リニューアルオープンしたスシロー藤井寺店に行ってきたが、100円回転寿司は進化し始めてた

こんにちは、しょうです。

2018年12月20日に沢田交差点すぐにあるスシロー藤井寺店がリニューアルオープンしました。

以前からこの店舗にはお世話になり、100円の回転寿司を楽しませてもらっていました。

と言っても以前紹介した記事でもある様に、100円の回転寿司=原材料が他国産あり、機械握りで手握りの味わいがない、安く済ませるならという理由で利用していました。

関連記事

スシローやくら寿司、はま寿司にかっぱ寿司といった100円の回転寿司、家族でもサラリーマンでも腹を満たしてくれる素晴らしい回転寿司です。独自のネタ選びで10貫セット等主婦や年末年始に家で食べる寿司を支えるスーパーのお寿司、そして100[…]

もりもり寿司ののどぐろ

しかし、リニューアルオープンしたスシロー藤井寺店をみて、100円の回転寿司は進化し始めている、と感じました。


100円の回転寿司は進化は良い方向に進んでいる

スシロー藤井寺店にご来店し、席に着いた時に一番に目がいったのは

タッチパネルです。

従来の100円の回転寿司というと専用のタッチパネルで設置している部分から分離することができませんでした。

しかも、スシローで標準装備されているタッチパネルは指の反応が悪くて爪を立ててタップする事で反応することが多い謎仕様が多かったです。

それが新しくなり、指の反応も良くタッチパネルを外してテーブルに置いて注文することができるようになりました。これは子供に嬉しいポイントではないでしょうか。

 

リニューアルオープンした事もありデジタル化が更に進んだ印象です。スシロー羽曳野店や八尾店はまだまだ進化していないので近辺でいえばスシロー藤井寺店が初導入といった感じですね。

反応よりも次のページに進むスピードがスムーズで、パソコンでいうならintel core i5を搭載した状態になりました。これなら反応の悪さと次のページに数む処理も考えて面倒な部分が無くなったと言えます。

 

最も分離式のタッチパネルは大起水産や新店舗のはま寿司等でも採用されていますが、スシローはくら寿司同様関西では数十年前から店舗が存在するため、分離式のタッチパネルにアップグレードされていない店舗の方が多いのです。

機械握りの進化もリニューアルオープンで感じられる

これはリニューアルオープン前から既にスシロー藤井寺店の握り機がバージョンの高い機械を使っていたかもしれませんが、明らかにシャリのクオリティが上がっています。

僕が大好きなたこ、ネタが「乗っている」感がなく、シャリが程よく柔らかくて美味い。

真鯛、シャリの柔らかさとマッチして美味しく食べられます。

甘エビ、こちらも乗っている感は全くなし、甘エビ自体あまり好きではないがスシロー藤井寺店なら不快感が全くありません。

期間限定の7点盛り、100円の回転寿司とは思えないクオリティの寿司ネタに機械握りを感じさせないシャリのクオリティに思わずニンマリ。

ホタテ炙りウニ乗せ、贅沢の極みですな。

機械握りのクオリティが明らかに向上されていて、100円の回転寿司にありがちな「カチカチのシャリにぺっと乗せられた餌感のある寿司」が全然ありません。

スシロー藤井寺店のシャリは柔らかく、程よく子供でも食べられるくらいの酢が効いていてチェーン店だよね?と思わせるほどです。

 

というのも僕の近所にスシロー羽曳野店がありますが、あそこは絵に書いたような「餌感のある寿司」なんですよ。

シャリは機械握りが過ぎて硬い、ネタも乗っているだけなのと水っぽい時もあると最悪です。

理由はスシロー羽曳野店はスシロー藤井寺店よりも大分昔(あきんどの時代)からオープンされているにも関わらず、アップグレードされた事がないからだと考えられます。(内情は知りませんが20年前からずっと変わらない外見、内面です)

つまり古い冷蔵庫、冷凍庫、全自動握り機等古い設備を使われているので羽曳野店と藤井寺店で大幅なクオリティの違いが現れてしまっているわけです。

 

