初心者向け5万円台で購入できるおすすめのクロスバイク

数あるクロスバイクの中で、ひときわ競争が激しい値段帯が5万円台です。

クロスバイクの中では初心者向け、エントリーモデルとして5万円という価格設定の中で、各メーカーがより良いものにしていこうと競い合っていて、ユーザーとしても5万円から始める人が最も多いと思われます。

 

5万円台からはいわゆる”有名メーカー”が購入できる事もあり、故障やトラブルが少ないクロスバイク、クロスバイクと言われるジャンルが5万円からとも言われています。

 

そんな5万円台のクロスバイクの中で、これはおすすめできるな~と思うコスパの良いクロスバイクを紹介します。参考にしてもらえれば幸いです。


5万円台のクロスバイクの選び方

5万円台のクロスバイクの選び方も、非常に重要となってきます。

それは、3万円台のクロスバイクを購入するよりも、見ておいた方がいいのです。

 

5万円となると、学生なら中々高額な商品になるので、是非チェックしておいてください。

フレーム

5万円台となると、フレームは主にクロモリ、アルミの二種類に分けられ、アルミといっても良質なアルミが使われるようになります。

クロモリに関しても、鉄+モリブデンなのに重量の軽いクロモリで質の良いクロモリが使われている価格帯となります。

 

  • クロモリ=乗り心地が良いけどアルミよりかは重い
  • アルミ=乗り心地が固いけどクロモリより軽くペダルにダイレクトに伝える瞬発力のあるスピードが出せる

5万円台に関してはフレーム材質の特性を理解して、自分自身がどちらの方が向いているのか?どちらが欲しいのか?選ぶ事にしましょう。

 

コンポーネント

5万円台からは”基本的にシマノ製”のパーツを多く使われているようになります。

シマノ製=スポーツバイク界隈では信頼が高くトラブルが少ない、長寿命と良いことしかありません。

 

しかし、5万円で全てのパーツがシマノ製のパーツを使われているわけではなく、クロスバイクの場合多くは”ブレーキ部分だけテクトロや他メーカー”が使われています。

 

というのも、5万円でコスパの良くする為にブレーキの部分を、他のメーカーにする事でコストカットをしている場合があり、ブレーキに関してはVブレーキが主流でVブレーキは割と素人でも交換がしやすいブレーキパーツとされています。

 

ブレーキ本体の値段も、シマノのDEORE(ミドルグレード)なら前後合わせて4千円いくかいかないかくらいで販売しているので、気に入らなければ自転車屋で交換してもらったり、カスタムしていくなら自分自身で交換にチャレンジしてみるのもいいでしょう。

(しっかり調整はしましょう)

 

逆に女性や普段乗りで使いたい人なら、ブレーキもシマノ製を使われているクロスバイクを買うのがおすすめとなります。

マウンテンバイク寄りとなるのかロードバイク寄りとなるのか

メーカーによって、クロスバイクでもマウンテンバイク寄りに設定されたクロスバイクがあれば、ロードバイク寄りに設定されたクロスバイクが販売されています。

 

自分自身が、クロスバイクをどう使うか?今後不満を出さない為にも、どちら寄りのクロスバイクを購入するのか?しっかり決めておく必要があります。

 

マウンテンバイク寄りとロードバイク寄りで、なにが違うのかは

マウンテンバイク寄り

  • タイヤが太い(32C)
  • フレームと後輪タイヤの間が広い
  • ギアが高い(35-11)

ロード寄り

  • タイヤが細い(25C~23C)
  • フレームと後輪タイヤの間が狭い
  • サドルがスポーティ

となります。

5万円台だとあまり変化がわからないかもしれませんが、参考にしておいた方がいいです。

ちなみに、標準的なクロスバイクはタイヤが28Cが主流となります。

 


おすすめ5万円台クロスバイク

 

Giant Escape R3(ジャイアント エスケープR3)

公式サイト、引用:https://www.giant.co.jp/giant18/bike_datail.php?p_id=00000042

説明が要らない程、クロスバイクの定番と言えるのがGiantのエスケープR3です。

税抜き5万円ちょうどに設定された値段に、コンポがブレーキ以外シマノ製が使われていて、非常にコスパが高く初心者にもカスタムベースにする人にもおすすめできるクロスバイクとなります。

 

女性でも乗りやすいように、サドルは柔らかめのサドルになっているのも魅力的。

デメリットとしては”定番過ぎて他の人と被る”という所。

 

