冬のSPDシューズは足が寒すぎる!!防寒対策はどれが効果的?

寒い時期のサイクリング、楽しんでますか?

フラットペダルなら厚みのあるスニーカーを履いていれば足先を冷やす心配はありません。がSPDシューズとなるとそういうわけにはいきません。

僕のクロスバイクはSPDペダルに交換しているのでSPDシューズを履いてサイクリングしているわけですが、SPDシューズって基本オールシーズン使える様になっていて薄くメッシュになっているものもあります。

関連記事

ロードバイクを乗るうえで必須的アイテムのビンディングシューズ。まあ僕はクロスバイクですが....スニーカーの様な感覚で使用できるSPDシューズ『シマノクリッカー』のSH-CT41Lを購入しました。スニーカーの様なSPDシュー[…]

要するに寒すぎるんです!!大体温度が9度を下回ると足先がひんやりしてきます。2時間サイクリングすれば足先の感覚が無くなります。

SPDシューズを履いている時の防寒対策は必須事項なわけです。


SPDシューズの防寒対策

SPDシューズで防寒対策をせずにサイクリングしていましたが、流石に応えはじめて防寒対策を行いました。

経験を交えてSPDシューズの防寒対策をお伝えします。

足先にアルミを巻く

サイクルガジェット ロードバイクが100倍楽しくなるブログ

サイクリング用の冬用シューズカバーが行方不明になってしまった。家のどこかにあるはずなのだが、見つけ出せないのだ。使わない…

こちらのサイクルガジェットさんを参考に足先にアルミホイルを巻いて防寒対策を行いました。

 

「こんなの効果あるの?」と騙されて行ってみた結果は、効果がありませんでした。

 

むしろ悪化して足先がキンッキンに冷えてやがる….(カイジ風)。

よくよく考えてみれば、SPD-SLシューズの場合足の甲の部分も硬く覆われていて通気穴に風が通るかな?くらいのレベルなのでアルミホイルを使用すれば、穴からの風の通りを遮断できると共に内部からの足の温かみでアルミが暖かくなると思います。

しかし僕が使っているSPDシューズは画像の通り足先がメッシュです。

風の通りをアルミホイルでは遮断することができるどころか風がアルミホイルにバンバン当たってしまうので内側の足先の温かみよりも風の冷たさが勝ってしまいアルミホイル自体が冷えてしまう事になりました。(缶ビールを冷蔵庫に冷やす様なもの)

アルミホイルを巻いて防寒対策、確かにローコストで効果的だなと頭では分かるもののシューズによっては悪魔に早変わりでした。

靴下を数枚履く

要するに靴下を数枚履くことで保温性能と靴下の厚みで風にも負けない層を作ってしまおう、という方法です。

靴下を3枚履いて気温7度の中サイクリングしました。

 

結果はほぼ変わりなし!

 

というより足が痛くなりました。これはSPDシューズという足にフィットしたサイズを選んでいる事で数枚の靴下を履く事でキツキツになってしまったのが原因です。

かといって数枚分の為に紐を緩めてしまうとせっかくのSPDのパフォーマンスを損なう可能性があります。

また数枚履く事で摩擦に弱く、いつの間にか左足の靴下が二枚半分脱げかけてました。

 

これは防寒対策としては微妙です。

シューズカバーを取り付ける

ここで最初に言いたいのはSPDシューズ用のシューズカバーが少ない、という事です。

SPDはMTB向けの機構のため、冬用のSPDシューズが販売されていることがありクロスバイク向けにSPDシューズを販売しているもののシューズカバーが少ないのです。

 

必然的にSPD-SL用のシューズカバーをSPDシューズに取り付ける必要が出てきます。(デザイン的にもSPD-SLシューズカバーの方がいい)

しかし寸法によっては入らなかったりキツキツの状態で運行するしかない場合があります。

EASY REVIEW

真冬真っ最中だ。こんな時期になるとロードバイクに乗るのが億劫になってしまう方も多いのではないだろうか。ただ、寒さごときで…

こちらのブログでは僕が使用しているSPDシューズにシューズカバーを取り付けて運用している様ですが、画像にもある様にSPD-SL用なのでキツキツです。笑

仮にシューズカバーで防寒対策を行う場合は街乗りには少しダサいMTB用のシューズカバーになりますね…..。

諦めてスニーカーにする

もうこれ!現実的にスニーカーにしてしまえば防寒対策は終わります。

寒い時期はSPDペダルもフラットペダルに戻してしまう事です。乗り味が非常に変わりますが。

 

あえていうならスニーカーにする事でSPDシューズだとしんどい場所も難なく行くことができるので寒い時期はポタリングやスポットありきのサイクリングをメインにしてしまうのもいいでしょう。

スニーカーの暖かさはすごいですよ。

冬用のSPDシューズを買う

冬用は冬用でウィンターシーズン向けのSPDシューズを買っておけば防寒対策をする事なく寒い時期のサイクリングを楽しむことができます。

ここでポイントなのがロードバイクを持っているか?です。

 

例えばクロスバイクだけならウィンターシーズン用のSPDシューズでいいですが、今後ロードバイクが欲しくて買ってしまうとSPD-SLに乗り換える人もいるので冬用のSPDシューズがもったいなくなります。

事実クロスバイクを買ったあとロードバイクが欲しくなる人が多いのです。

関連記事

「クロスバイクを買ったら後々ロードバイクも欲しくなるよ!!」インターネットで調べても欲しくなる意見も多く、よく言われていることですよね。僕自身もクロスバイクを購入し数ヶ月後に「ロードバイク欲し!!」てなりました。 […]

ロードバイクを購入してSPD-SLに乗り換えることも視野に入れてSL対応のビンディングシューズを検討しておくのもいいでしょう。


外側から防寒しないと寒い

経験したのは靴下、アルミホイルですがメッシュ状のSPDシューズの場合内側から防寒してもほぼ効果なし、外側から完全に風を遮断してあげないと防寒対策になりませんでした。

 

シューズカバーも僕としてはロードバイクやクロスバイクでSPDを使ってない人からみれば「見方によってはダサいよなぁ」となるので、冬はスニーカーにするかウィンターシーズン用のSPDシューズを購入した方が防寒対策が手っ取り早いかなと思います。