冬のロードバイクは寒い!放置にならない為の付き合い方

ロードバイクを購入してハマり始めると同時に訪れるのが冬の寒い時期です。

ロードバイク乗りにとって冬の寒い時期は大きな課題になります。

寒いことから服装選びが難しく「厚着しすぎて冬なのに汗をびっしょりかいてしまった」「薄着すぎて風邪をひきかけてしまった」失敗した人も少なくありません。

その失敗から寒い時期になるとロードバイクに乗らず放置してしまう事もあります。

夏なら脱ぐだけ、水分補給を大切にしていればそれ程気にしませんが冬のロードバイクは非常に苦労します。



冬だからこそのロードバイクの苦労

冬の寒い時期だからこそロードバイクの苦労は沢山あります。

例に挙げられるのが温度の対応とメンテナンスです。

冬の寒い時期はロードバイク乗りにとって天敵です。

ママチャリや通勤通学に使うクロスバイクならダウンジャケットやコートといった厚着となるものを着て走行しても何も問題もありません。

私服だからこそ厚着をしてもそこまでスピードを出す事もありませんし、風の抵抗もありスピードがそもそも出ません。

しかし、ロードバイク乗りはサイクルジャージ、厚いものでもサイクルジャケットやウインドブレイカーといったスポーツを想定した服装でバランスよく温度管理をするのが難しくなっています。

そしてメンテナンスです。寒い時期になるとメンテナンスも外に出て行うのが億劫になって放置してしまう原因となります。

手が冷たくなる事で工具に力を入れるときは手の平が痛み出したり、メンテナンスの時に謝ってスプロケットやホイールに手をぶつけてしまうと冷たくなった手が痛いのです。

ロードバイクならチェーンの清掃は100-200kmを目安に掃除したいですし、洗車しないと汚れたロードバイクに乗るのはみっともなく見えてしまいます。

服装選びとメンテナンスが寒い時期になれば面倒くさくなり放置する事になります。

上手な服装選びは?

ロードバイクの冬の寒い時期の服装選びは

「一つの厚着のもので片付けないこと」がポイントとなります。

例えばロードバイク乗りがサイクリングを始めて数十分後、燃焼が始まり体が熱くなってきます。

その時に厚い服1枚で片付けてしまうと、それを脱ぐ事で逆に寒くなってしまいます。

例えると中1枚(サイクルジャージ)、外1枚(毛がついたサイクルジャケット)だと脱いだら確実に寒いのです。

気温が18度だからこの服装、8度だからこの服装二枚、と1枚に対して防寒効果の高いものを選ばないようにしましょう。

理想はマトリョシカの様に少しの温度を脱いで対応できる服装選びです。

例えば、サイクルジャージ、薄めのサイクルジャケット、最後にウインドブレイカーといった様に中に温度がこもったりしないものの、脱いだり着たりする事で風対策、温度対策が行える様にする事です。

これが基本となるので必ず覚えておきましょう。特にウインドブレイカーはコンパクトで春秋冬に柔軟に対応できる能力を持っているので、持っていて損しません。

また、グローブをするのも必要です。ロードバイクで走行して体が暖まってきても手は暖かくなりにくいのです。

冬のメンテナンスを上手に乗り越える

冬のロードバイク のメンテナンスはチェーン掃除やディレイラー清掃、フレーム洗車等水を取り扱う可能性のあるものは大変苦労します。

水の冷たさもありますし工具を握る痛み、メンテナンススタンドがいいものを使っていないばかりに中腰になって腰痛を起こしてしまったりと冬のメンテナンスを乗り越えるのは簡単な事ではありません。

冬のメンテナンスを上手に乗り越えるために、ある程度の部分を妥協してしまうのも得策です。

例えばブレーキの交換や調整、グリスアップやディレイラー調整といった部分は家の中でも行えるので部屋でメンテナンスを行い、チェーン清掃、洗車等の外で作業を行うメンテナンスは専門店で任せてしまう事で冬のロードバイクを上手に付き合う事ができます。