どれだけクロスバイクが普及していない県でも一台は必ず見ます。

フレーム:アルミフレーム、クロモリフォーク

コンポ:ブレーキ以外シマノ製(リアALTUS,フロントターニー)

オールラウンダータイプ

重量:10.7kg

NESTO LIMIT 2-K

引用:http://nestobikes.com/products/limit_2-k/

Hodaka株式会社が贈る安価スポーツバイクブランド、Nestoのクロスバイク、Limit 2-K。

抜群の走行性能を実現したクロスバイクで、フレームサイズ480mmで10kgを下回る車重に、ブレーキ以外をシマノで統一したコスパ良しのクロスバイクです。

 

フレームは6061アルミフレームに、アルミフォークの組み合わせ。

Giant同様、店舗販売のみのクロスバイクとなるが、非常にコスとパフォーマンスに優れたモデルです。

Giant CROSTAR(ジャイアント クロスター)

公式サイト:https://www.giant.co.jp/giant18/bike_datail.php?p_id=00000041

こちらも定番クロスバイク、エスケープR3をベースにスポーティ寄りに設定されたクロスバイクが、クロスターです。

 

こちらは税抜き5.4000円となり、エスケープR3との違いはサドル、フレーム構造とリアディレイラーがALTUSから軽量のACERAに交換されています。

 

スポーティ寄りになった事もあり、クラス最軽量の9.9kgを実現しています。

エスケープR3も良いけどスピード感が欲しい、という方ならおすすめです。

アルミフレーム、アルミフォーク

コンポ:ブレーキ以外シマノ製(リアACERA,フロントターニー)

オールラウンダー

クラス最軽量の9.9kg

Gios Mistral(ジオス ミストラル)

ネットで検索して、真っ先に出てくる定番中の定番クロスバイク、ジオス ミストラル。

イタリーなデザインで女性でもクロスバイク女子デビューしやすい、男性でもオシャレに乗れるクロスバイクと言えます。

 

価格は5万円乗らない時もありながら、ブレーキからフロント、リアディレーラー等のコンポが全てシマノ製に統一されていてトラブルも少なく安定した走りを実現しています。

 

変速も3×8の24段変速なので力弱い女性でも楽々坂を登れます。迷ったらこの一台!!がミストラルですね。

フレーム:アルミ、アルミフォーク

コンポ:シマノ AltusMix、3×8の24段変速

クロスバイク寄り(マウンテンバイク寄りでもロード寄りでもない)

重量:10.9kg

GT COMP(ジーティー コンプ)

5万円ちょっとで、購入可能な奇抜なフレームデザインが特徴のGTCOMP(ジーティー コンプ)。

GTと言えばマウンテンバイクを専門的に開発、販売しているメーカーでその培ったマウンテンバイクのノウハウをクロスバイクでも採用しています。

5万円台だが、前後はディスクブレーキを採用、フロントリアディレイラー、レバー関連はシマノ製になっています。

 

クランク等はシマノ製ではないものの、GT独自のフレームとディスクブレーキはコスパが高いです。

また、ジオスのミストラルのように、あまり他の人と被らないデザインで面白いんじゃないでしょうか。

 

フレーム:鍛造アルミフレーム、スチールフォーク、スチールステム

コンポ:リアターニー、フロントTY-310の3×7の21段変速,ディスクブレーキ

マウンテンバイク寄り

重量:12.69kg

 

ブリジストン クエロ700C

タイヤで有名なメーカー、ブリジストンが贈るホリゾンタルクロモリクロスバイクがクエロ700Cです。

クラシカルなデザインながら、無駄の省いたコンポでフロントギアが1枚になっています。

ブレーキもカンチブレーキになっていて、クロスバイクというよりピストに近い様な設計となっていて他のクロスバイクにはない楽しさがあります。

フレーム:クロモリフレーム、ハイテンフォーク

コンポ:リアクラリスの1×8の8段変速、カンチブレーキ

ピスト寄りのクロスバイク

重量:12.1kg

MERIDA Crossway 100-R or 110-R

Giantに次ぐコスパの高いメーカーで、定評のメリダのCrossway 100-Rです。

リアディレイラーがAltus,フロントディレーラーはターニーを搭載、独自のTFS製法のアルミフレームでスピード感ある走行を可能としています。

残念ながらブレーキはテクトロ製となっていますが、Vブレーキは元々効きが強くガチで走る以外ならそのままでも気にならないと思います。(どうしてもの場合はDEOREグレードに交換しましょう。)

