汚部屋だったのが一転?!僕を変えた片付ける3つのコツと掃除用品

  • 2018年11月16日
  • 2019年6月11日
  • 雑記

いつになっても部屋が片づけられない所か徐々に物が増えていって汚部屋になっていませんか?

部屋が物に溢れかえって汚くなると友達は呼べないし変な匂いが漂ってきたり、足の踏み場もない….なんて状況になりかねません。

でも、片づけようとしてもなぜか片づけられないものです。

僕は片づけられない人で、よく部屋にビールの空の缶やペットボトル等が散乱していました。

しかし、5つの簡単なコツを身につける事で綺麗に片づける事が成功し僕自身『もっと部屋を綺麗に出来ないか?』と考えるようになりました。今回は実際に実践した部屋を片付けられる3つの簡単なコツをお伝えします。


そもそもなぜ部屋が汚いとダメなの?

部屋が汚い人が絶対に思う事が

 

なんで部屋が汚いのはダメなの?

という事です。

僕も汚い部屋の中にいても『自分自身が不便してないからいいのでは?』と考えていましたし、気にしないのであれば部屋が汚くて良いと思いました。

しかし、部屋が汚い時と部屋を綺麗に片づけた時で

  • 運勢がマジで違う
  • お金が舞い降りるチャンスが増えた
  • 精神的に部屋が広く感じる=心の余裕が変わる

と感じました。

幸福度が全然違います。

騙されたと思って部屋を片付けられる人間になってみてください。人生変わります。

関連記事

部屋が汚い人って必ずいますよね。その中でも”低所得””貧乏”が遠回しながら共通する点として挙げられます。 こう言ってしまうと、貧乏の方をバカにしているのか!?と思う人もいると思いますが、僕が友達の家に遊びに[…]

 


部屋を片付ける簡単な3つのコツ

では部屋を片付ける簡単な3つのコツを紹介します。

これを参考にして部屋を片付けられる人になってみてください!!

 

1.小物は毎日、中物は週何日、大物は日で片づける

部屋を片付けられない人がいきなり思い切った行動をしても絶対身につけられません。

最初に始めるべきコツは”小さな事からコツコツと”という部分です。

ここでいう

小物=ペットボトルや空き缶、ティッシュや要らない小さな物

中物=封筒やはがき、衣類等

大物=掃除機をかける、小さなゴミ袋を集める等

三つの分野に分けて片づける習慣、美意識を身につける事が重要です。

 

日を分けて取り扱う事と全て一カ所(定位置)に集める意識

 

例えば空き缶が3個だけ置いてあったとして、それを洗面所に持っていって水でゆすいでゴミ袋にいれる……部屋の構造によりますがめんどくさくないですか?

工程が二つもあるんですよ。

部屋を片付けられない人にとっては面倒です。

なら、空き缶を集めるゴミ袋→後日洗って捨てる日と分けられない工程を日単位で一つ一つにしてしまう方が楽ですし意外と身につきます。

片づける日をゴミの日に合わせる

 

小物は毎日1工程を行い、中物は週何日かに分けて片づける日を決めて大物は自治体のゴミの日に合わせて片づける習慣をつけると自然に部屋を綺麗に片づけられます。

 

例えば月曜日に小物を1工程の片付けを行い、日曜日に3工程必要なものを1工程終わらせる….これを毎日繰り返す事で習慣と『やらないといけない』意識をつけることができます。

しかし、片づけられない人が毎日延々と片づける作業を行ってもサボる、絶対飽きてしまいます。

 

そこで最終的にゴミの日の曜日をゴールとして片づける事で

  • ゴミの日の次の日から部屋が綺麗に維持ができそう=その週は片づけるのをお休み
  • ゴミの日の次の日も多少汚くなりそう=小物パートで片づけていく

サイクルを作り出す事が出来ます。

 

2.掃除機をかけたいから、というきっかけを意識する

片づけたい、と思って片づけても長続きしません。

なぜなら片づける習慣もやり方もわからない人が『部屋を片付けよう』と思っても気にした事のない事だからダラけて飽きてしまいます。

 

