天野街道を自転車(クロスバイク)でサイクリングしてきた

2018年5月16日

昼過ぎに『どこかいくか…』と思ってたどり着いたのが天野街道でした。

大阪南部にある古い街道、天野街道。大阪南部は古い街道が沢山あって面白いですね。

今回は天野街道を走ってきました。自転車はEscape RX3です。

 


スポンサーリンク


 

天野街道の走行ルート

Runstaticのロードバイクアプリとなります。

当記事は行きのスタートを狭山池、天野街道を走り、天野山金剛寺をチェックポイントに、帰りに石川サイクルラインを利用してゴールを延べはの湯とします。

実際に走った距離は45.8km、平均速度14.9kmで約3時間4分のライドですが、狭山池スタートの延べ羽の湯ゴールとする為、大体38km程のライドとなります。

 

追記、ルートラボでルートを作りました。参考にどうぞ。

 

狭山池からスタート開始

まずは日本最古のため池、狭山池からスタートしていきます。

泉北とか泉ヶ丘等の南側をサイクリングする際は、狭山池を起点として始めるとスムーズに段取りが組めていいですね。

そのまま亀の甲交差点まで走りましょう。亀の甲交差点に着いたら泉北方向に走っていきます。

ここからスパヒルズまでを走っていくわけだが、この上り坂はポタリングメインの人にはしんどい区間となります。太子町の山で鍛えておいて良かった。

スパヒルズ前に到着、ここから左折してうなぎの神吉というお店左の細道(西高野街道)を走っていく事になります。

細道ながら車が通る事もあり、結構なスピードで突っ込んでくるので注意したいですね。

しばらく走ると西高野街道を走っている事がわかる石棒が見えてきます。

なかったら恐らく違う道なので、うなぎの神吉に一度戻りましょう。

西高野街道の石棒が見えた後、しばらく進むと分岐点にたどり着きます。

左は高野街道、右が天野街道になるので右に進みましょう

住宅街を抜けると天野街道をの案内図が姿を現します。

ここから未舗装道路となるのでロードバイクとかスリックタイヤの方はご注意ください。

しばらく走り、木々が太陽を隠していて非常に涼しいです。

柵も木製で風情を感じます。

あまの街道の標石です。天野街道は200mおきにアルファベットで表記されていて、休憩スペースが用意されています。

僕が走っている時は自転車乗りの姿がなく、ハイキングを楽しんでいる方が多く見受けられました。

大きな休憩スペースもあり、ゆったりと天野街道を楽しむ事が出来ます。

ここ天野街道では、ここで見られる野鳥たちを紹介していて、バードウォッチングが好きな人でも自転車で足を運んで楽しむ事が出来ます。

自然と木々、初夏には涼しく感じます。

石で削られた案内図もあったりと、歴史も堪能できます。

天野街道案内がある休憩スペース、ここが唯一トイレが完備されていて一番大きい休憩スペースとなります。

ここからトイレのスペースと休憩スペースが極端に減るので、しっかりと休憩して出発しましょう。

しばらく走ると住宅街に出ます。

一瞬戸惑いますが、そのまま真っ直ぐ道なりに進むと次の天野街道に入る事が出来ます。

ここからの天野街道の景色は山から見る景色なので非常に綺麗です。興味が出来たら足を運んでみてください。

しばらく走るとまた住宅街に出ます。ここから車も通れる道となるが非常に狭い。

あまの街道全体で言えますがスピードは出さない方が良さげ。

道なりに進むと広岡造園というお店が姿を現し、車道も姿を現します。

ここは車道を走らずに奥に見える林の道を進んでいきましょう。

道なりに進むと穴地蔵がお目見えします。

子宝に恵まれるとされているようで、天野街道を走るならチェックポイント兼お参りをしておきましょう。

そのまま奥に進んでいくのだが….

この日はなんと通行止めになっていました。

パンフレットを参照してもわからないのでそのまま直進、通行止めの部分は次の森のポイントだったので左に進み、一般府道 大野天野線から走る事になりました。

一般府道 大野天野線。平成15年に改修された道路のようです。車通りはほぼなく、最初に見える竹藪がなんとも神秘的。

あまの街道も良いですが、大野天野線も中々のもの。

そうこう言っている内に最初のチェックポイントの大本山 天野山金剛寺に到着。

駐車料金は一般車500円、拝観料は200円(本堂は400円)です。

ロードバイク用の駐輪スタンドもあります。自転車の駐輪料金を受付に聞いたが土日だったのと、外にいる受付に人だったからかうやむやにされて????ってなったので、天野山金剛寺内の拝観はしませんでした。

ここから延羽の湯で温泉に入る為、石川サイクルラインで帰る事にします。

長野公園入口がある170号線旧線から一度くろまろの里に向かいます。

奥河内、くろまろの郷で休憩をとりました。

10数年前と比べ、くろまろの郷はかなり進化したと思います。(昔は花の文化園の砂利駐車場だった)

今ではくろまろの郷はイベントや手作り体験に移動店の出店もしていて、土日になると賑わいを感じられます。

くろまろの郷にあるむささびパン工房で焼きそばパンを購入。

焼きそばパンって見た目凄いおいしそうなのに、なぜか期待値超えてこないよね…。食べる前は『うまそ~』

でも食べたら『うん。普通』みたいな。焼きそばパン全般に言えるのが、焼きそば自体が薄いというか…..日清焼きそばUFOの焼きそばで焼きそばパンを作れば濃い焼きそばパンができると思った。

休憩をして再び出発。

帰りのルートは烏帽子形城跡の道を使い、高野街道から河内長野へ。

住宅街を抜けて石川サイクルラインを走行しました。

そしてゴール地点の延べ羽の湯前の石川サイクルライン出入り口です。お疲れ様でした。

ゆっくり延羽の湯で温泉に浸かって帰宅。

 

最後に

 

高野街道、トトロ街道等々、林ありきの道を走ってきましたがあまの街道はまた違った面白さがあると思いました。

どちらかというと鳥のさえずりを楽しみながら歴史をたどり、自然豊かな大阪っぽさのない道を走っていく、そんな感じがあまの街道にはありますね。

アップダウンもちょうどいいので、リピートしてもいいくらいのサイクリングコースだと思います。

最初の未舗装路でクロスバイクが汚れてしまうのが残念な所ですが、ありえないスピードで走っているローディーとかTTバイクとかいないので、サイクルラインでうんざりしていた僕からしたらおすすめしたいサイクリングスポットと言えます。

一度あまの街道に訪れてみてはいかがでしょうか?



スポンサーリンク