クロスバイクとロードバイクの違いは?自転車は目的別で選ぼう

ロードバイクブーム以降、クロスバイクやロードバイクを購入して乗り始める人が多くなりました。

特にロードバイクは弱虫ペダルなどの影響もあり、通勤通学の足として使われ始めるようになりました。

そんな中、クロスバイクとロードバイクで何が違うのか?シチュエーションで考えてどちらが優れているのか?クロスバイクかロードバイクを購入する事を悩んでいる人に向けて違いを紹介していきましょう。

 

クロスバイクとロードバイクの違い

 

ロードバイクの特徴

 

ロードバイクは舗装された道路で快適にスピードが出せるようにされた自転車で、スピードを簡単に出せるように前傾姿勢が取れるドロップハンドル、タイヤサイズは主に700Cで23C~25Cを履いているのが基本的な仕様となっています。

重量が軽い

 

フレームの素材がアルミ、カーボン、クロモリを使用している事が多いですが、クロスバイクより軽量になるように設計されているフレームが多く、ほとんどのロードバイクが10kgを下回る重量となっていて、ママチャリの平均重量が20kgに比べると非常に重量が軽いモデルです。

また上級グレードに使われている事が多いカーボンは、強度が高く軽い素材の代表核に君臨していて重量が7kgほどしかないモデルもあります。その代わり金額が高いです。

ロードバイクのエントリーモデル(15万台)ではアルミを使われている事が多いですが、アルミの番手がメーカーによって違い6000番か7000番のアルミが使われています。特に6000番が一番メジャーで7000番より柔らかい素材となっています。

逆に7000番は6000番より強度がある為、薄く成形しても強度を保ったままにしやすく軽量化に役立っています。

最近ではアルミでもカーボンと変わらない程の重量が軽いモデルが開発、販売され始めています。

 

平坦でスムーズにスピードが上げられるコンポーネントが使われている

 

ロードバイクはスムーズにスピードを上げる事が重視されていて、ギアに関していえば細かい歯数を大体20段変速で搭載されています。

自分の脚力に合ったギアを見つけやすいのもあり、長距離でも平坦な道なら疲れにくいです。

また坂道でも重量の軽さも相まってスイスイのぼる事も出来ます。

 

値段

 

クロスバイク、ママチャリなどに比べるとロードバイクは非常に値段が高いです。エントリーモデルで15万ほどで購入出来ますがロードバイクのレース等が盛んに行われている事もあり、モデルによっては100万円以上超えるロードバイクもあります。

主にアルミ、クロモリモデル=10万円~のエントリーモデル、カーボンモデル=20~100万超えるモデルもあり、カーボン+安価コンポーネント=15万でもある、といった素材とコンポーネントで値段が大幅に変わります。

 

クロスバイクの特徴

マウンテンバイクとロードバイクの中間として開発されたのがクロスバイクです。

ママチャリより適度な前傾姿勢に馴染みやすいストレートハンドルが使われている事が多いモデルです。

ハンドル幅も大体500mmが平均となっていて低速域でも安定させやすく、タイヤサイズは700Cの28C~32Cが主流となっています。

ロードバイクほどスピードを出す事が難しいですが、ロードバイクより太いタイヤサイズとストレートハンドルで乗り心地が良い傾向にあります。

ロードバイクでは32Cといった太いタイヤを履かる事がフレームの設計上出来ないモデルが多いですが、クロスバイクに23Cのタイヤを履かす事が出来たりと柔軟性も兼ね備えています。

 

コンポーネントはMTB用が使われている事が多いが…

 

コンポーネント(ブレーキやディレイラー等)はマウンテンバイク用が使われている事が多く、ロード用コンポーネントより剛性、耐久性が高い傾向にあります。

またマウンテンバイク用のギアとロード用のギアの中間のギアが使われていて、かなり急な坂道でも軽いギアで軽い力でゆっくり進む事が出来ます。

ギア自体は20段変速以上の物が多く、モデルによってはマウンテンバイク用のコンポで安定性、乗り心地向きにしているモデルからロード用のコンポが使われていてスピード向きになっているモデル等多種多様なモデルが沢山あります。

 

値段

 

クロスバイクのエントリーモデルは5万円から購入する事が出来、高いモデルといっても10万くらいで良いクロスバイクが購入可能なほど値段が安い傾向にあります。

そこからフォークがカーボン製だったりコンポーネントが良い物になったりすることで値段が上がる傾向にあります。

メーカーも低い値段設定で販売する事が出来る為、ロードバイクと比べてクロスバイクはかなり品揃えが豊富になっています。

スピード寄りから乗り心地優先、長距離でも楽なモデルなど様々なモデルやコンセプトのクロスバイクが多く、それに見合ったフレーム、コンポで値段が決まるようになっています。

 


目的別でクロスバイクとロードバイク、どちらが良いのか?

 

クロスバイクとロードバイクの特徴を確認したら、この目的だった場合どちらの方が使い勝手がいいのか?比較してみましょう。

 

目的地ありきの舗装路

 

軍配はロードバイクにあります。目的地に移動する+舗装路ならばロードバイクの方が素早く移動できますし目的地まで走るだけを考えるならロードバイクで決まり!!

