ロードバイクとジョギングどちらがダイエットに効果的?消費カロリーは?実際に行った結果

ダイエット目的に、軽いジョギングを始めたり、はてはロードバイクデビューと健康志向や運動不足解消をしようとする人は少なくありません。

 

だけど、できるだけ効率的にダイエットはしたいですし、安く済ませられるならそちらを選ぶのもありがちです。

 

ロードバイクとジョギング、乗り物と自走の二択なわけですが、果たしてどちらがダイエットに効果的でしょうか。

今回はそんな2つの運動法で実際に行った結果、どちらが効果的だったのか?お伝えします。

 



ロードバイクとジョギングどちらがダイエットに効果的だった?

結論から言うと、ジョギングの方がダイエットに効果的でした。

ロードバイクと比べるとジョギングの方が短時間でカロリー消費が行われるのと同時に、腹回りが強制的に使われる事で脂肪燃焼を効率的に行えます。

 

事実ロードバイクに乗っていて腹筋が痛いと感じた事がないですが、ジョギングでは腹筋が筋肉痛になる事がありました。

腹回りを考えればジョギングの方がダイエットに効果的です。

 

ロードバイクとジョギングの消費カロリーの違い

 

ではロードバイクとジョギングの消費カロリーの違いを見ていきましょう。

ロードバイクの参考として下記の画像を使います。

 

時間は約1時間45分。

スピードやワット数等々で誤差を生じますが、174cm75kgの僕で864kcalです。

 

続いてジョギング、といってもスロージョギングとなります。

僕は8kmを1時間で走りきれるので8km=1時間と換算。

1時間45分なので大体14km走ったことにしましょう。

 

こちらを参考にしました:https://nio.sakura.ne.jp/slowjogging/j8cal.html

すると….

 

1時間45分で1198kcal消費される事になりました。

ロードバイクとの差は334kcalです。一般的にジョギングの方が消費カロリーが多い結果に。

結論でも言った通り、ジョギングの方がダイエット効果が期待できます。

 



ロードバイクとジョギング、ダイエットで続けやすいのは?

 

いくらジョギングの方がダイエット効果が期待できるといっても、続けられなければなりません。

ロードバイクとジョギング、どちらが続けやすいか?これも実際に行った結果、ケースバイケースでした。

 

体重が軽い人、体を動かす仕事の人はジョギングの方が続けやすい

元々体重が軽い、体を動かす仕事、飲食店等の人はジョギングの方が続けやすいでしょう。

 

その理由にジョギングは体重を支えるのが下半身、2つの足です。

重くなればなるほど負担は大きくなり、膝や関節痛が発生する可能性があります。

 

特に日頃体を動かさない人が、ジョギングを始めると体が痛くなるののもしばしば。

ジョギングを続けるならそれなりに自分の現状を確認してみましょう。

 

体重が重い、運動不足の人はロードバイクの方が続けやすい

運動不足気味な人や体重が重たく、肥満な人はロードバイクの方が続けやすいでしょう。

その理由にジョギングは下半身で体重を支えるのに対し、ロードバイクはサドルに座る事ができるため上半身をサドルで支える事ができます。

 

下半身の負担はペダリングくらいで負担が軽く、膝や関節痛が起きるリスクを少なくできます。

よく土日になるとふくよかなロードバイク乗りを河川敷やサイクリングロードで見かける事があります。

肥満だからこそ続けやすく、ロードバイクというスピードが出やすい乗り物から気分転換、長い距離を走れます。

 

自分の家の周りに様々なスポットがあれば、ロードバイクの方が続けやすいでしょう。

 



ジョギングでダイエットする場合

ジョギングでダイエットをする場合、ペース配分は非常に大切です。

 

スロージョギングでロードバイクの消費カロリーを超えられる事から、無理のないジョギングが良いでしょう。

無理をすると日頃体を鍛えていない人だと膝が痛くなりますし、続けられない体になることもあります。

事実僕は冬の時期にロードバイクに乗るのが億劫からジョギングをはじめましたが、膝内側下が痛くなりジョギングできなくなりました。

 

スロージョギングでも続ければ痩せられるので、無理せずペース配分を大切に。

ジョギングでも負担を感じるなら、ウォーキングから始めるのもいいでしょう。

関連記事

2時間ウォーキングをすると何キロで消費カロリーはいくらになるの? 健康的な体作りから運動不足解消の為に、ウォーキングを始める人も少なくありません。しかし、ウォーキングでダイエットするとなると2時間が目安、な[…]

2時間ウォーキングの距離、歩数、消費カロリーは

 

1日に数回分ける

 

これは理想的なものですが、例えば夜に1時間ジョギングするより朝30分夜30分の1日1時間した方が良いという事です。

 

主な理由は負担の軽減です。

ダイエットするぞ!といきこんでいきなり1時間ジョギングすると筋肉痛や関節痛リスクは増えます。

 

しかし30分に朝夜分ける事で負担が抑えられますし、朝はスッキリ目覚め、夜はぐっすり寝る体勢を作り出せます。

慣れてくれば一回で1時間とかでも良いですが、始めたてのうちは体を気遣ってあげましょう。

 

ジョギング+でより効果的に

ジョギング以外にも家でできることをセットにすることで、よりきれいに痩せる事ができます。

定番なのがプランクです。

プランクはインナーマッスルを鍛える事で体幹が身につき、脂肪がつきにくい体作りに貢献してくれます。

ジョギング前に5分行うと良いですね。

 

ロードバイクでダイエットする場合

ロードバイクの場合は、トルクフルなペダリングより軽い力で回せる有酸素運動なペダリングを意識すると効果的です。

トルクフルだと無酸素運動になったり、変に筋肉がついてしまい、女性ならスリムな脚から遠ざかってしまいます。

またトルクペダリングは膝等の故障の原因にも繋がります。

 

回す意識で有酸素運動なペダリングを心がけましょう。

 

ヒルクライムで消費カロリーを増やす

一回のサイクリングで消費カロリーを増やしたいならヒルクライムを取り入れるのが効果的。

ヒルクライムは坂道で勝手に負荷がかかるため、平坦に比べて消費できるカロリーが増加します。

 

また、汗をかいたり筋肉強度も高められたりと体を鍛えられます。

スリムな脚を理想としていないならヒルクライムを取り入れるのが良いでしょう。

関連記事

こんにちは、しろくろらいどです。クロスバイクから自転車の趣味が始まり、クロスバイクではヒルクライムを挑戦する回数は非常に少なかったです。 正直ヒルクライム嫌いだったわけで、ヒルクライム初心者以下のサイクリス[…]

 

まとめ

ジョギングとロードバイク、どちらがダイエットにいいのか?お伝えしました。

 

ロードバイク:体重の重い、運動不足な人は始めやすい

ジョギング:体重が軽い、立ち仕事な人は始めやすい

ジョギングは下半身の負担を考えれば、運動不足な人がいきなり始めるのはリスクがありますし、ロードバイクだと長い時間乗らないと中々痩せたと実感しにくいかもしれません。

ジョギングをいきなり始めるなら、まずはウォーキングと順序が必要でしょう。

 

どちらも長所短所があるので、自分がどっちに向いているのか?考えてみてはどうでしょうか。

 

中古のスポーツバイクで入れる自転車車両保険あります
4.90

安いクロスバイクだけど、盗難されたら不安….
交通事故に遭って自転車が全損、でも買い換えるお金がない….

そんな心配を車両保険で解決しませんか?
パーツ、アクセサリー含め1万円以上から加入可能なZuttoRideの自転車盗難車両保険。
月払いも対応、車両保険で安心を!!