Giant Escape RX3(2020)モデル発売!!2019年モデルとの違いは?

2019年7月12日、GiantからついにEscape RX3の2020年モデルが発表、発売を開始しました。

Giantのクロスバイクの中でも、Escape RXシリーズは大人気モデルのEscape R3にスポーティさとフィットネス感を搭載したフラッグシップモデルです。

 

当ブログでも度々Escape RX3を取り上げており、カスタマイズもしてきました。

今回はEscape RX3 2020年モデルと2019年モデル、何が変わったのか?違いを比較していきます。

2019年モデルと悩んでいる方の購入検討の参考にしてください。

 

なお、2018年と2019年モデルの比較もしているので、こちらも参考にどうぞ。

GIANT ESCAPE RX3 2018と2019比較、何が変わった?



Giant Escape RX3 2020年モデル概要

出典:Giant公式サイト

 

スペック

重量10.3kg

価格:65.000円

カラー:ブラック/イエロー/ブルー/ホワイト

  • フレーム:Aluxx SL-Grade アルミニウム OLD130mm(RIDESENSE対応)
  • フロントフォーク:アルミニウム OverDriveコラム
  • BBセット:VP BC73 120-68mm
  • ギアクランク:プロホイール RPL-521 30/46T 170mm(XS,S)175mm(M.L)
  • チェーン:KMC X9
  • フロントディレイラー:シマノ ACERA 34.9
  • リアディレイラー:ALTUS
  • シフター:ALTUS 9S
  • ブレーキセット:テクトロ TB07AL
  • ブレーキレバー:テクトロ CL520-RS
  • ギア:シマノ HG201 9S 11-34T
  • ヘッドセット:セミカートリッジ
  • ハンドルバー:Giant アルミニウム31.8mm 540mm(XS.S)580mm(M.L)
  • ハンドルステム:アルミニウム 31.8 80mm(XS),90mm(S),110mm(M.L)
  • サドル:Giant Contact Comfort Neutral
  • シートクランプ:D-FUSE アルミニウム
  • ペダル:アルミニウム
  • ホイールセット:S-R3

引用:Giant公式サイト

重量は10.3kgと2018年モデルと同じ重量に戻っています。

 



Escape RX3 2019年モデル概要

 

  • 価格:67.000円
  • SIZE:430.465.500.555(XS.S.M.L)
  • 重量:10.5kg(Sサイズ)
  • フレーム ALUXX SL-Grade アルミニウム OLD130mm
  • フロントフォーク アルミニウム
  • BBセット SHIMANO UN100 123-68mm
  • ギアクランク SHIMANO T3010(シマノ アセラ) 26/36/48T/CG 170mm(XS、S)、175mm(M、L)
  • チェーン KMC X9
  • F.ディレーラー SHIMANO ALTUS 34.9
  • R.ディレーラー SHIMANO ALTUS
  • シフター SHIMANO ALTUS
  • ブレーキセット TEKTRO TB07AL
  • ブレーキレバー SHIMANO ALIVIO
  • ギア SHIMANO HG201 9S 11-32T
  • ヘッドセット FSA セミカートリッジ
  • ハンドルバー GIANT Aluminum 25.4 540mm(XS、S)、580mm(M、L)
  • ハンドルステム Aluminum 25.4 80mm(XS)、90mm(S)、110mm(M、L)
  • サドル GIANT CONTACT COMFORT NEUTRAL
  • シートピラー GIANT D-FUSE 350mm
  • シートクランプ D-FUSE Aluminum SEATPIN ダブルボルト
  • ペダル Aluminum CAGE LITE
  • ホイールセット GIANT S-R3 WheelSet F:24H R:28H
  • タイヤ GIANT S-R3 W/K-SHIELD 700x28C
  • チューブバルブ 仏式バルブ
  • 付属品 ベル
  • ブルー、レッド、ホワイト、ブラック

引用:Giant公式サイト



2020、2019年モデルの違いは?

 

2020モデルと2019モデルで大幅に改良がされています。

 

まず2020年モデルからEscape RXシリーズのコンセプトが大幅に変更、Escape R3とのスポーティさで差別化を図る為、フロントが2枚に統一されています。

 

前回CROSTAR2020年モデルのスペックを紹介した際も、フロント2枚になっている事から差別化が図られている、とお伝えしましたが、Escape RXシリーズでも反映された形となります。

Giant CROSTAR(クロスター)2020年モデル発売!!カスタマイズベースに最適なモデルに生まれ変わった!!

