ロックバイクス(Rockbikes)の評判や評価はどうなのか?自転車は買い?

前回大阪は羽曳野市西浦にあるサイクルワールド(アートサイクルスタジオ)の評価や評判をお伝えしました。

 

大阪には堺のシマノを代表とし、HODAKA株式会社やアニマト株式会社、塩野自転車株式会社等々、様々な自転車会社があります。

その中で東京にも店舗を構えるロックバイクスという自転車ブランドがあります。

 

どんな自転車なのか?評判はどうなのか?今回はロックバイクスについてお伝えします。



ロックバイクスとは

ロックバイクスは大阪府狭山市に構える合同会社NYCが展開する自転車ブランドです。

 

ロックバイクスストアと呼ばれる店舗で主に販売を行っており、狭山にあるHouse of Rockbikesで販売やサイズ合わせ、相談を承っているところのようです。

画像は大阪狭山市にあるHouse Of Rockbikes。近辺に近畿大学病院があります。

公式サイト:https://www.rockbikes.jp

 

ロックバイクスの歴史は2012年に創業されました。

自転車メーカー、FUJIでピストバイク等のデザインを手掛けていた西山直人氏が都会的かつ機能美にこだわったストリートバイクを生産、販売する為にロックバイクスを立ち上げました。

 

FUJIでデザインを手掛けていたという背景から、デザイン性では評価が良いのかと。

 

ロックバイクスの販売戦略

 

FUJIの自転車のデザインを担当していた西山直人氏、機能美なストリートバイクを掲げていることから

  • 街乗りに+機能的にした自転車
  • ファッショナブルな自転車

が販売戦略と考えられます。

 

Official website of ROCKBIKES luxury Japanese bicycle brand.…

実際にホームページを確認してみると、スタイリッシュな写真や見た目に拘った自転車が多く見受けられます。

僕もEscape RX3を購入し、結局ブルホーンハンドルでサイクリングしていますが、ロックバイクスで標準でブルホーンハンドルが装備されたphase4を購入前に見つけていれば、見た目もいいし機能的に欲しかったスペックなので買っていたでしょう。

 

ラインナップを見ていても、街乗りに重視、機能的にしてファッショナブルな自転車をコンセプトとしている事から

  • フロントギア1枚(街乗りに2~3枚もいらないという考え)
  • 全体的に濃く鮮やかなカラーリング

と街乗りで目立つ、映える、乗りやすいような自転車作りが行われています。

 

ロックバイクスの矛盾点

ストリートカルチャーに受け入れられるような機能美かつスタイリッシュに味付けされているロックバイクスですが、個人的に矛盾点は多いと思います。

 

街乗り、ストリートバイクとはどんなものをイメージしますか?

  • 足代わりなのでできるだけ安く
  • レーシーさではなく、機能的、乗りやすさ

だと思います。

 

しかしロックバイクスのラインナップを見てみましょう。

例えばROCKET Phase2

エアロロードバイクで、お値段が165000円

ストリートでエアロロードバイクは、ん?ってなりますよね。

見た目自体はガチなわけですし。

 

GREED PHASE2、ストレートハンドルの自転車で10万円台です。

見た目はいいだけに値段が高い傾向にあります。

またGREEDに関してはクロスバイクというジャンルでなく、ストリートバイクというジャンルで販売しているようです。

ストリートバイクという付加価値とコンセプトが乗っかっているのかと。

 

ラインナップにコンセプトであるストリートバイク、機能美というところから矛盾が生じていると思います。



ロックバイクスの評判

 

ではロックバイクスの評判はどうでしょうか。

Twitterで調べてみると、

  • 欲しい
  • かっこいい
  • カラーリングが綺麗

とやはり見た目から購買欲がそそられているユーザーが数多くいて、見た目の評判は良いようです。

また、某著名人のモデルなども展示されたりとファッショナブル面で良い感じ。

 

しかし、見た目の評判が良い反面、悪い声も多いようです。

特に公式サイトからパーツ等の細かい情報を得るのが難しいというのは僕も実感しましたね。

 

見た目が優先されていて、自転車に使われているコンポーネントが不透明に近い。

自転車パーツの知識をある程度わかっている人は敬遠するのでは?と考えられます。

 



ロックバイクスの評価、自転車は買い?

 

正直、見た目が気に入ったとかカラーリングが気に入ったとか、見た目で一目惚れをしたならロックバイクスは買いでしょう。

実際に街でGREED PHASE3のガーネットレッドカラーを見かけたことがありますが、お洒落なカフェ屋さんに駐輪されてて映えるなと思いました。

 

街乗りならフロントクランクも1枚で十分ですし、アルミのエアロロードバイクを販売しているのは今の時代珍しい部類に入るかと。

 

ただ、コスパなどを考えると他のメーカーの方に目がいくと思います。

15万円以上のロードバイクだとコスパ良いのならフル105で固められていますし、10万代にしてもティアグラをオフセットしているロードバイクも多いです。

 

街乗り以外、例えば100km以上のロングライドをするとかサイクリングも楽しみたいって人だとフロント1枚はギクシャクする可能性もあります。

 

ロックバイクスってコンセプト通り街乗り特化の番長だと思います。

  • 私服でオシャレに乗りたい
  • 他の人と被りにくい自転車がいい
  • 街乗りをワングレード楽しく
  • 見た目に一目惚れした、気に入った

そんな人の候補に挙がるファッショナブルな自転車だと思います。