在宅介護をしていて便利だったグッズ、必要なもの

僕は仕事を辞めて孫である僕が祖母の在宅介護をしています。

在宅介護となると自分自身で必要と思うグッズを取り揃えていかないといけません。介護を必要とする人の状態によって臨機応変に揃える必要があります。

中には『要らない買い物だったな』なんてのもありました。

そこで在宅介護をしていて便利だったグッズ、必要なものだったなと感じたグッズを紹介します。これを参考に在宅介護をよりやりやすくしてみてください。

 



 

便利だったグッズ

 

実際に使ってみて便利だったグッズをザラっと紹介します。

在宅介護をしていて『これは使った事がない!!』というものがあれば検討してみてください。もしかしたら僕が使って便利だった事もありあなたの介護生活の便利グッズになるかもしれません。

 

アルコールウェットティッシュ

 

介護を必要とする高齢者になるとトイレの後の手洗いや食事前の除菌等をわざわざ洗面所に行き洗剤を使用して手洗いするのは非常に労力のかかる事になります。

実際介護中に洗面所まで動いてもらう事にはほとんどなく、当事者も『洗面所に行くのは怖い』という気持ちが強いので手の除菌方法を必要とします。

 

まあそこでアルコールウェットティッシュを利用する事で、お手洗いの代わりにウェットティッシュで除菌をする事が出来ます。

意外と必需品で手すり等にも拭いて使用できるので幅広く使えます。

 

しかし、このタイプのウェットティッシュは開け閉めが高齢者には難しく、開け閉めの接着テープとウェットティッシュが引っ付いて取れない時も多々ありました。

 

そこで詰め替えが出来るウェットティッシュケースを活用することでワンタッチで開けてケースを引っ張るだけでウェットティッシュを取る事が出来ます。

僕の祖母はケースにしてから積極的に使ってくれる様になってくれました。やはり接着テープで引っ付くウェットティッシュが気になっていたのでしょう。

 

手の除菌から手すりなどの除菌も行えるのでウェットティッシュはあって損しないグッズです。

 

おしぼりタイプも便利



ケースではなくラウンドワンや介護施設にあるワンタッチでおしぼりが出てくるディスペンサーも便利なグッズでした。

このプールスのディスペンサーは10日間の無料お試しがあるので使ってみましたが、柔軟に使えるグッズだなと感じました。

 

なぜならウェットティッシュではなくおしぼりタイプなのでおむつ交換およびお尻を拭く時に食事のお手洗いにもちろん体を拭く時にも活用できます。

使ったらそのままゴミ箱にポイだけなので簡単です。無料お試しがあるので実際に介護で活用してみてください。

【プールス】除菌タオルディスペンサーの詳細はこちら

トイレ用アーム

 

家をバリアフリーにするのはもちろんの事ですが、意外と手すりをおろそかになるのがトイレです。

要介護が進むにつれ、トイレで用を足すのも補助が必要になってきます。

 

そこでトイレに取り付けられるトイレ様のアームをつける事で補助なしで用を足せるようになるので介護者の負担を減らす事が出来ます。

実際取り付けてから祖母が積極的にトイレに行くようになりました。今までは誰かを呼んでからじゃないといけなかったので自分から行くようになるのは運動にもなります。

 

トイレ用アームはレンタルサービスでもあるので、購入を悩むならレンタルを検討しても良いでしょう。

ダスキンヘルスレント

介護用手すりのレンタルなら【ダスキンヘルスレント】。ご利用者さまの状況に応じて、歩行器・歩行車、屋内用と屋外用など、様々…

 

ストロー付きコップ

 

高齢者は介護のレベルが上がれば上がるほど筋肉が衰えて重たい物が持ち上げられなくなってきます。

食事をする時も食器を持ち上げたりすることが困難になりエプロンを使用して落ちた物の汚れを防止したりします。

 

飲み物も同様で、歳を重ねると呼吸器系が弱くなって喉の潤いがなくなる人もいます。

それと同時に生活で使っているコップも重たく感じて飲めない、なんてことにもなりかねません。

僕の祖母も喉が弱く、痰が絡んでよく咳き込みます。

そこでストロー付きコップを使う事にしました。結果持ち上げなくても飲めますし寝ている時にも飲めるコップがあるので起き上がってテーブルまで歩いて飲み物を飲む、といった高齢者には大変な作業をなくせました。

 

ポイントはストロー付きコップでも”軽い”ものが良いです。飲み物を入れるので重たくなるので出来るだけ軽いコップが便利です。

 

オムツ(ライフリー)

 

 

数あるオトナ用オムツの中でも、ライフリーのオムツが一番便利で使いやすいグッズでした。

ライフリーのどのシリーズでも言える特徴が

  • 吸収性
  • 履かせやすいand脱がせやすい

だと思います。特に履かせやすいのは介護をする上でポイントが高く、伸縮性が高いので簡単に履かせられます。

パッドの組み合わせで便の処理も簡単に行えて、大変便利です。

要介護レベルによってはオムツはいらない可能性がありますが、要介護1でも普通のパンツからオムツに替えた方が良いです。

もしも、の時は必ずあるのでパンツを汚して洗濯機も汚れてしまわない様にオムツにしておくと良いですよ。

 