 

本題に戻りEscape RX3の違いはめちゃくちゃキャラクターが変わっているので、要チェック!!

2019⇨2020

フレーム ⇨RIDESENSE対応

ギアクランクACERA3枚⇨プロホイール2枚

フロントフォーク⇨OverDriveコラム化

フロントディレイラー アルタス⇨ACERA

ブレーキレバー ALIVIO⇨テクトロ CL520-RS

ギア 11-32T⇨11-34T

ハンドルバー 25.4⇨31.8

ハンドルステム 25.4⇨31.8

価格 67.000円⇨65.000円

フレームの材質は変わらないものの、RIDESENSEセンサーに対応、フロントフォークはOverDrive化、フロント3枚を捨てて二枚、そしてハンドル径が31.8になりました。

 

ブレーキ関連に関してはレバーもテクトロになった事で、少しやんわり感が出ると思いますが、元々制動力の高いVブレーキなので気にはならないでしょう。

ハンドルのパイプ径が31.8に統一されたのは嬉しいポイント、今まで25.4だったのでブルホーンハンドルに交換する際選択肢が少なかった。

カスタムベースとしても魅力が高まった形と言えます。

 

また、フロント3枚に関しては、前々から当ブログでは「スポーティ系のクロスバイクで3枚もいらなくね?」と提唱してきたのが、当たった感じになります。

クロスバイクのフロント3枚は要らない?必要な人と不要な人の違い

 

値段に関して言えば、67000円でいいからブレーキレバーをALTUSないしシマノ系で固めて欲しかったなと思いましたね。

デザインの変更点

2019年モデルの時にロゴが一新されましたが、2020年モデルからデザインが一新されています。

 

まずサイドデザイン

出典:Giant Escape RX3 2020,Escape RX3 2019

青いフレームが2019年モデル、黄色のフレームが2020円モデルです。

横一線にあったラインを撤廃し、シートステー部分にのみラインが入るようになりました。

 

 

また、トップチューブ上部のデザインも一新されています。

こちらは2018年モデルですが、2019年と同じなので参考に。

 

 

出典:Giant公式サイト

今回2020年モデルは、よりシンプルなデザインになりました。

 

デザインに関して言えば、今まではラインありきで好き嫌いが別れる人も多かったのが、抑えめなライン、デザインにする事でフレームのカラーリングで選べるようになったと思います。

 

Escape RX3 2020年モデルは買い?

  • フロントを2枚化
  • フロントフォークがOverDrive化
  • フレームがRIDESENSE対応
  • フレームデザインの一新
  • 価格65000円

趣味でサイクリングとかロングライドをクロスバイクでしたいよーって方にとって、よりスポーティに走れるようになりました。

仮に2019年モデルとどっちが買い?と言われると2020年モデルの方が良いかなという印象です。

 

ただ問題は、後1万ちょっとを出せばEscape RX2 2020年モデルおよびEscape RX DISCが買えちゃう点です。

2019年モデルの時は「値段差的にそこまで気にする事はない」値段設定とスペックでした。

 

しかし、2020年のGiantのクロスバイクは本気です。

2020年モデルのEscape RX2以上から、フォークがフルカーボンになって販売されるようになりました。

 

今まではコラムアルミのフォークカーボンだったのが、まさかのフルカーボン。

僕がEscape RX3を購入した時に、「RX2に使われているカーボンフォークより社外のカーボンフォークのが軽い」という理由でアルミフォークからカーボンフォークに交換していましたが、フルカーボンによってその旨味がなくなります。

 

というより、クロスバイクでVブレーキ対応のフルカーボンって市場に中々出回らないトップシークレットなレア度のフォークなんですよ。

Escape RX3 2020年モデルを購入してアルミフォークに不満を持つと、確実に損、後悔する羽目になるな、と僕は感じました。

 

ちょっとしたサイクリングとか50km以下のロングライドの使用ならRX3 2020年モデルで満足できるが、50km以上となるとアルミフォークだと手のひらが痛くなりがちです。

 

フルカーボンフォークとなった2020年モデルのRX2 or RX Discと天秤に掛けて購入を検討してみると良いではないでしょうか。

クロスバイクでも入れる自転車車両保険あります
4.90

安いクロスバイクだけど、盗難されたら不安….
交通事故に遭って自転車が全損、でも買い換えるお金がない….

そんな心配を車両保険で解決しませんか?
パーツ、アクセサリー含め1万円以上から加入可能なZuttoRideの自転車盗難車両保険。
月払いも対応、車両保険で安心を!!