また、110-Rと100-Rがラインナップされているが110-Rは女性向け、100-Rは男性向けにフレームが設計されています。

メリダならではの気遣いで女性でも足がつきやすいスローピングフレームの設計が嬉しいポイントですね。(コンポやスペックには変化無し)

フレーム:TFS製法アルミフレーム、スチールフォーク

コンポ:フロントターニー、リアアルタスの3×8の24段変速

ロード寄りのスポーティフレーム

重量:110-R=11.7kg,100-R=11.9kg

女性向けならこちら。

関連記事

最近はクロスバイク女子という造語が誕生した事もあり、クロスバイクを女性が購入する事が多くなってきました。その背景には、運動不足解消やダイエット効果、クロスバイク特有の爽快感やスピード感、そしておしゃれに乗り回せる、といった女性ならフ[…]

FUJI PALETTE(フジ パレット)

市場によるが、5万円台を右往左往している日本が誇るお洒落番長のフジのパレットです。

駆動関連はシマノ製に統一、ブレーキ等のコストカットできる部分は自社ブランド製を採用する等、信頼を売っているのが特徴的です。

ホリゾンタルなフレームもかっこよく、フレームも良質なA2-SLアルミが使われていて重量も10.8キロと軽量ながら高い耐久性を実現しています。

 

カラーリングもかなり沢山あり、おしゃれに乗りたい女性からかっこよく乗りたい男性に、ロングライドも楽にこなせる万能クロスバイクとなっています。

フレーム:A2-SLアルミフレーム、クロモリフォーク

コンポ:フロントターニー、リアアルタスで3×8の24段変速

クロスバイク寄りだがロード寄りのクロスバイク

重量:10.8kg

 

Tern Clutch(ターン クラッチ)

ファッショナブルにクロスバイクが乗れるのがターンのクラッチ。

日本人のライフスタイルに合わせた無駄のない設計というコンセプトで作られていて、フロントギアは1枚540サイズ以外のサイズは650Cのホイールを採用していて普段乗りから通勤通学、お出かけに使いやすい作りとなっています。

 

カラーリングも5色から選択出来、どれも日本人のファッションに合わせやすいのが嬉しい所。

フレーム:セミエアロアルミフレーム、ハイテンフォーク(ハイテンは鉄の様なもの)

コンポ:リアアルタスの1×8の8段変速

650Cのホイールでシティーサイクル寄りのクロスバイク

 

FELT Verzaspeed 50(フェルト ベルザスピード50)

フレームの知識に関しては、一級品の異名を持つFeltのベルザスピード50です。

値段こそ5万円ちょっとでブレーキはテクトロを使われていてコスパが悪く感じてしまいますが、Feltでしか味わえない拘りぬかれた独自のフレーム設計が魅力的です。

クロスバイクの中でも速い部類に入り、あまりFeltを乗っている人が少ない事もあり人と被るのが嫌な人におすすめ出来ます。

フレーム:F-Liteアルミ、スチールフォーク

コンポ:リアアルタス、フロントターニーの3×8の24段変速

ロード寄りのクロスバイク(フレームがロード寄り)

重量:12.8kg

 

SCHWINN CUTTER(シュウィン カッター)

クロスバイクというよりピストバイクになってしまうが、シンプルなデザイン、無駄にいらない機能を取っ払ってシングルギアで楽しみたい人におすすめしたのがシュウィンのカッターです。

5万円以下で買えるピストバイクとしては評価が高く、ピスト=自分自身でカスタムしていく楽しさが味わう事が出来ます。

フレームはスチールなので錆には注意したいところですね。

フレーム:スチールフレーム、スチールフォーク

コンポ:シングルスピード

キャリパーブレーキ、ピストバイク

 


まとめ

 

5万円台で購入できるクロスバイクをお伝えしました。

自身の目的に合ったクロスバイクはあったでしょうか?

5万円台となると、幅広くクロスバイクが展開されているので、選ぶだけでも楽しくなると思います。

 

後悔のないようにクロスバイクを、マウンテンバイク寄りなのかロードバイク寄りなのか、それともシティサイクル寄りなのか、しっかり確認してクロスバイクの購入を検討してみましょう。

 

また、求めているのは速いクロスバイクなんだよ!!って方は”速いクロスバイクに乗りたい人におススメする速いクロスバイク”を、通勤通学や色々なシチュエーションでより細かくクロスバイクを検討したいなって方は”初心者におすすめしたいコスパと環境で選ぶクロスバイク10選”をチェックして参考にしてください。

後悔のないクロスバイクを購入して楽しいサイクリングライフをデビューしましょう。