特に専門店で購入したロードバイクならメンテナンスを無料で行ってくれる店舗が多く、寒い時期もメンテナンスでストレスを抱えずに乗り越える事ができます。



冬のロードバイクはトラブルも付き物

冬になると普段トラブルが起きないロードバイクでもトラブルを起こしてしまう事があります。

代表的なのがパンクです。

冬になると中々空気圧が上がってくれません。

上がらないどころかいつもより少し空気圧が下がった状態で走行することになります。

ロードバイクにとって空気圧管理は非常に大切な部分です。冬の寒い時期だったためにパンクしてしまった、なんてことのない様に上手に付き合う必要があります。

 

寒い事でパンクの他にもタイヤの硬化が始まる事も忘れてはいけません。

タイヤの硬化で硬くなったタイヤはグリップ力が低下してしまいます。

スピードを出してでコーナーを走るのは非常に気持ちがいいものですが硬くなったタイヤで曲がるとスリップの原因となります。

タイヤの硬化によるグリップの低下はどれほど影響があるかはタイヤによって違います。

サイクリングを行う上でタイヤの硬化とパンクリスクに気をつけたいですね。

予備がなくパンクしたら

ロードバイクでサイクリングしている時に、予備のチューブを持たずにパンクをしてしまった!ロードバイクを乗っている人なら必ずある光景だと思います。

予備のチューブがないのでパンク修理ができませんし、レッカーをお願いしようにもJAF等は二輪までで自転車を取り扱っていません。

ママチャリだとパンクした状態で自転車屋に向かう光景を見た事もありますし、ママチャリのホイールは頑丈に作られていてそのまま走行後パンク修理してもホイールが歪む事もありません。

しかしロードバイクホイールは軽量化がメインになっていてママチャリの様に頑丈にできていません。

 

ロードバイクのパンクはサイクリングロードなら通りかかったロードバイク乗りの人に訪ねてみるのも手です。

ロードバイクのパンクトラブルはお互い様なのです。以前僕はサイクリングで困っていた所をロードバイク乗りの人が声をかけてくれてチューブを貰ってパンク修理を無事行う事ができました。

勇気を出して声をかけてみましょう。ロードバイク乗りの中には助けてくれる人がいます。助けて貰ったら次はあなたが助ける番という気持ちを持っておきましょう。



冬のロードバイクの保管場所

冬の寒い時期になるとロードバイクの保管場所に悩む事があります。

例えば駐輪場で保管していたが冬になってシビアな空気圧の管理やタイヤの硬化、そして雪が降ればロードバイクに乗れなくなってきます。

野外保管だとトラブルや呑み帰りの人による盗難も増加します。事実冬になると駅の駐輪場の放置自転車までもが無くなる事はご存知でしょうか?

冬には忘年会から飲みに行く人が増加し、ベロベロになるまで飲んで終電やバスを見逃してしまう人が増えるのです。

そこから軽い自転車ロックや元々鍵がついていないロードバイクを野外保管していると盗難されてしまう事になります。

ロードバイクにハマっているなら盗難された時のショックは精神的にくるものがあります。

そうならない為にも冬のみならず保管場所を変えてみるといいでしょう。

ロードバイク乗りの為の物件の条件

ロードバイクを大切にしたい、ハマってしまったからこそ冬のトラブルや盗難が怖いものです。

ロードバイク乗りに都合のいい物件を探すのが理想的です。

物件に必要な条件は保管スペースの確保、エレベーター付です。

家の中に保管スペース、それもスペースのみならず廊下も広々とした空間があるとロードバイクを持ち運んだり出し入れをする時に壁紙に傷をつけません。

壁掛けだけでも室内保管を実現できるので、下にマットを敷けるスペースだけでもいいでしょう。

そしてエレベーターです。階段のみだと冬なら寒くて持ち上げるのも面倒になって結局野外保管、駐輪場において放置してしまいがちです。

エレベーターがつく事でロードバイクを簡単に移動させられますし女性でも持ち出しが簡単になります。

 お得にキャッシュバックされるキャッシュバック賃貸でエレベーター付き、ゆったりとした保管スペースのある物件を探す キャッシュバック賃貸