クロスバイクはコンポがALTUS,ACERA,ALIVIO搭載がコスパが良い理由

『クロスバイクを購入したい』と考えている人なら、一度は悩んだ事がある『コンポーネント』。

コンポーネントは乗り味も耐久性も変速も大きく変わる要素であり、いいものをより安くクロスバイクを購入したい物です。

 

しかし、クロスバイク(エントリーグレード~ミドルグレード)に搭載されているコンポーネントのほとんどが、ALTUS(アルタス),ACERA(アセラ),ALIVIO(アリビオ)です。

 

それが良いんです!!アルタス?アセラ?アリビオ?最高なんですよ。

今回はなぜこの三つのコンポーネントが良いのか見ていきましょう。

 

 


アルタス、アセラ、アリビオの良さとは?

そもそもアルタス、アセラ、アリビオというコンポーネントはシマノが販売している”トレッキング用”のコンポーネントです。

 

部類で言えば、MTB用コンポーネントに属し、順番で言えば

  1. ターニー
  2. アルタス
  3. アセラ
  4. アリビオ
  5. ディオーレ
  6. ディオーレSLX
  7. ディオーレXT

といった感じに下位グレードのコンポーネントとなります。

 

マウンテンバイクの様に、山岳で走ったり凸凹の道を走ったりする事を想定していません。

あくまでトレッキング(街乗り)を想定したコンポーネントがアルタス、アセラ、アリビオです。

 

そんな下位グレード、アルタスアセラアリビオの良さとは?

 

トラブルの少なさ

下位グレードと言えど、特別トラブルが起きることもなく、ギアチェンジのスムーズ感、雨でも強い耐久性、基本雑に使っても問題なく動いてくれるコンポーネントです。

 

トレッキング用コンポーネント=言ってしまえば雑に扱っても割と大丈夫な様に設計されている為、トラブルが少ないというより寿命がきて交換時期になるまでノントラブルで使用する事が出来ます。

 

下位グレードながらコスパが高いと言えます。

 

エントリーグレードのクロスバイクにちょうどいい

 

大体5~9万円のエントリー、ミドルグレードのクロスバイクに装備されています。

特にアルタスとアリビオがメインで、その耐久性と操作性、ギアチェンジも問題なく動いてくれます。

 

特別ディオーレやディオーレXTをクロスバイクに装備する必要もなく、エントリーグレードのクロスバイクを販売出来るきっかけとしてアルタス、アセラ、アリビオが貢献しています。

 

ちなみに目安として

  • アルタス=4~7万円のクロスバイクに多く装備される
  • アセラ=5~8万円のクロスバイクに多く装備される
  • アリビオ=6~9万円のクロスバイクに多く装備される

 

  • アルタスはベーシックモデル、問題なく動き耐久性が高い
  • アセラはアルタスに軽量化が図られたモデル(リアディレイラーはディオーレXTに次ぐ軽量だとか)
  • アリビオはアセラの軽量化と剛性を高めたモデル(クランクがホローテック2を装備する2ピース鍛造クランクに進化)

となります。

 

コンポ共通で部品に困りにくい

 

アルタス、アセラ、アリビオは全て7速、8速、9速モデル(アルタスは最近9速モデルが登場)が販売されています。

転倒や故障からパーツが必要になっても、変速数に合わせて三つのコンポーネントから、好きなコンポーネントを購入して取り付ける事が出来ます。

 

3つのモデルを共通で使用する事ができる為、部品の供給に困りにくいですし、低価格で交換する事も可能です。

 

最近のクロスバイクでも

  • フロントディレイラーアルタス、リアディレイラーアリビオ
  • シフトレバーアリビオ、リアディレイラーアルタス

といったアルタス、アセラ、アリビオミックスでクロスバイクを販売されている事が多くなりました。

 

汎用性が高く部品供給も困りにくい、下位グレードながら非常に優秀な位置づけになっていると思います。

 

アップグレードがしやすい

 

アセラアリビオアルタスの共通と言いましたが、仮に9速なら9速ディオーレがまだまだ販売されていますし、売れ残りのディオーレLX、700系のディオーレXT(9速)にアップグレードする事も出来ます。

 

中級グレードのディオーレからXTまで、過去9速で販売されていたモデルの製品が未だに販売されているで9速で満足しているけど、カスタマイズしたい人に楽しくアップグレード出来るようになっています。

 

細かいパーツ、例えばチェーンでさえ9速なら”アルテグラチェーン”が現役で販売されているので、軽量化&上級グレードのチェーンに交換可能です。

 

よくクロスバイクをディオーレ化を目指す理由として

  • 10速化するから
  • 9速のまま中級グレードのディオーレに交換したいから

が挙げられると考えられます。

 

通常なら上のグレード=変速数が違うので、フルセット購入が挙げられるが、ポン付けと調整のみで簡単に各パーツをアップグレードできるレパートリーの高さが、アルタスアセラアリビオ9速の良さと言えます。

関連記事

クロスバイクにハマりだすとカスタマイズが楽しくて沼にハマってしまう人が多いと思われます。そのカスタマイズの楽しさの中に、代表としてコンポーネントを全て『DEORE化』を目指す人が多いです。 僕も現在DEOR[…]

街乗りならオーバースペックレベル

 

アルタスアセラアリビオは、トレッキング用コンポーネントとして位置付けられているが、街乗りだけで考えるならほぼほぼオーバースペックになると思います。

 

制動力の強いVブレーキはアルタスグレードでも後輪がロックするぐらいですし、変速はアルタスでスムーズに入るしスピードに関してもアルタスグレードでも平均18~20km、頑張れば50kmは出ます。

 

それぐらいオーバースペック気味になりますし、何なら50km以上のロングライドでも多少しんどいですが何なく行えますよ。(大体3時間で60kmぐらい走行できる)

 


最低ラインでクロスバイクを買うならおすすめ

正直、ちゃんとしたクロスバイクを購入するなら、このグレードで固められたクロスバイクを購入する方が、耐久性や変速機能も無難で圧倒的に良いです。

 

今後クロスバイクにハマってカスタマイズするかもしれない人には、アルタスアセラアリビオ9速のクロスバイクがカスタマイズしやすいです。

シマノのコンポーネントはトラブルが少なく、無難に動いてくれるので楽しくクロスバイクライフを過ごせるでしょう。

 

自転車保険、今ので大丈夫??
4.66

クロスバイクでサイクリング!!だけど替えのチューブを持っていないからパンクするのが不安….

そんな悩みは自転車保険で解決しませんか?
CycleCallでは、月々わずか283円で賠償責任保険1億はもちろんこと、年4回の50kmまでのロードサービスに対応しています。
用意不足になりがちなクロスバイク乗りの強い味方、CycleCall