個人事業主でも審査が甘いおすすめのクレジットカード

フリーランス、個人事業主になると信用性や年収の関係で審査が通らないと言われているクレジットカード。

作れなかったら作れなかったで事業のクレジットカードが出来ないし個人のクレジットカードを事業用にするとタイミングが悪ければ確定申告の時に個人の口座も対象になる可能性がある…….。

 

そこで個人事業主、フリーランスでも審査が甘く審査が通るクレジットカードを個人事業主である僕が実際に作ったクレジットカードを踏まえてお伝えします。

 



 

審査の甘いクレジットカードを作成する注意点

最初に注意したいポイントは

  • 出来ればJCBは避ける
  • なぜ審査が甘いか知る
  • 法人カードか個人カードか

です。簡単に説明します。

 

出来ればJCBは避ける

 

クレジットカードの中にはVISA、JCB,MASTERカード等決済会社が存在します。

そしてメジャーなのがVISAでどこに行ってどこで決済する時もVISAなら取り扱っている、という店舗が多いです。

 

仮にJCBを事業用カードとして作成してしまうと、使えない店舗もある事を覚えておきましょう。

JCB自体取り扱いは増加傾向にありますが、それでもVISAと比べると決済できない場所はあるので出来ればJCBではなく無難にVISAでクレジットカードを作成する事がすすめられます。

 

なぜ審査が甘いか知る

 

審査が甘い理由として

  • 即日対応で審査対象である項目数が少ない
  • 単に顧客獲得のために審査が甘い場合がある

とも言えます。といっても個人情報を漏洩する様な事もなければ何か無理やりサービスを追加される事もないので、なぜこのクレジットカードは審査が甘いのか?一応知っておくと良いでしょう。

 

ちなみに経験上審査の甘いクレジットカード会社は、審査が通り作成後数日後に案内の電話をしてくる頻度が多いと感じました。まあ一回目の電話で『案内要らないので今後電話を入れないでください』と言ったらパッと止まりました。

 

法人カードか個人カードか

 

クレジットカードの中にも法人向けクレジットカードも存在します。

法人向けカードはビジネスカードとしてありますが、個人事業主でも小規模事業主の場合は年会費無料が多い個人カードの方が良いでしょう。

 

法人向けカードとなると審査が甘いかどうか言われれば一定の年収が必要となるので、個人カードを作成して一定の年収になってから法人カードを作成すると良いでしょう。

 

個人事業主でも審査が甘いクレジットカード

上記で紹介した注意点を踏まえ、僕も実際に作成できた個人事業主でも審査が甘いクレジットカードを紹介します。

 

リクルートカード(VISA)

高還元率1.2%でお馴染みのリクルートカードです。

リクルートカードのVISAは即日対応をしているUFJニコスが対応している事もあり、審査が甘めで個人事業主でもクレジットカードを作成する事が出来ます。

 

リクルートカード自体個人事業主でもメリットは高く、高還元1.2%に加えポイントをじゃらんやポンタポイントに変換したりボンパレモールで買い物を行う事が出来ます。

リクルートカードはVISA,JCB,MASTERカードが作成できますが、ここではVISAがおすすめです。

 

リクルートカードのJCBは個人事業主である僕は作成する事が出来ましたが、審査が長く電話対応に応じない場合審査に落とされます。

VISAだと速攻で作成できたので、個人事業主でもクレジットカードを手軽に作成できるでしょう。年会費も無料なので作っておいて損はないと思います。

僕はリクルートカードを二枚持ちしてます(JCB,VISA)。

リクルートカードの詳細はこちら

関連記事

フリーランス、個人事業主になると信用性や年収の関係で審査が通らないと言われているクレジットカード。 作れなかったら作れなかったで事業のクレジットカード […]

 

楽天カード

楽天が発行している楽天カード、こちらも個人事業主でも審査が甘いクレジットカードと言えます。

主婦でも作成する事が出来る程顧客獲得に力を入れており、審査も早い。

 

作成するメリットはポイント還元にあると思います。

新規入会で5000ポイント獲得する事が出来、法人カードなら8000ポイントプレゼントキャンペーンを行っています。

楽天市場で使用すればポイント3倍なので入会して獲得したポイントで買い物すればまたポイントが入る事になります。

年会費無料、限定ポイントキャンペーンも多くお得なクレジットカードです。



楽天カード新規入会キャンペーンはこちら

 

