10万円以上のクロスバイクはいらない?

10万円以上のクロスバイク不要論、ニーズはどこにあるのか

これからスポーツバイクを楽しみたい人から、セカンドバイクの用途としても選ばれる手軽なクロスバイク。

毎日見ない日はないほどの普及と選ばれているスポーツバイクですが、ほとんどの場合安い値段のクロスバイクが選ばれていますよね。

 

そんなクロスバイクも自転車メーカーのラインナップに10万円以上の金額で販売されているものもあります。

でも10万円以上のクロスバイクって不要じゃないか?と。

 

そこで今回は10万円以上のクロスバイク不要論と仮にニーズがあるならどこなのか?についてお伝えします。



10万円以上のクロスバイク不要論

 

あなたにとってクロスバイクのイメージはなんですか?

通勤、通学、サイクリング、趣味用に足用にと日常以上フィットネス以下だと思います。

自転車メーカーも”レース”ではなく、”フィットネス”なスポーツシーンでクロスバイクを推していて、一般的な相場は手が出しやすい5万円と言われてます。

 

言ってみれば5万円でも必要なスペックは確保していて満足する人の方が多く、中級グレードである7~8万円で大体がパーツはフルシマノ、フロントカーボンフォークでオーバースペックに近い。

10万円以下で満足できるクロスバイクを購入することはできるわけです。

関連記事

「クロスバイクって値段によって何が違うの?」と思った事がありませんか?ロードバイクなら値段によって素材やパーツといったものが高級になったり、豪華になりやすくてわかりやすいです。しかしクロスバイクとなると、そこまで値段を出して[…]

クロスバイクは値段でどう変わる?おすすめの価格帯

10万円以上は目指すベクトルはユーザー目線に近いが…

一般相場のクロスバイクで、フィットネスからロングライドもこなせるスペックは兼ね備えています。

コンポは大抵シマノのトレッキンググレードであるアルタス、アセラ、アリビオのどれか、トレッキング用だからといって侮れないほど能力は高い。

正直フルシマノの時点でクロスバイクは完成形に近く、高寿命、高耐久、スムーズなサイクリングを実現しているわけです。

 

じゃあ10万円以上のクロスバイクの存在ってなんなの?というと10万円以下のクロスバイクと全く目指しているものが違うユーザー目線にたったクロスバイクと言えますよ。

 

例えばGiantの最上級グレードEscape RX1。

RIDE LIFE. RIDE GIANT. わたしたちGIANTは、魅力的で幅広い製品ラインナップを通じて、世界中の人…

ロードバイクコンポのティアグラを装備した完成形のクロスバイク。

言ってみれば”ロード寄り”に味付けして販売していますが、フレームはEscape RXシリーズに使われているAluxx SLグレードの6011番アルミニウムだし、2020年モデルからフルカーボンフォークになったが、RX2も同じ。

 

スペシャライズドのSirrus X4.0、税抜きで15万円ほどのクロスバイク。

こちらはティアグラではなく、ディオーレを装備してMTB寄りの味付けがされたクロスバイクです。

10万円以上ってこのMTB寄りなのかロード寄りなのかが具体的に出てくる価格帯なわけです。(かといってMTB寄りでダウンヒルとか山関連、ロード寄りでロードレースを想定しているわけではない)

 

しかし、パッと10万円以上のクロスバイクを購入してティアグラやDEOREの良さに気づくことは難しいと思うんですよね。

試乗させてもらえない自転車屋さんだってあるわけですし、初めてクロスバイクを購入する人に10万円以上するクロスバイクを勧めにくいでしょ。

 

正直エントリークロスバイクを購入して沼にハマった人が始めるカスタムをする事で違いがわかると思います。

ティアグラ化するかDEORE化するか、どちらかの属性にカスタムするのが定番ですし。

 

マーケティングとしてはまさにユーザー目線なんだけど、魅力が伝わらない、カスタムにハマって初めて気づくレベルのものを販売されていても第一印象は「そんな高いクロスバイクはいらないなぁ」ってなると思いますね。

10万円以上のクロスバイクはメーカーのおふざけも入ってる

 

10万円以上のクロスバイクって、多分もうやる事がないんですよ。

まだ10万ちょっとだと先ほど挙げた通り、ティアグラ化ぐらいでいいんですが、それ以上はメーカーも何をしたらいいのかわからない状況だと察します。

 

例えばTrekのFX SPORT5 税抜きで23万くらいのもの。

クロスバイクなのにフルカーボンフレーム、カーボンフォーク、フルティアグラのセッティング。

戦う相手はロードバイクと言わんばかりのスペック。フィットネスなのにフルカーボンは気をつかっちゃいますよ….。

 

スペシャライズドのSirrus X 5.0 勢抜き19万円くらいのもの。

こちらもフルカーボンフレーム、フォークにDEORESLXのセッティング。

これでスーパーの買い出しとか通勤通学専用なら間違いなく盗難される。

 

ここまでくるとクロスバイクのジャンルから抜け出した、ロードとクロスバイクの間、MTBとクロスバイクの間の位置づけです。

 

 

でも、大抵の人なら心の中でこう思うはずです。ロードバイクを買え、MTBを買えと。

10万円以上のクロスバイクは不要。10万円以上を担うのは専門的なスポーツバイク群、ロードバイク、MTBがいるわけですよ。



10万円以上のクロスバイクはどんな人におすすめなのか

 

「じゃあ10万円以上のクロスバイクってどんな人におすすめなのよ?」

僕もよく考えましたが、中年~定年のちょっとお金に余裕があってちょっと自転車知識が疎い状態で自転車屋さんに足を運ぶ人なのかなと思います。

 

金があるから予算に余裕がありますし、10万円以上のクロスバイクでも安いよりいいかと思って購入すると予想。

定年過ぎて景色やスポットが楽しみたい人とか。

おすすめというより、たまたまそのクロスバイクにたどり着いたが近いのかな。

家族で楽しむサイクリング用途?

子供と一緒にクロスバイクでサイクリングとか家族と一緒にとかならアリなのかなって思っちゃいますね。

スピードはそこまで求められませんし、自分だけロードバイクだと空気読めないって思われそうですし。

言ったらいつもはロードバイクだけど家族とのサイクリングの時はパフォーマンスが似ているクロスバイクにしたい、と考えている人ですかね。

 

トレッキングコンポだといつもロードバイクを乗っていれば、使い勝手に違いを感じるかもしれませんし。

5万円のクロスバイクでも十分ですが、ニーズがあるなら….ね。



(まとめ)10万円以上のクロスバイクはやっぱいらないかな

クロスバイクの目的意識に関して、10万円以上のクロスバイクはオーバースペックすぎると思います。

だってクロスバイクだけで言えば、3万円代で十分役立っているものもありますし、ロングライドにしても5~7万くらいで快適に行えます。

 

 

まあ10万円以上のを買えば、より快適ですけど、結局ロードバイク、MTB買え論争になりますよ。

 

また10万円以上のクロスバイクだからと言ってエントリークロスバイクより寿命が長いわけでもありません。なんならエントリークロスバイクはパーツ単体の金額が安いので気軽に交換して維持できますし。