レックマウントプラスiPhone13pro用ケース&R+Ring3レビュー、重量や使い勝手は?

iPhone13Pro発売後、2年半年ほど使っていたiPhone8Plusの電池の持ちが悪くなったので購入。

そして、レックマウントプラスiPhone13Pro用のケースが11月下旬に公式サイトにて販売されていたので購入しました。

 

 

そこで今回、レックマウントプラスiPhone13Proケースの使い勝手や重量などは?レビュー。

 



レックマウントプラスiPhone13Pro用ケースレビュー

まずは箱です。

 

iPhone8Plusのケース同様相変わらずレックマウントプラスのデザインです。

iPhone13Pro用ケースは、R+iPC14という型番です。

 

中身を開けると

  • ケース本体
  • ストラップ
  • 説明書

が入っています。

 

ケース重量

ケース本体の重量を測ってみましょう。

ケース単体で38g。

iPhone13Pro本体は203gなので、合計241gになります。

 

iPhone8Plus用ケースも測ってみます。

46gと13Proように比べて8g重たいです。

 

ちなみに運命に導かれたのか、iPhone8Plus本体の重量は202gと13Proとニアピン重量。

 

ケース裏面の比較。

外側の丸みが大きくなり、13Proのがケースの厚みがあります。

 

質感はかわりなく、サラサラしていてジーパンにすぽっと入る感じ。

 

 

表面。

材質をかえたのか?13Pro用ケースは側面が非常に硬くなっていました。

※使用して1ヶ月経っても硬いです。

 

 

取り付けてみましょう。

8Plusに比べて硬いので、取り付けは多少苦戦、角が立つといいますか。

 

 

 

 

横を傾けてみると、驚きました。

 

8Plusのケースに比べて、出っ張りがあります。

 

どれくらい出っ張るかというと、画面端にスワイプするときに当たる感触があるレベル。

落としても画面が地面につかない配慮かと思いますが、PUBGモバイル等のゲームアプリをプレイする人は多少邪魔になるかも。

 

 

カメラ部分も非常に出っ張りがあります。

 

カメラ部分が隠れてしまうほど、出っ張りがあります。

これも当たらないように配慮された結果ですね。

 

でも、レックマウントケースって、レックマウント部分の出っ張りがあるので当たらない気もします。

 

レックマウント部分は、8PLUSケースに比べて変更なし。

 

 



レックマウントプラス、R+Ring3レビュー

iPhone13Proケースを購入ついでに、R+Ring3も購入していたのでレビューしていきます。

 

ちなみに、初代レックマウントプラスのリング、R+Ringを購入した事がありますが、

 

 

5分もしないうちにぶっ壊れた

ので、初代リングはおすすめしません。

 

中身を開けると

  • 本体
  • 説明書
  • 隙間シート
  • パンフレット

が入っています。

 

リング本体の重量は17gでした。

 

iPhone13Pro+ケース+リングで合計258gです。

13Pro Maxで238gなので、そう考えれば重量リーズナブル?

 

 

シートなしで取り付けると、ガッタガタで使い物になりません。

取り付けには、調整シートがほぼ必須です。

 

調整シートは4枚入っているので、4枚のうちに調整して取り付けた際のガタをなくしましょう。

 

R+RIng3なので、切ったりする必要もなく貼るだけ。

 

 

なんか一気にちゃちくなった気が….

 

 

取り付けました。

ちなみに、個体差がありますが、調整シート4枚でやっとガタがなくなりました。

 

 

横から見た感じ。

 

ホームページでは「R+Ring2はフラット、R+Ring3は出っ張ります」と書かれてましたが、思っているより出っ張りがありません。

 

手にはめるとこんなイメージ。

 

場所的に中指が適切ですかね。しっかりとホールドされてリングがマウントから外れる心配はなさそうです。

 

 

 

なによりR+Ring2に比べて可動域が広いのが利点です。

R+RIng2は最大70度ですが、RIng3は90度まで動きます。

 

この90度がミソで、寝ながら見るときとかに便利でした。

テーブルに置くときもリングを出しっぱなしで置けます。

 

 

ちなみに、初代R+Ringは5分かからず壊れたリング部分ですが、R+Ring3は金属が使われていてがっしりしてます。

リング部分を動かしても折れる心配はありません。(やる時は自己責任で)

 

 

肝心のマグネット対応ですが、Mountekの車載マウントに乗せるとズルズル落ちます。

Mountek自体専用のマグネットでガッチリつくタイプなので仕方ないですが。

 

iPhone13Proとケース+リングで250g超え。

よっぽど強力なマグネットじゃないと、マウント代わりに使うのは難しいと思います。

 

リング自体は満足の一言。

 

 



まとめ:相変わらず信頼のレックマウントプラス

レックマウントプラスiPhone13Proケース及びR+RIng3をレビューしてきました。

相変わらずの信頼のレックマウントプラスで、ケースに関しては正面の出っ張りが気になるものの、使っていくごとに気にならなくなりました。

質感も変わらず使いやすい。

 

Ringに関しては、壊れないだけでも十分レベルアップしたというのが感想です。笑

 

 

Ring1はリング部分で動かしたら折れますからね~、その理由に左右上下に動かしにくいし、ほぼ位置固定。

 

Ring3でリング部分で動かせるのは嬉しいですよ。

 

Ring2とRIng3で悩んでいるなら、マグネットより可動域で選ぶのが吉。