Yahoo Japanカード

ヤフー検索でお馴染みのヤフーが発行しているクレジットカード、Yahoo Japanカードです。

こちらも個人事業主でも作成できる審査が甘いクレジットカードと言えます。

 

ヤフージャパンカードを利用するとTポイントとして貯まるのでファミリーマートからガスと、ウェルシアといったTポイントが利用できる店舗が多く魅力的です。

年会費無料で入会で10000円相当のポイントプレゼントキャンペーンもしているので個人事業主でお得にクレジットカードを使いたい人にも良いでしょう。

Yahoo! JAPANカードの詳細はこちら

 

Pontaクレジットカード

 

Pontaポイントでお馴染みのPontaクレジットカード。

こちらも顧客獲得には力を入れており個人事業主でも比較的審査を通しやすいクレジットカードと言えます。

 

クレジットカード利用でPontaポイントが貯まる為ローソンから買い物まで幅広く活用可能です。

ポイント還元率も1~4%と高還元率で、経費で落とす際にもお得にポイント還元されます。

シェルPontaクレジットカードの詳細はこちら

イオンカードセレクト

イオンクレジットサービスが発行するイオンカードセレクトです。

イオンもイオンモールで入会キャンペーンを積極的に行っている事もあり、審査が甘めで個人事業主でもクレジットカードを作成しやすい。

 

ご利用もときめきポイントとして貯まり、WAON電子マネーに変換可能。

入会で8000円相当分のポイントプレゼントキャンペーンも行っているので、イオンモールを良く利用する個人事業主ならイオンカードセレクトでお得に活用しましょう。

イオンカードセレクトの詳細はこちら

逆に個人事業主で審査が厳しい?クレジットカード

 

審査が甘いクレジットカードもあれば、個人事業主で審査が厳しいクレジットカードもあります。

ここでは個人事業主である僕が実際に申し込んで”個人事業主が理由”で審査を落とされてしまったであろうクレジットカードを紹介したいと思います。

 

個人事業主だけど審査が厳しいクレジットカードに挑んでみたい人、チャレンジしてみてください。

 

ENEOSカード

 

ガソリンスタンドのエネオスのクレジットカード、ENEOSカードです。

申し込んで数日後に審査で落とされました。恐らく年収面で落とされたと思います。

 

個人事業主で年収300万円で落とされたので、個人事業主で申し込むなら500万円?からが審査をクリアする基準なのかもしれませんね。

あなたは年収500万円以上でしょうか?車を良く利用しているなら個人事業主でエネオスカードを発行するのはアリですよ。

ENEOSカードの詳細はこちら

JALカード

 

旅行をする時に使う飛行機でお馴染みのJALのクレジットカード。

会社員や一定の安定した収入がある人は審査に通りやすいクレジットカードですが、個人事業主で年収が安定しない(不透明?)僕は審査で落とされる事になりました。

 

また勤務先確認も出来る、より信頼性信用性が重要視されるクレジットカードだと思うので逆に言えば法人化している個人事業主なら審査にクリアするかもしれませんね。

JALカードに通れば全国52.000店舗の提携店での買い物でマイルが2倍、マイルが貯まれば飛行機代にしたり航空券を購入したり食材から電子マネーへの変換…….使い勝手良いなぁ….。

JALカードの詳細はこちら

 

ANAカード

 

こちらもJALカードの様に飛行機でお馴染みですね。

JALカード同様、信用情報を重視しているクレジットカードと思います。審査に落ちました。

ANAカードが通ればこちらもJAL同様に提携店の利用でマイルが貯まりレストランからホテル、レンタカーといった所でマイルが利用できます。

個人事業主ならJALかANA、持っていると旅行が楽しくなりそうですね。

ANAカードの詳細はこちら

 

まとめ

 

個人事業主である僕が実際に審査をクリアしたクレジットカードを踏まえて紹介しました。

審査が甘いクレジットカードもあれば、審査を落とされるクレジットカードの間にあるものは”信用情報”だと思います。

 

最初は審査の甘い年会費無料のクレジットカードを作成し、後々他の良いクレジットカードを作成するのが良いでしょう。

広告