律神経を整えて生活リズムを整える必要があります。

 


部屋の片づけ、掃除をして引きこもろうとしない

 

 

部屋の汚れは心の汚れ、なんて言う程部屋の片づけを引きこもりがするのは難しいのです。

それは部屋の掃除=朝しないと近所迷惑だったり、やる気の問題に繋がるからです。

 

部屋の片づけを行う事は朝早く起きる意識がけにつながり、部屋の片つけどころかシャッターを開けて太陽に当たる機会が増える事になります。

暗いまま片付けをしてもホコリはたまりますし、気分も乗りません。部屋の電球だけだと見えない部分も多くなります。

定期的に部屋を掃除する事で何かをきっかけに行動を起こす時にあれはどこ?これはどこ?となる必要もなくスムーズになります。

 

布団、寝具系は必ず干す

 

引きこもりのマストアイテムとも言えるのが布団です。

布団の中で1日過ごす事も少なくないでしょう。毎日当たり前の様に使っている物は部屋の掃除の時に干して『逃げ場』を無くす事が重要です。

 

部屋の掃除してても疲れてそのまま布団の上でダラダラしてしまう事もあります。

布団を干して逃げ場を無くす事は引きこもりから脱出するきっかけにもなります。布団を干す=窓を開けなくてはいけない=太陽に当たる事を意味します。

 

外に行く趣味を作り脱出するきっかけを作る

 

アウトドアのきっかけとなる趣味を作りましょう。どんな事でも構いませんし、ガチガチのアウトドアではなくインドアでも楽しめる事でもアウトドアだと尚気持ちよく楽しめる事でも大丈夫です。

 

ネットサーフィンやテレビ、スマホで出来る事の趣味はNGです。結局引きこもりから脱出するきっかけにはなりません。

 

自転車でサイクリング

 

ママチャリでもロードバイクでもクロスバイクでも….自転車でサイクリングをして景色を楽しむ趣味です。

家に自転車があればいつでも趣味として活動しやすく、ハマればそのまま引きこもりから脱出する事も充分出来ます。

 

僕は実際にクロスバイクを購入したと同時に引きこもりから脱出する事が出来ました。自転車にしか見れない景色、車だと駐車しないと楽しめないイベント等など楽しめる事が沢山。

特に景色は時間を忘れさせてくれるほど……ハマればハマる程筋肉がついたり痩せてくるので引きこもりから脱出するきっかけとして自転車は良いですよ。

 

ロードバイク等のスポーツバイクなら、長距離までいけるのと運動不足解消、自律神経を刺激し整える事も可能。

 

関連記事

クロスバイクってなぜ選ばれているの?どこが良いの?最近街で非常に見る事が多くなったクロスバイク。ママチャリとかと何が違うのだろうか。そんなクロスバイクをこれから買おうと検討している人に向けてクロスバイクの魅力、特徴を紹介しま[…]

 

写真撮影、カメラ

 

一眼レフやデジタルカメラを購入して、好きな写真を撮影する事を趣味とする事です。

カメラマンの趣味は幅広く、神社が好きなら神社巡り&写真撮影、工場現場や景色系、バードウオッチングから温泉等々カメラ一つあれば様々な分野で引きこもりから脱出するきっかけが広がります。

 

注意したいのがカメラ沼、一度ハマってしまうと『セッティングで自宅にいる方が多くなる』可能性を秘めています。

出来れば手軽さの中にこだわりを持つ写真撮影を楽しむ事で、外にいくきっかけを作り出す事が出来ます。

 

絵を描く

 

絵を描く事を趣味とするのは良いでしょう。

絵といっても家でできる様なデジタル物ではなく、スケッチブックを購入して川や海、山やスケッチに最適なスポットを描く事です。

 

手を動かす事で脳が活性化、引きこもって毎日寝てて頭が動かない人でも始めやすいのも特徴的。

絵が下手….って人でも塗り絵や初心者向けのスケッチブックから購入すると良いでしょう。もしかしたら絵が得意になるかもしれません。

 

キャンプ

 

必要となる用品が多いが、自分だけの時間を楽しみ夜の景色からたき火の音等心落ち着くのがキャンプです。

アニメ、ゆるキャンの影響でキャンプで引きこもりから脱出するきっかけになったと言う人もいる程、キャンプはきっかけを与えてくれる趣味です。

 

場所によっては他の人とのコミュニケーションもあるかもしれないが、存在確認くらいの会話がほとんどで特に社交辞令をする必要もありません。

キャンプ+で読書やイヤホンでラジオを聴いたりするのも良いでしょう。太陽にも当たる事も出来るので健康的に引きこもりから脱出できるかもしれません。

 

散歩

 

ジョギング、ウォーキングとなると意識的にやらないといけないが、散歩なら手軽に始められる趣味と言えます。

まずは小さな距離から始めて、徐々に距離を延ばす事でいつもは当たり前の様に見てきた景色も『こういったものがあるのか』という新しい発見が出来ます。

 

散歩をするとなると近所の人から挨拶をされるかもしれません。だとしても必ず挨拶しましょう。

近所の人との挨拶は『引きこもって失っていた人間との会話を思い出す』練習になるので挨拶するのは引きこもりから脱出するきっかけになります。

相手がどう思っているかわかりません。『この人引きこもりだってねー』なんて思っているかもしれません。でもそんなの気にしてたらいつまで経っても引きこもりから脱出できません。