売り上げの理由でリニューアルオープンしないのかわかりませんが、藤井寺店と明らかな美味さの違いがあるのでもしかしたら羽曳野に住んでいる人も藤井寺店に足を運ぶ可能性もあります。

 

話は本題にも戻り、それだけリニューアルオープン後の寿司ネタのクオリティが変わった事が挙げられます。

下手したら大起水産と肩を比べ始めているかも?!と思わせるほどです。

今後スシローを食べに行くなら藤井寺店に行こうと思いました。

レジの混雑も違いが現れる

腹もいっぱいになったので会計をすると

ついにスシローにもセルフレジが導入されました。

有人レジもあるので、会計がよりスムーズになりました。まあ100円の回転寿司にレジの対応の良さを求めていないのでセルフレジでいいんじゃね?とは思っていましたが。

 

あえて言うなら100円の回転寿司、特にスシロー藤井寺店には裏にイルサローネがあるので食い逃げ被害が出ないかが心配ですね。(パチンコをしている人が悪い訳ではなく、変な人がスポーンしやすいと言う意味、パチンコ123に隣接する延羽の湯羽曳野店みたいなノリ)

 

100円の回転寿司のレジってなぜか混むんですよ。お年寄りが寿司を堪能した後にレジの人に話しかけるから時間がかかると言うかなんと言うか……。

そう言う意味ではセルフレジの導入は正解だし、今後完全にセルフのみにして管理人を配備するだけにすればホールスタッフはレジにわざわざ入ってスタッフ1人分をロスする必要も無くなります。

有人レジを残しておく事でお持ち帰りもスムーズです。

リニューアルオープンでここまで変わるのか….と驚きました。

株式会社あきんどスシロー

お近くのスシローを本ページからお探しいただけます。回転ずしを食べに行くなら、スシローにご来店ください。全店舗お寿司1皿1…


安くて美味く寿司を食いたいならスシロー藤井寺店が良いぞ

2018年12月20日にリニューアルオープンしたスシロー藤井寺店、2019年1月の段階だと藤井寺近辺で安くて美味しく食べられる100円系の回転寿司ならダントツトップに躍り出たのでは?と感じさせられました。

最も脱着可能のタッチパネルにセルフレジとユーザービリティおよびお子様でも楽しく注文しやすくなったのも評価に入れての話ですが。

ただ問題なのがクリンリネス、新しくなった機械に人が追いついていないしせっかくのユーザービリティもそこで損しているかな、と言う印象。

 

例えば醤油、スシローはスーパーでよく見るボトルタイプのものを独自販売しているのを置いてありますが、醤油がボトルに滴った跡がそのまま汚くなったボトルの状態でテーブルに案内がありましたし、タッチパネルも今後お子様のご来店が多くなる事も考えればしっかりとクリンリネスを励行していかないとせっかくのデジタルも錆びついてしまうでしょう。

 

特にインフルエンザが流行する時期なら敏感になる人もいるので、注意が必要かなと思います。(まあそんな奴は食いに来るなってなりますが)

ネタに関しては納得の美味さで、100円の回転寿司によくあるネタが落ちた状態の寿司が回っている、なんて事がほぼありませんでした。(ないわけではないしそれは仕方ない事と言えます。)

冷凍から解凍したばかりのネタがあったり、凍った状態で出てくる事もなく満足の一言。

スシロー藤井寺店から100円回転寿司の進化を感じさせらました。今後も安く寿司を食べるときにリピートですね。

スシローのスマホアプリを活用すれば予約もできるので、仮に土日祝日でスシロー藤井寺店を利用する時はスマホアプリから予約するのが吉。(実際17時に来店して予約なしで30分待ったので土日祝日はアプリ予約がオススメ)

追記:スシロー各店舗の改修が行われているようです。

「スシロー」は寿司(すし)・回転寿司のチェーン店です。店舗情報から最新のメニュー、会社概要などをご紹介します。回転ずしを…