ロードバイクでダイエットを始めるも痩せない理由、実際に痩せなかった失敗談

運動不足解消や気分転換にも相性の良いロードバイク。

ダイエット目的も兼ねてロードバイクデビューする人も少なくありませんよね。

僕もダイエット目的でクロスバイクを買い、その後ロードバイクを購入しました。

 

ダイエット目的=痩せる為なわけですが、ロードバイクでダイエットを始めても実際は痩せませんでした。

そこで今回ロードバイクでダイエットを始めるも痩せない理由を痩せなかった僕が経験上としてお伝えします。



ロードバイクで痩せなかった理由

単刀直入にいうと、消費カロリー以上の食事を摂ってしまうことです。

カロリー以上の食事を摂るといっても、例えば爆食いするとか腹を満たしたいからいっぱい食べるとかではありません。

 

惣菜とかおにぎり等のカロリーを見ずに食べてしまうことが挙げられます。

正直ダイエット目的で始めるなら、最初はおにぎりのカロリーとか惣菜にしても必ず確認するんですよ。

 

それがロードバイクに慣れて、ロングライドをしはじめると話はかわります。

なぜなら一回のロングライドで余裕で2000kcalは消費されるからです。

僕が一回で行うロングライドは大抵5時間ほど、距離にして100~110kmくらいでしょう。

 

平均速度20.8kmで走行すると必ず2000kcal以上消費します。

「2000kcalも消費したら何食べても-じゃん!」という発想で、カロリーを見ずに食べるわけですよ。

 

マイナスな時もありますが、体の構造とは不思議なもので2000kcal消費して晩飯に800kcal摂ると1200kcal余裕が生まれる、というわけではないんです。

 

消費カロリーの机上の空論よりも体重計は嘘をつきません。食べた後、結局落ちてねーって。

それが続いて、結局痩せなかったですね。消費カロリーと摂取カロリーの関係は奥が深い、単純計算では片付けられない。

 

ヒルクライムを始めてしまった事

まず最初にヒルクライム自体は痩せます。

平地に比べて消費するカロリーは高いし、平地に比べて使用する筋肉量も多いので、腹回りや腕、下半身に低負荷がかかる=全身の脂肪を燃焼させ痩せることができるようになります。

しかし、僕にとってヒルクライムを始めてしまったことは仇となりました。

あなたはヒルクライムをどう思いますか?

  • 登るのが楽しい
  • 新しい場所へ行けるチャンス
  • タイムアタック
  • トレーニング

ほとんどの方が「痩せる」目的でヒルクライムをしようと思わないかと。

 

僕はヒルクライム=痩せるためという構図を作ってしまった事で、痩せるトレーニングがてらヒルクライム=短時間のサイクリングになってしまった事がダメでした。

 

短時間のサイクリングだと消費カロリーは期待できません。

実際にヒルクライムするだけだと毎回1時間ちょっとで帰宅する毎日が多かったです。これで消費カロリーは600kcalほど。

 

ロングライドをしている方が楽しみながら痩せられるわけです。

「ロングライドにヒルクライムを入れればいいんじゃ?」と思いますが、僕の場合基本100kmのロングライドで休憩はしますが補給せず走りきれます。

つまり消費した分そのままお家に持って帰れます。

 

それがヒルクライムも入れると、自ずとスタミナ切れを感じるようになりますね。

そこで休憩のときにコーラやカロリーメイトといった補給を行わざるを得ません。

 

で、そのコーラやカロリーメイト分のカロリーがプラスされるのがちょっともったいないなぁって気持ちになりますね。

日によっては補給だけで300~400kcalは摂取するわけですから、ヒルクライム一回分が消える感じです。

 

意識が変わってしまった事

痩せるために始めたロードバイク、ヒルクライムやロングライドをすることで今まで行けなかった場所や景色を楽しみながらダイエットはできます。

 

しかし、ヒルクライムを始めた事がきっかけに痩せる目的ではなく、

  • もっと早く登れないか?
  • スタミナ切れを感じない体力作りができないか?

等を意識しはじめました。

 

これまでは痩せる目的だったのでそこまで何かすることはありません。

それが一回のロングライド、ヒルクライムに勝つために、プロテインを摂ったり、もりもりご飯を食べて体を強くする、まさに野球部員の様な意識になってしまったわけです。

 

結果ご飯の量が増えれば当然太る方向になりますし、プロテインも決してカロリーが少ないわけではありません。

ロングライド前に食べて「このくらいのカロリーだからロングライドで消費できる」という考えでロードバイクに乗ってましたね。

 

痩せる目的が消えて体を鍛えるためのヒルクライム、ロングライドに意識を変えたら痩せなくなりました。

 

飲酒

痩せなかった最大の理由が飲酒でしょう。

お酒が好きでお酒と運動不足によって太ったことから、ダイエット目的にロードバイクに乗りました。

 

でも、ロードバイクでヒルクライムした達成感やロングライドで汗を流した後、家に帰ってシャワーを浴びた後、夜の晩酌がたまらなく美味しく感じてしまうわけですよ。

 

その頃にはヒルクライム=タイム出し、トレーニングの意識になっていたので、新記録が出たときの晩酌はとても気持ちがいいものです。

 

また、酒の強さ弱さは筋肉量にも影響すると研究結果が出ていて、ロードバイクでヒルクライムをすると必然的に足の筋肉がついてきます。

それが牽引したかどうかは不明ですが、だんだんと深酒も多くなり、結果酒のカロリーとおつまみのカロリーが消費カロリーを上回り痩せなくなったという事です。

 



ロードバイクで痩せるには

ロードバイクに乗って痩せなかった僕ですが、痩せる方法は簡単ですよね。

痩せなかった理由の反対のことをするだけです。

 

  • ご飯を減らす
  • 飲酒を節制する、おつまみを無くす
  • 長時間のサイクリングを増やす

消費カロリーを増やし摂取カロリーを減らせば、まあ痩せるでしょう。

 

中古のスポーツバイクで入れる自転車車両保険あります
4.90

安いクロスバイクだけど、盗難されたら不安….
交通事故に遭って自転車が全損、でも買い換えるお金がない….

そんな心配を車両保険で解決しませんか?
パーツ、アクセサリー含め1万円以上から加入可能なZuttoRideの自転車盗難車両保険。
月払いも対応、車両保険で安心を!!