 

散歩はホント小さな一歩なのです。そこから挨拶や景色等、小さなアクションからきっかけに必要なプロセスを構築する事が出来ます。太陽に当たれますし。

 

家事を毎日して生活リズムを整える

 

引きこもり、ニートになるとすると一人暮らしではない可能性があります。

家事となると同居している人に任せっきりになりやすい。

 

洗濯、風呂の掃除、トイレ掃除……まずは洗濯から始めて慣れてきたら風呂の掃除をして…と小さな行動から徐々に大きくしていきましょう

 

洗濯=夜に洗濯機を回すと近隣住民の迷惑になるかもしれないので朝起きて洗濯を回す習慣をつける事で朝起きになり自律神経を整えやすくさせる事が出来ます。

また、家事=時間帯の固定行動です。風呂の掃除を18時に行う、トイレ掃除を朝10時に行う….洗濯物から始まり徐々にスケジュール化させる事は生活サイクルを整えられる体に変えられます。

 

まずは洗濯物だけでもやってみましょう。洗濯を干す=太陽に当たる事も出来セロトニンを分泌させられます。

僕は風呂掃除の段階で習慣化し、引きこもりから脱出出来ました。

 

あえてブログを真剣に始める

 

日記とはいかないが、ブログを『生活出来るまでやったる!!』という気持ちで始める事です。

引きこもりから脱出するきっかけとして薄い様に感じるが、意外と面白い所で意味があるのです。

 

最初は家にある事をブログネタにしても良い

 

ブログを書くとなるとネタが必要になります。

引きこもっていて一番ネタになるのはゲームやインターネットで調べた情報等でしょう。

そこから文章を書く練習をしても良いですし、そのままゲームサイトでやっていっても良いでしょう。

 

しかし、引きこもりから脱出するきっかけとしてはゲームサイトは非常に薄い(僕はゲームサイトから始めてみやこめっせのBitSummitに足を運んだりしてましたが)です。

 

ブログネタを考える為に外に出る

 

ブログジャンルによるが、ブログネタを作り出すためにインターネットで調べて出てくる情報では文章を書く事に苦痛になるしありきたりなブログになりやすい。

なら、自分で外に出て『実際に触って、感じて、思って、考えたもの』をブログネタにすると伝えたい事を文章に出しても苦痛になりにくく、書く事が好きになればネタの為にドンドン外に出るようになります。

 

外に出るジャンルとしては

  • 神社巡り
  • スポット巡り
  • 自転車
  • 映画(映画館に行くため外に出る)
  • 生き物
  • ダイエットブログ(運動する為)
  • キャンプ
  • 釣り
  • 温泉

等など、ブログを通じて引きこもりから脱出するきっかけとなるジャンルが沢山あります。

真剣にブログを取り組むのは外に出て行動するチャンスが増える事になります。

 

稼げる事がわかれば更に行動力が上がる

 

小さな行動からブログネタにし、アクセスを集めて収益が出だしたら『こんな自分が楽しんでいる事でも簡単に稼げる事が出来るのか』と実感できるはずです。

 

もしかしたら社会復帰をしなくてもいいかも…..なんて思う程。

稼げる事がわかれば更に行動力が上がり、引きこもりから脱出するきっかけとしてのブログが非常に高くなります。

僕もこれで脱出した様なものです。(クロスバイクを買ってスポット巡り、サイクリングを楽しんでブログに書いている内にいつの間にか引きこもる生活から脱出していた)

 

始めは大変かもしれません。が、引きこもって何もする事がないならぶち当たる気持ちでブログを始めてみてはいかがでしょうか?

 

ゆっくりする時間も出来始める

 

ブログネタを作り出す事に慣れてくれば、ブログで収益を出しながら『外で新しい何かを発見したい、始めたい』と考え始めるかもしれません。

 

僕はブログ始めたての時、収益が良かった日はビールなんて買って晩酌してました。

ブログを一定楽になれば休みとして1日時間を使う事も出来ますし、何ならブログネタを作り出すために新しい趣味や物事にチャレンジできる程の気持ちになっているかもしれません。

 

それだけ真剣にブログに取り組む事は『自分を変える』可能性があります。文章が苦手でも慣れてくればスラスラと書けますし、何より楽しいのは頑張って作ったブログ記事を『見てくれている人がいて、役に立っている人がいる』事です。

 

関連記事

こんにちは、しょう。です。当ブログを運営して早1年8か月が経とうとしています。正直モチベーションを保つのはブログを運営する上で一つの課題であり、続ける理由を探すのは会社員の方や稼ぎたいだけで始めてしまった方には難しいと考えれます。[…]

 

最後に

 

引きこもりから脱出するきっかけとして

  • 太陽に当たるきっかけを作る
  • 小さな行動から大きく羽ばたく
  • 連鎖して外に出るきっかけを増やす

事だと思います。ブログから趣味を作ったり逆に趣味からブログを作って外に出るきっかけを与えたり、家事から太陽に当たるきっかけを作り、小さな行動で体を動かしていく…..小さな事からコツコツと連鎖と太陽を意識していけば引きこもりから脱出できるはずです。

 

無理に脱出しようとせず、まずは小さな事からセロトニン、自律神経が整えられる様な生活リズムになるようにやってみてみましょう。

引きこもって何もしないより、とりあえず何か始めてみてください!!



error: Content is protected !!