使って必要だと感じたもの

 

便利グッズの他に『これは使っていて便利かつ必要だな』と感じたものをお伝えします。



 

 

使い捨てエプロン

 

 

ダイソーとか100均の食事用エプロンでも良いですが、介護を必要とする高齢者の食事は絶対こぼします。

特に流動食が多くなるのでエプロンに浸透したりシミになったりと見栄えも悪くなります。

 

介護を必要とする高齢者とはいえ人なので恥じらいや見栄えを気にします。僕は使い捨てエプロンを使用する事にしています。

使い捨てエプロンなら好きに汚してもそのままゴミ箱にポイして終わりなので便利、衛生面もカバーできるので使い捨てエプロンがおすすめです。

 

使い捨て防水シーツ

 

オムツや使い捨てエプロンともしもの事、がありますが一番もしもの時があるのが寝ている時です。

要介護レベルにもよりますが、まだ自力でトイレに行ける人は自分で行こうとする反面いつの間にか漏らしている、という状況に陥りやすいです。

 

特に高齢者が寝ている時”寝ぼけ”を起こす事が多く、おねしょがベッドまで浸透している事もありました。

ベッドまで浸透すると乾いたら匂いが気になりますし洗濯するにしても非常に手間のかかる作業になります。

 

そこでベッドの上に敷く使い捨ての防水シーツをベッドに敷く事で、もしもを未然に防ぐ事が出来ます。

使い捨てなので汚れたらポイで終わりなので便利です。ちなみに僕の祖母はライフリーのオムツを履いていておねしょでベッドに浸透させる程なので、オムツでも許容範囲を超えてしまうのを覚えておいてください。

 

ベッドガード

 

介護を必要とする高齢者が寝ている時、たまに落ちてしまう事があります。

本人は寝ぼけている事が多く、落ちた事すらなぜ落ちたのか状況がわからないまま解決する事が多いのです。

 

転落防止のためにベッドガードは必要なものだと感じました。

特に転落防止のみならずトイレの行き来を繰り返しているとベッドに敷いているシーツがずれてベッドから流れ落ちる事があります。

それも含めてベッドガードを取り付ける事で防止する事が出来ます。

 

おすすめはベッドガードとはいえ”高さがあまり高くない”ベッドガードです。

高すぎるとトイレに行こうとするもベッドガードが邪魔で足を下せない事になりますし低すぎると乗り越えてしまう可能性もありあmす。

 

あくまで高さがあまり高くないベッドガードが便利に活用できると思います。実際にベッドガード選びは高さで悩みました。

 

使い捨て手袋

 

ないと困る定番のものなのが使い捨て手袋ですね。

オムツの交換とか体を洗う時とか、人によっては衛生面が気になりますし仮に爪とかに混入したりすると精神的に嫌な気持ちになります。

 

使い捨て手袋は絶対持っておくべき物ですが、+でマスクも取り揃えておくと便利です。

 

あったら便利だけど要らなかった物

 

逆にあれば便利だけど正直要らないなと買ってから思った物もあります。

これも必要かな?と思う物が入っていれば参考にしてください。

 

呼び出しチャイム

 

在宅介護だと寝る部屋が違えばもしもの時に何かあると気付く事ができません。

そこでワイヤレスチャイムを購入しましたが『要らない物』になりました。

 

というのも、僕の祖母は

  • 文句たれ、口ばかり
  • ボケて呼んだかすら覚えていない

とデイサービスの人にすら『しつこい人』と呼ばれる程目的もなく無駄に人を呼びます。

それが夜中でもバンバン呼ぶので、ストレスと負担から倉庫にしまいました。(笑)

 

口うるさい人やしつこい人には要らない物と思います。

逆に無口、必要以上の要求をしない方ならアラーム=ほんとにヤバい時にしか呼ばないと思うので無口な人を介護しているなら購入しても良いでしょう。

 

集音器、補聴器

 

歳を重ねるにつれ耳が遠くなりはじめるので集音器を購入しましたが、これも『要らない物』となりました。

祖母は何にでも会話に入ってくるタイプなのでそもそも話を聞いてない、え?って返事するだけなので意味がありません。

 

また本人も集音器を取り付けると『なんか気持ち悪い』と言って外してしまいます。違和感と祖母の性格から要らない物になりました。

ちなみに高齢者用のテレビスピーカーも要らない物になりました。そもそも聞いてないorテレビの音にイライラするそうです。

 

まとめ

 

介護をしていて便利だったグッズ、必要なものを紹介しました。

お風呂等はデイサービスに任せているとお風呂の手すりとかは要らないものになると思います(お風呂を入れるなら手すりは買うかレンタルした方がいい)。

 

一番便利だったのはおしぼりディスペンサーですね。体を拭いたりオムツの交換に食事の時の除菌にもなるのと手すりに拭いたりして除菌できるので使う幅の広さがダントツでした。

広告