 

目的地がない舗装路

 

どちらでも良いですがさすらいの様にフラフラっと適当に乗るならクロスバイクの方が楽しめます。

スマホで場所を確認したり信号待ちを受けたりするとロードバイクの方が疲れやすいです。

またクロスバイクはフレームの関係上低速域でも安定して直進するので、とりあえず自転車を出してどこかサイクリングでもするか….って事ならクロスバイクが良いでしょう。

特に目的はないけどフラっと街やカフェに立ち寄った際にロードバイクだと駐輪する時に盗難に気を使いかねませんがクロスバイクはそこまで気を使う事はありません(それでも盗難の恐れはある)

値段的にもクロスバイクの方が安いので仮に盗難されてもダメージは少ないでしょう。

 

景色の良い道や川沿い、海沿いを走りたい時

 

クロスバイクの方が良いです。川沿いや景色の良い道=砂利道や舗装されていない場所の方が景色が綺麗だったりするので砂利道等にも対応しやすいクロスバイクの方が使い勝手が良いでしょう。

クロスバイクの方がタイヤサイズが大きい為、ロードバイクよりパンクしにくいのもメリットです。

 

車に例えるとロードバイク=レーシングカー、クロスバイク=スポーティーカーの様なもので目的地ありきでサイクリングをするならロードバイク、とりあえず自転車を出してスーパーに行ったり都会に繰り出したり綺麗な景色をゆっくり走りたいならクロスバイクが良いです。

ダイエットや運動不足に始めようと思っている

 

クロスバイクの方がいいと思います。ロードバイクでダイエット、運動不足を解消しようと始めると前傾姿勢のキツさや慣れない操作で疲れるだけだと思います。

クロスバイクならママチャリとほぼ変わらない乗り方でダイエットを始められますし、飽きたら普段の足として使えるのでクロスバイクがオススメです。

関連する記事クロスバイクダイエットの乗り方、痩せ方のコツは?

 

通勤通学を考えている人

段差やガタガタ道を通ってしまう

 

圧倒的にクロスバイクです。ロードバイクだと毎日の通勤通学の際に段差などからパンクする可能性があります。

学校、会社までの距離が10キロ以下だったら

 

どちらでも良いですが会社=駐輪場、学校=敷地内駐輪場と考えると駐輪中の盗難や風で自転車が倒れたりして当たってしまうケースがあるのでクロスバイクをオススメします。

学校、会社までの距離が20キロ以下だったら

 

20キロ以下なら上記同様にどちらでも良いと思います。ただ通勤通学で自転車による筋肉の発達があると仮に片道20キロの場合クロスバイク=平均時速18~22キロなので大体1時間着、ロードバイク=平均時速22~30キロなので40分着と到着する時間が変わります。

学校、会社までの距離が25キロ以上だったら

 

ロードバイクを使いましょう。20キロ以上から普段乗りでクロスバイクは時間もかかりますし到着するころには疲れてしまいます。

 

サイクルイベントやレースに参加したい人

 

自転車をきっかけにイベントやレースに参加したい場合

 

圧倒的にロードバイクです。クロスバイクの場合レース等に参加する事が難しく仮装レース等しか参加できません。

ロードバイクは元々レース向きの自転車の為イベントやレースにバンバン参加出来ます。

 

車や二輪車の代わりとして使う場合

車の代わりに自転車でサイクリングを楽しみたい

 

ロードバイクの方が良いでしょう。スピード感がありますし他の人とのツーリングでもロードバイクの方がスピードを合わせやすいです。

 

バイクの代わりに自転車で楽しみたい

 

景色好き、目的のないサイクリング=クロスバイク、友達とのツーリングやバイクの代わりとして使い始める=ロードバイクです。

二輪車と違いクロスバイクやロードバイクは自転車専用道も使う事が出来、二輪車では入れない様な場所からの景色も楽しめます。

その為自転車専用道をぶらりとしたいならクロスバイク、友達とのツーリングならロードバイクがオススメです。

 

 

結局クロスバイクとロードバイク何が違うの?

 

クロスバイクとロードバイク、圧倒的に違うのは”値段、コンポ、フレームの設計”です。

クロスバイクは5万円~始められてコンポがMTB用がメイン、フレームの設計がロードバイクよりマウンテンバイクよりに作られています。

またブレーキもロードバイクはキャリパーブレーキですが、クロスバイクはVブレーキが主流です。

対してロードバイクはロード用のコンポがメイン、速度が出せるように考えられたフレーム設計となっています。

またハンドルがドロップハンドルなのでクロスバイクとは似て非なりです。

 

(まとめ)最後に

 

クロスバイクとロードバイクの違い、いかがだったでしょうか?自分の目的として使用する際どうしてもどちらの方が今後後悔しないのか?考えるものです。

そういった目的に対して選択を誤らない様にしたいところです。でもどうしてもクロスバイクから始めてロードバイクに変えるかもしれない….てかたは”速いクロスバイクに乗りたい!!そんな人におススメする速いクロスバイク”をチェックしてみましょう。ロード用フレーム、ロード用コンポ搭載のクロスバイクを紹介しているのでそのままロード化も可能です。

クロスバイクとロードバイクの違いを考えて、よいサイクルライフを贈りましょう!!