いうなれば現状に不便を感じない為、片付ける意味が全くないと考えてしまいます。

しかし掃除機をかけたい、という理由だとそもそも掃除機をかけるには部屋の物をどうにかしないといけない為掃除機をかけるありきで片づけることができる様になります。

物でみえなかった床に掃除機をかける気持ちよさはすごいですよ。

 

その日にやろう、と思わない程度に

ポイントなのは『その日に全部やってしまおう』と思わない事です。

掃除機をかけたいという間接的なきっかけで片づけ始めても絶対ダレます。僕がそうでした。

 

掃除機をかけたい=物を一度机に置く=掃除機をかけた後、机に置いたものの中に要らない物を捨てる

これだけでいいんです。

変に全部手をかけようとすると『あ~もうめんどくさ』ってなって要らないものまで元の位置に戻したり片づけたりするので余計に物であふれかえります。

バランス良くダレてしまわない程度に片づけましょう。

 

3.消臭スプレーを買ってくる

『部屋の片づけと全然関係ないじゃん!!』

 

わかりますわかります、言いたい事はわかります。消臭スプレーの差し金かよって。

でも消臭スプレーを購入してから僕は片づけることができました。

 

消臭スプレーを買う事で、『そもそも臭いやほこりが出る物があるから意味ないじゃん、片づけよ』って気になるんですよ。

言ってみればゲン担ぎみたいなもので、片づけるグッズや掃除用品を購入すると使いたくなる効果を利用して自分を奮い立たせて片付けを行わせるようにする仕組みです。

 

騙されたと思ってマジでやってみてください。特に好きな香りのする消臭スプレーが良いです。僕はファブリーズでした。

 

掃除以下の掃除用品を買っておくのも”意識がけ”に繋がる

掃除機をかけるとなるとワイヤレスでも部屋を片付けられない人からすれば『無駄な労力』なんて考えてしまうんですよ。

事実充電式のコンパクト掃除機を持ってましたが、1回使った後押入れに入れて封印しました。(笑)

汗をかいてまでして行う掃除のクオリティを片手間で処理しようとするのは無理です。

 

掃除以下の掃除用品を買う事で『ちょっと気になった』時に使用出来るので片づける意識がけを行う事が出来ます。

 


片付けられない僕が出来るようになれた掃除用品

 

ここで片付けられない僕がこれきっかけで片づけられるようになった掃除用品を紹介します。

僕が使ったものは全て『面倒だから』が理由です。

 

カーペットクリーナー、ぱくぱくローラー

よく髪の毛とかホコリをコロコロを使用して接着テープで取る事がありますが

あれめんどくさくね?テープ剥がすのとかそのままほったらかしだと汚い部屋が余計汚く見える

 

そのめんどくささと見た目を考慮されたのがぱくぱくローラーでした。

表面はこんな感じで”テープレス”になっているカーペットクリーナーでめんどくささがありません。

これなら片付けられない、掃除出来ない僕でも使えます。

使い方は単純にコロコロしてポイで終わり。

カバーを開けると中には髪の毛やほこりが溜まっていました。

片付けられない人=大きな行動をしたくない人が多いと思います。事実僕も『片付け、掃除の為に大きく動きたくない』人なので片付けしませんでした。

ぱくぱくローラーは『気になるなぁ』ってところをコロコロするだけなので非常に便利だし、気になるなぁの意識が大きくなって片付けを始めるきっかけになってくれたのでおすすめです。

 

まとめ

僕が部屋を片付けられるようになったコツは

  • ゴミの日に合わせて小さな片付けをコツコツ行う
  • 掃除機をかけたい、という間接的なきっかけから邪魔な物をピックアップして捨てる
  • 消臭スプレーや掃除用品を購入して”ゲン担ぎ”と意識改革

でした。

正直掃除機をかけたい、というきっかけもダイソンの掃除機を購入したのが大きかったと思います。

片づけをゲームとして考えてみれば

小さな事=経験値を貯める

ゴミの日=レベルアップになります。

小さな事からコツコツと……まずは小物から始めてゴールをゴミの日に合わせてみては?衣類でもね。