飲食店で土日休みがある職場に転職する事はできるの?土日休みがある飲食店はあります!!

飲食店に働いた事がある人なら「飲食店の休みは不定期で平日が多い」と思っているでしょう。

事実飲食店で土日休みを実現するのは難しく、飲食業界の中では「土日祭日は稼ぎ時」という考えが一般的です。

チェーン店になると定休日もありませんし料金も土日だけ高く設定している店舗も存在するほど稼ぎ時なのです。

 

しかし飲食店によっては土日休みを積極的に、定休日として実施している職場があるのも事実です。

土日休みの飲食店には転職できますよ。

土日休みがある飲食店ってどんな所?

土日休みがある飲食店となると、想像されるのが「土日に売り上げ見込みがない」職場ということになりますね。

飲食店で土日休みは確実に機会損失に繋がる所を、そもそも売り上げが期待できないので休みにしている事になります。

 

土日休みではなく日曜休みを取り入れている店舗も多数あります。

 

例えばオフィス、サラリーマンが仕事の時に活用する飲食店は平日混み合いますが、休日は閑古鳥が鳴く店舗が多く土日は店を閉めている飲食店があります。

客層の9割をサラリーマンとしているため、休日に営業をしても仕事がないサラリーマンが来店しないので休日はむしろ売り上げが下がってしまいます。

よって従業員も土日休みになります。

特にオフィスビルは営業時間も短めな所も多く、終電が終わる前の時間帯に閉店する職場もしばしば。

駅近ではないオフィス系も日曜休みの土曜は空いている、といったスタイルをとっている飲食店も少なくありません。

 

土日休みの飲食店に転職する場合はオフィス系の「一定の客層のみを抱えている」飲食店がいいでしょう。

駅近ではない個人店にも着目

少し売り上げを伸ばしている個人店も土日店を閉めて休みにしている事があります。

求人にはあまり出回りにくいですが、新店舗の立ち上げ等で求人を出している事もあります。

 

土日休みのある個人店は休みを取りやすいのでタイミングよく求人があればチェックしておくといいでしょう。


土日休みを実現する為に求人票に注意!

土日休みの飲食店に転職する時に求人票には「土日休み」としっかりと表示されている求人なら安心できますが、「週休2日」の場合は注意が必要です。

週休2日は1週間に二日休日をシフトに応じて休める、という意味なので例えば月の休みが6日しかない場合、1週だけ休みが1日のみになります。

 

また、週休2日と書かれている場合土日休みかどうかわかりません。土日休みの飲食店に転職する為に土日休みと書かれた求人を探しましょう。

飲食店で週休3日は滅多にありませんが、毎週必ず2日休みを指しているので土日休みでなくても週休3日は穴場求人なので検討するといいでしょう。

店の定休日もチェックするべし

店の定休日をチェックするのも欠かせません。

定休日がある事は週休二日制の場合定休日に休日回数を消費することになるので、定休日は基本平日なので土日休みを実現できません。

絶対休みになるメリットもありますが、土日休みを実現する場合はその飲食店の定休日をチェックしておきましょう。

土日休みの飲食店に転職する為に

土日休みの飲食店に転職する為に、ハローワーク等の全般を請け負っている場所ではなく飲食業界を専門で行なっている転職サイトがいいでしょう。

特に非公開案件が多い転職サイトは非公開案件の中に土日休みの求人票が隠されている事もあり、いち早く見つける事ができます。

 

転職エージェントサイトなら「土日休みがある飲食店」を希望にすれば時間がかかるものの探し出してくれるので、自分で見つける用の飲食業界専門サイトと転職エージェントサイトでエージェントに探してもらうのが時間をかける事なく土日休みの飲食店を見つけ出せるでしょう。

関連記事

飲食業界の転職活動はジャンルに応じて様々な勤労業態です。お好み焼きからファミレス、ラーメン、はてはホテルのレストランから寿司職人.....飲食業と言えど働き方は幅広い。幅広い中から自分が働きたいと思う所を転職活動して探し出す[…]

飲食向け転職サイト比較