安くて軽いおすすめのクロスバイク!重量10kg以下の軽量クロスバイクはどれぐらいあるの?

できれば金額が安いけど軽いクロスバイクが欲しい!!っと思っていませんか?

軽いクロスバイクは漕ぎ出しが楽に感じられますし、持ち運びも重たいクロスバイクに比べて断然楽です。

ロングライドする人なら余計に重量の軽いクロスバイクの方がアドバンテージは高いです。

 

とはいえ

  • 安く抑えたい
  • 出来るだけ軽いクロスバイクが良い

という方に安くて軽いクロスバイクをお伝えします。参考にしていただければ幸いです。


軽いクロスバイクのボーダーライン

軽いクロスバイクのボーダーラインといえば重量10kg以下ですよね。

僕が乗っているクロスバイク、Escape RX3も重量10.3kgですがカーボンフォーク(-280g)、DEOREクランク(-348g)、23Cタイヤ(-360g)、チタンクイックリリースレバー(-80g)とカスタマイズを通じてようやく9.3kgまで減量することができました。

 

カスタマイズで軽量化していくと金もかかりますし、何より交換が面倒。

なら元から軽いクロスバイクの購入が良いですよね。

とはいえ10kg以下のクロスバイクとなると4万円以下で購入するのは非常に難しくなります。

 

仮に4万円以下の軽いクロスバイクを購入する場合は”11kg以下”がボーダーラインと言えるでしょう。5万円以下なら割と10kg台はあります。

目安としては

  • 3万円以下:12kg以下
  • 4万円以下:11kg以下
  • 5万円以下:10kg以下

と言えるでしょう。運良くあれば良いですが。

何で軽量化実現しているのかも重量になる

軽いクロスバイクは

  • パーツで軽量にしている
  • フレームで軽量にしている

のどちらかに偏ります。

これが安いクロスバイクで軽さを実現しようとすると必然的にフレームに軽量が当てられます。(パーツ代をカットして安くするため)

しかしフレームのみの軽量の場合、粗悪なクロスバイクなら溶接を削っているだけとか強度ギリギリで薄く溶接している事もあります。

 

できればパーツで軽量にされているモデルが好ましい。言ってしまえばトレッキング、マウンテンバイク用のコンポーネントが使われているのではなく、ロードバイク用のコンポーネントが理想となります。

とはいえロードバイク用のコンポーネントになるとそれはフラットバーロード扱い。

 

4万円以下なら11kg以下をボーダーラインとする事で、少しでも粗悪なフレームのクロスバイクに当たらない、購入しないようにできます。


安くて軽いおすすめのクロスバイク

 

4万円以下なら11kg以下の軽いクロスバイクはどれくらいあるのか?参考にしてみてください。

LIG MOVE(リグ ムーブ)

街乗りクロスバイクとして定番なLIG MOVE。

基本3万円しない価格設定ながら実は重量12kg(メーカー公表値) と値段の割に軽め。

とはいえ変速は6段変速、キャリパーブレーキ、前輪のみクイックリリースレバーとあくまで”街乗りシティークロス”という位置付けです。

 

街乗りだけで考えれば安くて割と軽いクロスバイクと言えるでしょう。

関連記事

街乗りだけでクロスバイクに乗りたい!!と考えているあなたクロスバイクは様々なモデルと値段帯があって悩ましいと思われます。 しかし、街乗りだけで考えているなら、LIG(リグ)でいいんじゃね?と思いますね。[…]

FORTINA(フォルティナ) FT7007

デザインがおしゃれなFORTINAのFT7007。

値段ほぼほぼLIGのクロスバイクと変わらず、重量は12.8kg(公表値)です。

LIGとの違いは変速が7速になりハンドルの高さ調整ができるハンドルステムを標準装備している事です。

 

とはいえこちらも”街乗りシティークロス”の部類なので、値段の割に軽い、街乗りに使う人向けでしょう。

 TRINX(トリンクス)FREE2.0

知る人ぞ知るコスパスポーツバイクのトリンクス。

以前はFREE1.0しかなかったがFREE2.0が登場。

4万円以下だが前後ディスクブレーキ、フロント3枚リア8枚の24段変速付きで11.8kg(公表値)とこの価格帯では優秀なクロスバイクです。

 

ロードバイクも5万円以下で買えるモデルの中でトリンクスは群を抜いてコスパがいいのので、ロードバイクにも興味がある人は確認してみると良いでしょう。


重量10kg以下の軽いおすすめのクロスバイク

安いを少し妥協して重量10kg以下の軽いクロスバイクも見ていきましょう。

10kg以下になると当然5万円以上は覚悟しないといけませんが、参考までに。

 

Giant CROSTAR(クロスター)

引用:https://www.giant.co.jp/giant19/bike_select.php?c_code=CA01&f_code=FD03&s_code=SR10

ジャイアントのEscape R3にスポーティと軽量化を図ったモデル、Crostar。

2020年モデルから6万以下の値段帯で重量9.7kgとEscape RX3よりも軽量。

 

コンポーネントのほとんどをシマノで統一されているのも嬉しいポイント。ジャイアントストアで購入すれば点検永年無料も付帯されるので、軽量コスパと点検を考えればお手頃かつお買い得なモデルです。

