Cyma(サイマ)でクロスバイクを買うならどれが評判良くてオススメなのか?

クロスバイクを購入したいけど、どこで買おうかな…..

なんて、買う場所に悩んだりしますよね。

 

特に自転車を通販で購入しようとすると、どうしても保証や防犯登録等々が気になります。

買ったは良いものの防犯登録されておらず、自転車屋さんに持っていったら断られた….なんて話もよく聞きます。

 

そこで今回は防犯登録後に配送してくれる自転車通販サイト「Cyma(サイマ)」にて、クロスバイクを買うならどれがオススメなのか?についてお伝えします。



Cyma(サイマ)のクロスバイクの評判は良い?

Cymaのクロスバイクの評判が気になりますよね。

Cyma クロスバイクで検索してみると、様々な方がCymaの「primer」というのを購入している様です。

 

例えば自転車の選び方ガイドさんの記事:cyma primerを購入して1年経過。口コミ、評判通り?

1年経過しても良好だそうです。

 

Micky webさんの記事:Cyma Primerというクロスバイクを買ってみたよ!

こちらのブロガーさんはPrimerを実際に買ってカスタマイズもしたりと、Cymaのクロスバイクといっても楽しめるクロスバイクなのを表していると思います。

 

Primerばかりですが、検索しても悪い評判がない、評判は良いと見込んでもいいでしょう。

Cymaのクロスバイクはクロスバイクっぽいだけ?!

Cymaのクロスバイクは値段が安く、本体のみなら3万円以下で購入可能です。

 

でもクロスバイクの中でもエントリーモデルを購入する、「これがクロスバイク」の定番モデルというと、GiosのミストラルやGiantのEscape R3といった5万円以上でパーツがシティーサイクルには使われないものを装備したモデルとなります。

 

安いクロスバイクになると、シティーサイクルにも使われるパーツや変速数がフロント1速等が非常に多く、サイズも一種類と自分の体に合ったサイズを選びにくい。

つまり安いクロスバイクは、クロスバイクの形をしたクロスバイクっぽいモデルなわけですね。

 

「それを買ってはいけないのか?」と疑問に思うかもしれませんが、それはケースバイケース。

 

なぜなら、Cymaでクロスバイクを購入する人って

  • 通勤通学
  • 日頃の足
  • 安くクロスバイクを購入したい

だと思います。

 

そのニーズに対応しているのがCymaのクロスバイクと言えますね。

僕が今クロスバイクを買うか?と言われたらセカンドバイクとして日頃の足目的に安いクロスバイクを買うかな。

昨今の通販でも購入できるクロスバイク然りニーズがあるから販売しているわけです。

クロスバイクのLIG(リグ)MOVEは街乗りでなら充分な理由

安いクロスバイクを趣味で使うのはダメなのか?

Cymaの安いクロスバイクでロングライドをしたい!と考える人も少なくはないでしょう。

安いクロスバイクを趣味用途で使うのはダメなのか?これもケースバイケースです。

 

安いクロスバイクでも50km以上ないし最高速度30kmを出すことだって可能と言えます。

結局は体がエンジンなわけですし。

 

ただ、エントリーモデルに比べて変速の選択肢が少ない、重量が重たくなる事から、エントリーモデルに比べて趣味で楽しむのは少ししんどくなるというだけです。

 

極端な話、実際にアルミフォークでロングライドを続けていましたが、手が痛くて疲れますね。

カーボンフォークに変えてからロングライドがより楽になりましたね。



Cymaでオススメのクロスバイク

上記を踏まえた上で、Cymaで購入できるオススメのクロスバイクを見ていきましょう。

 

CymaではGios等のメーカーのクロスバイクも存在するが、今回は安価な値段のCymaのみで販売しているモデルで、良い部分悪い部分を踏まえてピックアップします。

Cyma primer

評判がいいのか?でもピックアップしていた、Cymaでもランキング上位に入り続けるモデル Primer。

フレームをエントリークロスバイクによく使われている6061アルミニウムに加え、Vブレーキを装備して安価な割に制動性も確保されています。

 

フロント1速リア7速だが、リアディレイラーはシマノのターニーにスプロケットもシマノが使われていてGood。

オートライトが標準装備されているのも嬉しいポイント。

 

良い点

Vブレーキ

6061アルミフレーム

タイヤ幅が700Cの40Cと大きめで初心者でも安心

悪い点

クイックリリースレバーが使われていない

フロントフォークが鉄で重い

アルミフレームだけど重量12.65kgとこの価格帯で普通

公式サイト:Primerを詳しくみる

Cavite(キャビテ)

私服で乗っても様になりやすいカラーリングが多いキャビテ。

長時間乗っても疲れにくい振動吸収性に優れたクロモリフレームに700C×28C幅のタイヤを装備したモデル。

 

この値段帯には珍しく、リアディレイラーにまさかのシマノ ACERAを装備しスムーズな変速を実現しています。

7段変速、サイドスタンドももちろん装備。

 

良い所

クロモリフレーム×スティールフォークでアルミより乗り心地が良い

28Cで軽快な走りを実現

シマノ アセラという謎にトレッキング用コンポの中間グレードを装備

重量12.8kgとPrimerとあまり変わりがない

街乗り、私服でも合いやすいカラーリングとデザイン

悪い所

クイックリリースレバーがない

ライト付属なし

CORTEZ(コルテス)

通勤通学に便利な前かご、前後泥除け、チェーンカバーが取り付けられているシティーサイクロスバイクなモデルのコルテス。

6段変速、アルミフレームを採用してサビにくく、オートライトで夜間も安心。

 

良い所

前後泥除け、チェーンカバー、前にカゴが付いている

必要な装備がほぼ最初から付いている

悪い所

16.8kgと重い

使用用途がほぼ決まってしまっている

ママチャリとクロスバイクの間、シティーサイクロスバイク



まとめ

Cymaのクロスバイクの評判とオススメのクロスバイクをお伝えしました。

評判に関してはPrimerに偏りましたが、僕ならセカンドバイクでも良いかもと思いましたね。

 

オススメのクロスバイクはこれの他にFERIADO(フェリアード)CHYS(クライス)、オールストリート6S等々ありますが、どれもフレームがスティールだったり、下のグレードの方がパーツやフレームが良かったりとこれといった特徴もないなと感じました。

てかCymaで販売されているクロスバイクってクイックリリースレバーが取り付けられた無名メーカーのモデルってないんですね….。

 

これ以上のラインナップになるとブリジストンやNESTOに手が届く値段帯なので、仮にCymaで無名メーカーのクロスバイクを買うならこれかな、というのをおすすめしました。

 

言ってみれば3万円以下のクロスバイクっぽいクロスバイクなわけですが、Amazonや楽天等の通販サイトに目を通すと他にも様々なモデルが存在するので、今回ピックアップしたクロスバイクを一つの参考にしてみてください。

amazon、楽天で3万円台で購入できるおすすめクロスバイク

クロスバイクでも入れる自転車車両保険あります
4.90

安いクロスバイクだけど、盗難されたら不安….
交通事故に遭って自転車が全損、でも買い換えるお金がない….

そんな心配を車両保険で解決しませんか?
パーツ、アクセサリー含め1万円以上から加入可能なZuttoRideの自転車盗難車両保険。
月払いも対応、車両保険で安心を!!