Jimdoにグーグルアドセンスを貼る方法、自動広告からユニットまで貼り方を説明

  • 2018年11月24日
  • 2019年5月8日
  • jimdo

ホームページ作成サービスのJimdo(ジンドゥー)。

ブログパーツを使ってブログを書いていくスタイルは、直感的でブログ初心者も使いやすく好評です。

Jimdoで作ったサイトで収益を獲得する為、グーグルアドセンスを登録してグーグルアドセンスの広告を表示する人も少なくありません。

他のブログサービスなら項目の中にユニットのタグを挿入する事が出来ますが、Jimdoではその項目がありません。

そこでグーグルアドセンスの広告の貼り方を画像を用いて簡単に説明します。


Jimdoにグーグルアドセンスを貼る方法(広告ユニット編)

まずはJimdoにグーグルアドセンスを貼る為に広告ユニットを作成しましょう。

グーグルアドセンスにログインし、広告→広告ユニットをタップ→新しい広告ユニットをタップして広告を作成しましょう。

広告バナーのサイズは自分が欲しいサイズで作成しましょう。

Jimdoの既存レイアウトによっては336.280pxの広告ユニットが入らない場合があるので注意しましょう。(僕はDubai、Amsterdam、Berlin,Bordeaux,Helsinkiと数種類使ってきましたが、Dubai以外はサイドバーに表示させると確か切れます。)

 

広告ユニットを作成したらJimdoのサイトを開きます。

ページを作成する時に見出しや文章を挿入するブログパーツの中に”ウィジェット/HTML”という項目をタップしましょう。

ウィジェット/HTMLを表示したら、作成した広告ユニットをペーストして保存しましょう。

すると広告が表示されます。

 

広告ユニットが表示されない場合

広告ユニットをウィジェット/HTMLに挿入してもアドセンスが表示されない場合があります。

考えられる対策から広告ユニットを表示させてみましょう。

 

自分のサイトの確認が終わっていない

グーグルアドセンスの審査をクリアし、早速広告ユニットを作成しようとしても自分のサイトの確認が終わっていないと表示する事が出来ません。(というよりユニットが作れなかったと思います。)

自分のサイトの確認が完了してから広告ユニットを作成しウィジェット/HTMLに挿入してみましょう。

 

作成してすぐ表示されない

グーグルアドセンスの広告ユニットは作成後、挿入してからしばらく時間を経ってからではないと表示されません。

これはJimdoであなたが作成したサイトのジャンルにマッチングする広告を表示する為に時間がかかる為、すぐには表示されません。

ウィジェット/HTMLに挿入後1時間は待ってみましょう。

 

ウィジェット/HTMLに挿入してもユニットのタグが消えている

恐らくウィジェット/HTMLに入れるタグが間違えています。

例えば自動広告のタグを入れても反応しませんし表示する事もありません。

また<div>や<head><style>等の指定タグをウィジェット/HTMLに意味もなく入れていると反応しなくなる可能性があります。

一度広告タグをコピーペーストで入れて表示されるか確かめてみましょう。

 


Jimdoにアドセンスを貼る方法(自動広告編)

Jimdoで広告ユニットを使用して表示する場合

  • 毎記事自分で広告ユニットを入れないといけない
  • ヘッダーにJimdo独自タグを用いてH2上、H3上に表示させる

が必要となります。ヘッダーにJimdo独自タグを用いてH2上を指定して表示させる方法がシンプルで簡単ですが、独自タグを理解してないとわからないので導入するのに非常に時間がかかります。(昔調べたら情報があったが今ではわかりません)

そこでアドセンスの自動広告を用いる事で毎記事広告ユニットを入れる手間もなくなります。その自動広告の貼り方は以下の通りです。

 

まずはグーグルアドセンスで広告→自動広告から自動広告の設定をタップしてタグを発行しましょう。

なお、ここで表示したい広告ユニットや”この記事には表示させたくない”のをURLグループに登録する事で自由に表示、非表示が行えます。

 