関連記事

GiantのR3、GRAVIER、CROSTARが先行販売されましたね。自転車メーカーは毎年最新モデルを販売しているわけですが、マイナーチェンジをするだけ、カラーリングが変わるだけ、のこともあります。しょう。さん[…]

NESTO LIMIT-2K

引用:http://nestobikes.com/products/limit_2-k/

HODAKA株式会社が展開しているブランド、NESTOのクロスバイク、LIMIT-2Kです。

価格は税抜きで5万円を下回りながらシマノ製のコンポーネントをメインとし、重量は9.9kgと軽量かつ安いです。

 

フレームは6061アルミフレーム、フォークもアルミフォークと走りに問題はありません。

税抜き5万円以下で10kg以下は中々ないでしょう。もう一つ上のモデルLimit-1Kもありますがそちらは9.2kgと更に軽量です。

コーダーブルーム RAIL700

HODAKA株式会社が展開しているスポーツブランドのコーダーブルームのクロスバイク、RAIL700です。

上位モデル譲りの独自フレームのEAST-Lを採用、コンポーネントはシマノのALTUSを中心に構成されています。

ALTUS自体は地味に重たいパーツですが重量は9.6kgを実現、一応この価格帯の中でクラス最軽量。

 

7万円もせず、僕が乗っているEscape RX3よりも安くて重量がEscape RX3よりも700g軽いので非常にコスパの高い軽いクロスバイクです。

KhodaaBloom(コーダーブルーム) RAIL700SL

重量9.6kgのRAIL700を更にスポーティに更に軽くなったクロスバイク、RAIL700SL。

フレームは上位モデル譲りのEAST-Lフレーム、フォークは乗り心地の良いカーボンアルミコラムフォークに進化、シートピラーもカーボンとなりアルミ特有のガツンとした振動から乗り心地の向上がされています。

ドライブトレインはSORAに統一し重量は圧巻の8,7kgを実現。

 

値段で言えばクロスバイクのエントリーモデルになるわけですが、8kg台でエントリーモデルと同じ価格帯で販売しているのは安いと感じられるでしょう。

FUJI(フジ) BALLAD(バラッド)

ヴィンテージスタイルのおしゃれなクロスバイク、FUJIのバラッド。

値段こそエントリークロスバイクと同じ価格帯だが、クロモリフレーム、クロモリフォークと重くなりがちな素材で重量10kgジャストを実現しています。

クランクは1速、リア8速の8段階変速と少ないものの、街乗り、私服で乗ってもおしゃれに乗りこなせるデザインはクロモリクロスバイクの魅力と言えるでしょう。

 

サイズも6サイズ、カラーも豊富と女性でも検討しやすいクロスバイクですね。一応重量10kgジャストは軽い部類に入ります。

軽いクロスバイク(番外編)

 

ここでは値段は安くないものの軽いクロスバイクを番外編として紹介。

こんなクロスバイクがあるのか?とみて頂ければ幸いです。

コーダーブルーム RAIL700-LTD

コーダーブルームのRAILシリーズ最上級モデル、RAIL700-LTD。

軽量化に最大の努力がなされたモデルで、圧巻の8.1kgを実現。カーボンフレームではないのに8.1kgはヤバイ。

 

コンポーネントにティアグラ、フォークはフルカーボンを採用とふんだんに使っています。

その分値段は跳ね上がり13万円台と後数万足せば105搭載のロードバイクが買えてしまう結果に。

ファン向け、クロスバイクが良いという人向けの最上級クロスバイクです。

CANYON ROADLITE CF 9.0(キャニオン ロードライトCF9.0)

バイクは単なる移動手段ではありません。フィーリングであり生き方なのです。バイクは私たちの情熱そのものです。都会の喧噪を後…

通販限定販売を行なっているCANYONのロードライト9.0。

クロスバイクだけどフルカーボンフレーム、カーボンフォークとハイスペック。

 

ドライブトレインにはDURA ACEを使う豪華なスペック、重量はなんと7.7kg!軽すぎ。

そのかわり値段はカーボンロードバイクは買えてしまう税抜き28万円、ん?逆にロードライトを買ってドロップハンドル化をすれば実質フルカーボンロードバイクになるのでは?違和感はなさそうだが….

まとめ

軽くて安いクロスバイクをお伝えしてきましたが、重量10kg以下を検討する場合メーカーが限られてきますね。

自転車メーカーによっては重量を公表していないクロスバイクも多く、サイズによって重量も変わります。

 

無難に10kg以下のクロスバイクを検討する場合はエントリーモデルの値段帯から探してみるのが良いかもしれませんね。5万円以下ならNESTOのLIMITが軽く安いですが直接販売のみなので店がないと難しいでしょう。

通販になると整備や点検も必要となります。参考にして軽いクロスバイクを検討してみてください。

関連記事

Amazonに楽天、ヤフーから自転車専門通販サイト......インターネットで自転車が購入できるようになってから、直接自転車屋さんに足を運ばなくても通販で買えば自宅に届く便利な時代になりました。その手軽さと直販店よりも値段が割引され[…]

自転車を通販サイトで購入する時の注意点