タグを発行したらコピーしてJimdoのサイトに行きましょう。

Jimdoのサイトに来たら管理メニューをタップします。

基本設定をタップします。

ヘッダー編集をタップします。

ヘッダー編集の中に自動広告のタグを入れて保存を押しましょう。

 

これで完了です。JimdoFreeにはありませんがPro,Businessの場合各ページでCSSを用いて管理すればジャンル別に非表示を行う事も出来ます。

わからない場合はヘッダー編集に自動広告のタグを入れてアドセンスのグループURLで管理しましょう。

なお、ヘッダー編集の中に他のタグ(アナリティクスやグーグルサーチコンソールの認証タグ)があっても消さないように。

 

自動広告が表示されない場合

自動広告もまた表示されない場合があります。

 

ヘッダーに埋め込んですぐ

自動広告もまた、ヘッダーに埋め込んですぐだと表示されません。

広告ユニット同様しばらく経ってからじゃないと表示されないのでヘッダーに入れたらしばらく待ちましょう。

 

保存を押しても弾かれる

保存を押してもタグが消えたり、『何らかの問題があって保存できません』と表示される事があります。

他のタグと混ざっていませんか?例えば<style>タグの中に一緒に入れてしまっている等だと保存を押しても弾かれる事があります。

必ず改行してタグを入れる事にしましょう。

 


Jimdoとアドセンスの豆知識

Jimdoにグーグルアドセンスを設置する事が出来たら、実際に僕が感じた覚えておいて損しない情報があります。

参考にしてバランスの良いアドセンスとサイト作りに役立ててください。

 

自動広告だとファーストビューに広告を表示できる

他のサイトをサーフィンしていると、タイトル下に広告が出ていたりタイトル上に広告が表示されているのを見た事がありませんか?

Jimdoの場合ユーザーがタイトル上に広告を表示させたり、サイト名の下に広告を表示させることができません。

しかし、アドセンスの自動広告を使用する事で画像の様にタイトル上に広告を表示させることができます。

その代わりJimdoのお洒落なレイアウトを崩す形になるのと、サイズをコントロールする事が出来ないので注意しましょう。

 

関連コンテンツユニットは自動広告経由の方がサイト表示が早い

アドセンスでとある条件をクリアする事で解放される関連コンテンツユニット、当ブログでも使用していて利便性を高めています。

Jimdoでも関連コンテンツユニットを使用していますが、個別で関連コンテンツユニットをウィジェット/HTMLで挿入するよりも自動広告で自動的に表示させるようにした方がJimdoのサイトの表示が早い事がわかりました。

といっても表示される場所はフッター下が多いので、”別に関連コンテンツユニットの位置を気にしない”という人はサイト表示が早い自動広告で管理した方が良いでしょう。

 

サイドバーに広告ユニットを入れると全記事表示できる

Jimdoで唯一共通ページとなるのがサイドバーです。

レイアウトによっては非常に小さいサイドバーしかない事もありますが、サイドバーにアドセンスの広告ユニットを入れておく事で全記事に広告ユニットをその場所に表示する事が出来ます。

スマホだと下に表示されるのであまり効果がないものの、パソコン表示だとファーストビューに表示出来る為効果は高めです。

 

パソコン表示を大きくしたい場合は”rectangle”で解決する

Jimdoで流行りのダブルレクタングルでアドセンスを表示させようとすると

ヘッダーにスマホ表示、パソコン表示のCSSを作る→毎記事にウィジェット/HTMLに広告タグを二種類<div>指定して管理

となります。コピーペーストすれば簡単ですがそこまでして収益が高められるか?は微妙です。

そこでパソコン表示でも広告ユニットを大きく見せる為に

新しい広告ユニット→レスポンシブ広告ユニットを作成→ウィジェット/HTMLに入れる時に

data-ad-format=”auto”のautoをrectangleに変更

する事でボディいっぱいに広告ユニットが表示されるようになります。

毎記事一つだけで管理したい場合は便利(スマホ表示だと336/280px or 300/250pxの広告が表示される)ので活用しましょう。